北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

仮設住宅130戸が着工 胆振東部3町、被災者の生活再建へ

仮設住宅の建設地で整地作業を進める工事関係者=25日午後、厚真町

 胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真、安平、むかわの3町で道は25日、被災者用の仮設住宅計130戸の建設を始めた。地震後に仮設住宅が建てられるのは初めてで、10月末ごろに完成、入居が始まる見通しだ。道は各町の被災者ニーズを踏まえ、年内の追加建設を検討しており、早期の生活再建につなげる考えだ。

 仮設住宅は第1期分として厚真町に85戸、安平町に20戸、むかわ町に25戸の計130戸建てる。間取りは単身用の1DK(33戸)、2人用の2DK(56戸)、3人以上用の3K(41戸)の3種類。住宅の広さは1DK約20平方メートル、2DK約30平方メートル、3K約40平方メートルとなっている。

 構造は寒冷地仕様の平屋建てプレハブハウス(軽量鉄骨造り)で、玄関前に風除室を設けるほか、床下や壁などに断熱材を施し、灯油ストーブを備える。ユニットバスと水洗トイレも完備し、ペットとの入居も可能だ。

 建設場所は、厚真町では、サッカー場(表町45)、厚真高校横(本郷236)、本郷小公園横(本郷276)、上厚真近隣公園(上厚真)の4カ所。安平町では早来北進(早来北進80)と追分白樺(追分白樺1)の2カ所。むかわ町は大原2丁目(大原2)の1カ所。

 入居できるのは、半壊以上の住宅被害に遭った人たち。最長で2年間、家賃無償で入居できる。各町は条件を踏まえ、罹災(りさい)証明を申請し仮設住宅を希望する人の中から、入居者を選定する作業を進める。

 道が26日午前10時現在でまとめた3町の住宅被害状況によると、全壊と半壊は厚真町76棟、安平町259棟、むかわ町43棟に上る。道は被災者の意向を踏まえて第2期分の仮設住宅建設を検討し、「1日でも早く入居し、安心してもらえるように工事を進めていきたい」としている。

関連記事

日高報知新聞

中男73㌔以下は佐藤選手

 公益社団法人北海道柔道整復師会日胆ブロック主催の第33回日胆柔道スポーツ少年団交流大会兼第28回文部科学大臣杯争奪北整選抜少年柔道大会選考会(浦河柔道連盟主管)が14日、浦河町ファミリースポーツセンタ...

日高報知新聞

開幕日のレース楽しむ【浦河】

 17日に日高町の門別競馬場で開幕したホッカイドウ競馬を盛り上げる「応援ビアバーティーin・Aiba浦河」が同日夜、浦河町の浦河ウエリントンホテルで開かれた。この日は全道的に6月から夏並みに気温...

苫小牧民報

安平に復興シンボル、道の駅オープン 地元の食求めにぎわう

 安平町追分地区で19日、道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」がオープンした。"鉄道のまち"をアピールする鉄道資料館を併設し、地元の新鮮な農産物や特産品を並べた施設は、開業と同時に町内外...

苫小牧民報

ワーカム北海道、独身寮再建へ 来年6月完成-むかわ

 いすゞ自動車は、胆振東部地震で被災したグループ会社「ワーカム北海道」(本社・むかわ町)の独身寮(むかわ町文京)を再建する。災害に備えて耐震性を高めて、非常用電源なども備えていく。災害時は住民に...

室蘭民報

市ふれあい市民農園オープン、農作業に心地よい汗【室蘭】

 室蘭市崎守町の市ふれあい市民農園が17日開園した。利用者は晴天の下、農作業に入り、心地よい汗を流していた。11月17日まで開園しており、2019年度は121人が申し込んだ。内訳は50平方メート...