北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

安江さん 俊傑作家賞 日仏アートラベル展【更別】

 フランスで16日に開かれた日本の芸術作品を使用したワインのアートラベル展「日仏アートハーモニーHIBIKI展」で、村内在住の書道家安江翠泉(本名カツ子)さんの作品「飛龍」が高い評価を受けた。被表彰者で唯一となる「日仏シャンパン・アートラベル俊傑作家賞」を受賞。作品は会場となったパリのベルシー美術館に収蔵され、安江さんは「夢のような栄誉をいただき光栄」と喜んでいる。

アートラベル展で受賞した賞状とメダルを手にする安江さん。「貴重な機会を頂いた」と話す

 この展示会は日仏友好160年を記念し、パリで開催中の日本の文化・芸術を紹介する祭典「ジャポニスム2018」の一環で開催。日本全国から油彩や水彩、日本画、写真など約30ジャンルから271作品が集まり、今回、特別に醸造されたシャンパン「平成ロマン」のラベルとなって展示された。

 安江さんの作品の「飛龍」は「龍」を崩して書き上げた現代書で、特殊なグリーンメタリックの墨を使用している。12年の辰(たつ)年に制作して以来、評論家の目に留まり、これまでモナコの芸術祭やスペインの展覧会「アートメゾンビエンナーレ」にも出品され高い評価を受けている。

 今回は国際美術評論家連盟会員の長谷川栄さんとベルシー美術館のジャンポールファヴァン館長の推挙を受けて出品が決まった。賞は現地で発表され、安江さんは夫と現地に赴いて賞状と金色のメダルを受け取った。受賞は独創的な筆使いや書の躍動感が評価され過去の海外での実績も加味されたという。

 安江さんは会場で書道のパフォーマンスも披露し、「一生懸命に表現を見せようと思った。周りを見渡す暇はなかったけど、気が付いたらたくさんの人に囲まれていた」と振り返る。

 これまで「面白そう」との思いで既成の枠にとらわれない作品を数多く生み出してきた。その技術には古典の臨書が基礎になっているといい、「今後も精進していきたい」と話した。

書道作品「飛龍」がラベルとなったシャンパン

関連記事

根室新聞

シーサイドマラソン 景色楽しみ快走 味覚も満喫【根室】

 第3回「最東端ねむろシーサイドマラソン~北方領土を望む~」(根室市、市教委、釧路地方陸上競技協会主催)は18日、青少年センター前をスタート・ゴールとするハーフなど5種目で行われ、道内外から参...

根室新聞

大学ジャズ研の合宿誘致 夏の練習を涼しいまちで【根室】

 根室市移住交流促進協議会の新たな取り組み「大学サークル等誘致事業」の第一弾が23日、東京電機大学モダンJAZZ研究会の受け入れで始動する。同研究会は別当賀夢原館で3泊4日の合宿を行い、25日...

根室新聞

初の「うみっこ祭り」にぎわう【根室】

 根室海洋少年団(矢川和幸団長)は、18日午前10時から根室海上保安部駐車場などを会場に「根室うみっこ祭り」を初開催した。会場ではカヌー体験や縁日コーナーなどが設けられ、訪れた家族連れなどが楽しむ...

日高報知新聞

「ベラルーシ」で国際交流【日高】

【日高】北海道代表として白(ハク)ロシアのベラルーシ共和国への友好派遣団に参加した富川高生の報告会が16日、同高体育館で開かれた。  東京電力福島第1原発事故後の翌2012年(平成24年)に始ま...

日高報知新聞

水森かおりさんが美声披露【えりも】

【えりも】えりもの夏恒例の「第46回えりもの灯台まつり」が14~16日、本町の灯台公園を主会場に開かれ、観光客やお盆の帰省客を含む2万1000人(実行委発表)が来場して、歌謡ショーや郷土芸能、バンド...