北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

仮設住宅130戸が着工 胆振東部3町、被災者の生活再建へ

仮設住宅の建設地で整地作業を進める工事関係者=25日午後、厚真町

 胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真、安平、むかわの3町で道は25日、被災者用の仮設住宅計130戸の建設を始めた。地震後に仮設住宅が建てられるのは初めてで、10月末ごろに完成、入居が始まる見通しだ。道は各町の被災者ニーズを踏まえ、年内の追加建設を検討しており、早期の生活再建につなげる考えだ。

 仮設住宅は第1期分として厚真町に85戸、安平町に20戸、むかわ町に25戸の計130戸建てる。間取りは単身用の1DK(33戸)、2人用の2DK(56戸)、3人以上用の3K(41戸)の3種類。住宅の広さは1DK約20平方メートル、2DK約30平方メートル、3K約40平方メートルとなっている。

 構造は寒冷地仕様の平屋建てプレハブハウス(軽量鉄骨造り)で、玄関前に風除室を設けるほか、床下や壁などに断熱材を施し、灯油ストーブを備える。ユニットバスと水洗トイレも完備し、ペットとの入居も可能だ。

 建設場所は、厚真町では、サッカー場(表町45)、厚真高校横(本郷236)、本郷小公園横(本郷276)、上厚真近隣公園(上厚真)の4カ所。安平町では早来北進(早来北進80)と追分白樺(追分白樺1)の2カ所。むかわ町は大原2丁目(大原2)の1カ所。

 入居できるのは、半壊以上の住宅被害に遭った人たち。最長で2年間、家賃無償で入居できる。各町は条件を踏まえ、罹災(りさい)証明を申請し仮設住宅を希望する人の中から、入居者を選定する作業を進める。

 道が26日午前10時現在でまとめた3町の住宅被害状況によると、全壊と半壊は厚真町76棟、安平町259棟、むかわ町43棟に上る。道は被災者の意向を踏まえて第2期分の仮設住宅建設を検討し、「1日でも早く入居し、安心してもらえるように工事を進めていきたい」としている。

関連記事

根室新聞

EPJO 10日に冬ライブ開催 ゲストに川口千里さんら【根室】

 イースト・ポイント・ジャズ・オーケストラ(EPJO、丸山一之代表)による冬ライブ「流氷Part4 with 川口千里」が、3月10日午後3時から道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれる。今年も女子大生ド...

根室新聞

市児童・生徒造形作品展 25日まで【根室】

 根室市教育研究会図工・美術サークル(宮田玲二部長)による、第40回根室市児童・生徒造形作品展が23日から、市総合文化会館多目的ホールで始まった。市内各校の児童生徒らから合計532作品が集まり、市民の...

根室新聞

光陽堂友の会が写真展 会員35人の作品一堂に【根室】

 光陽堂友の会(藤井昭作代表)主催の写真展が23日から、市総合文化会館エントランスホールで始まった。市内の写真愛好者35人からネイチャーフォトなど56点が出品されている。3月1日まで。  同会は、市...

苫小牧民報

災害ボランティア活躍 精力的に住民支援-厚真

 胆振地方中東部を震源とした21日の地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の災害ボランティアセンター(松田敏彦センター長)が住民の支援活動に乗りだしている。23日は朝から、ボランティアや職員らが2...

苫小牧民報

厚真の断水 復旧のめど立たず

 21日夜発生した胆振地方中東部を震源とした地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の豊沢地区では、水道管からの水漏れによるとみられる断水が続いている。徐々に回復しているものの、今もなお60戸以上で...