北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

新像除幕し礼拝【新ひだか】

【新ひだか】アイヌ民族の長・シャクシャイン(1669年没)をしのぶ第72回法要祭(実行委主催・大川勝委員長)が23日、静内真歌公園で行われ、新しいシャクシャイン像がお披露目された。

 シャクシャインは松前藩の圧迫や過酷な搾取に対して、アイヌ民族のために立ち上がり、道内各地から同族多数の参加を得て静内からクンヌイ(渡島管内長万部町)まで攻め寄せるが、幕府の援軍にはばまれ、シベチャリ(静内地方)のチャシ(とりで)まで後退。松前藩の和睦交渉に応じたが、その席で謀殺された。

 法要祭は、人間平等の理想と民族自衛のため和人と戦った英傑の霊を慰めるため、シベチャリのチャシがあった真歌の丘で毎年開催している。

 今年も道内各地のアイヌ協会幹部や道アイヌ協会の加藤忠理事長、鈴木貴子(自民党)、山岡達丸(国民民主党)両衆議、管内選出の藤沢澄雄、金岩武吉両道議、橋本元秀内閣官房アイヌ総合政策室長、大野克之新ひだか町長、坂下一幸様似町長、池田拓浦河町長、川上満平取町長、渡島管内の木幡正志長万部町長、岩村克詔八雲町長らが来賓として参列。一般参加者や米国フロリダ州の先住民セミノール族を含め国内外から約1200人が来場した。

 老朽化で撤去された旧像にかわる高さ約4㍍(台座を除く)の新シャクシャイン像は、これまでのアイヌの指導者としての勇ましい姿から、凛々しく平和への祈りをささげる姿に変更。主催者や来賓による除幕式の後、委員長の大川新ひだかアイヌ協会長は「今後はこのシャクシャイン像がアイヌ民族の象徴となる」とあいさつ。

 続いて、来賓あいさつが行われ、このうち大野町長は「新しい像はまさに共生の象徴。2020年に白老町で民族共生象徴空間ができるが、それを先取りしたような新ひだか町における建立はまことにうれしいこと。この像を中心に道内のみならず日本全国に共生の象徴として新ひだか町から発信していければ」と話した。

 新しいシャクシャイン像の前で礼拝が行われた後、公園広場で「ハルランナ」(もちまき)が行われ、実行委員や来賓が参加。昼食時にはマチェプ(サケの串焼き)などが提供された。

ハルランナで来場者にもちをまく実行委員と来賓たち

 また、法要祭後には日高管内各町や道東など道内11保存会が参加し、第41回芸能文化交流会(道アイヌ協会本部主催)も行われ、古来から伝わる踊りと歌の舞踊を披露した。

新しいシャクシャイン像前で伝統のカムイノミによる礼拝を行う大川会長

関連記事

日高報知新聞

中男73㌔以下は佐藤選手

 公益社団法人北海道柔道整復師会日胆ブロック主催の第33回日胆柔道スポーツ少年団交流大会兼第28回文部科学大臣杯争奪北整選抜少年柔道大会選考会(浦河柔道連盟主管)が14日、浦河町ファミリースポーツセンタ...

日高報知新聞

開幕日のレース楽しむ【浦河】

 17日に日高町の門別競馬場で開幕したホッカイドウ競馬を盛り上げる「応援ビアバーティーin・Aiba浦河」が同日夜、浦河町の浦河ウエリントンホテルで開かれた。この日は全道的に6月から夏並みに気温...

苫小牧民報

安平に復興シンボル、道の駅オープン 地元の食求めにぎわう

 安平町追分地区で19日、道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」がオープンした。"鉄道のまち"をアピールする鉄道資料館を併設し、地元の新鮮な農産物や特産品を並べた施設は、開業と同時に町内外...

苫小牧民報

ワーカム北海道、独身寮再建へ 来年6月完成-むかわ

 いすゞ自動車は、胆振東部地震で被災したグループ会社「ワーカム北海道」(本社・むかわ町)の独身寮(むかわ町文京)を再建する。災害に備えて耐震性を高めて、非常用電源なども備えていく。災害時は住民に...

室蘭民報

市ふれあい市民農園オープン、農作業に心地よい汗【室蘭】

 室蘭市崎守町の市ふれあい市民農園が17日開園した。利用者は晴天の下、農作業に入り、心地よい汗を流していた。11月17日まで開園しており、2019年度は121人が申し込んだ。内訳は50平方メート...