北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「ゾウ履」卓球で白熱 忠類世界大会【幕別】

 「第4回全世界ナウマンぞうり卓球大会in忠類」が23日、十勝ナウマン温泉ホテルアルコで開かれた。町忠類で発掘されたナウマンゾウの化石にちなみ、参加者はゾウの縫いぐるみが付いた草履ラケットを使ったユニークな競技を楽しんだ。

ユニークな仮装でゲームを楽しむ参加者もいた

 忠類地域魅力発信事業実行委員会(加藤茂樹委員長)の主催。町内外から、子どもから大人までの85人が出場し、トーナメント形式で優勝を競った。

 参加者は普段より狭いコートと特製ラケットの扱いに四苦八苦、ワンプレーごとに一喜一憂していた。着ぐるみなどで仮装した参加者もおり、見物客の爆笑を誘っていた。国際協力機構(JICA)の帯広センターに滞在する外国人研修員も参戦した。

 友人らと仮装して初参加した士幌町の会社員田中幸毅さん(50)は、「競技は難しかったが、草履での卓球は斬新で面白かった」と笑顔を見せていた。

 地元幕別町の上島洋人さん(28)が優勝。特別賞は、スピードスケート五輪代表の高木菜那、美帆姉妹の仮装をして夫婦で参加した帯広市内の自営業上田茂輝さん(56)と、JICAが選ばれた。

関連記事

十勝毎日新聞

チームラボ 開幕1週間で5千人に【帯広】

 道立帯広美術館で開催中の体験型デジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」(十勝毎日新聞創刊100年記念事業、実行委主催)の来場者が13日午前11時ごろ、500...

室蘭民報

150年史を朗読劇で…劇団パラムが14日に定期公演【伊逹】

 伊達市の市民劇団「劇団パラム」の第24回定期公演が14日、市内松ヶ枝町のだて歴史の杜カルチャーセンターで開かれる。伊達150年の節目となる今回は、明治期に北海道に渡ってきた亘理伊達家の移住経緯...

室蘭民報

らいらっくが20日まで作品展、来場者の心癒やす【室蘭】

 室蘭のパステル画サークル「らいらっく」のパステル画展が20日まで、中島町の市生涯学習センター・きらんで開かれている。繊細で優しいタッチが特徴の作品群が、来場者の心を癒やしている。  メンバ...

室蘭民報

21日にみたらで港の写生会、小中学生対象に多くの参加募る【室蘭】

 室蘭市民美術館をささえる会(丸山貴陸会長)主催の第16回港の写生会が21日、室蘭市祝津町の道の駅みたら室蘭で開かれる。小中学生を対象に、多くの参加者を募集している。  写生会はむろらん港まつ...

室蘭民報

8月3日に市民会館で「守谷弘の音楽展20in室蘭」【室蘭】

 「守谷弘の音楽展20in室蘭」(同実行委主催)が8月3日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれる。コンサートでは室蘭の美しい景色を荘厳なハーモニーで表現した交響合唱曲「室蘭」(光城健悦作詞)が披露され...