北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

食や物販でにぎわい創出へ 10月6、7日「おいしいフェスタ」【函館】

 函館市は26日、胆振東部地震の影響で「はこだてグルメサーカス2018」など市内でイベント中止が相次いだことを受け、10月6、7両日にはこだてグリーンプラザなどで開く代替イベントの内容を固めた。「はこだておいしいフェスタ」と銘打ち、「物販・PR」と「飲食」の2ゾーンに計33店舗が出店、食を通じたにぎわい創出を目指す。

 グリーンプラザで開かれる「函館いか祭り」(実行委主催)と同時開催し、2日間とも午前10時~午後3時。

 フェスタは、グリーンプラザに物販・PRゾーン(7店舗)を展開。メインは、胆振東部地震被災地の胆振・日高地域の物産販売(冷蔵品が中心)と両管内18市町の観光PR。併せて、被災地支援のため募金箱を設置する。このほか、函館農水産物ブランド推進協議会、函館商業高校、棒二森屋、丸山園茶舗、はこだて焼きピロシキ、コッペン道士(木古内町)も出店する。

 飲食ゾーンは太陽パーキングが会場で、函館・道南の26店舗が集まる。かまぼこや牛カツ、ピザ、ジンギスカン、クレープなど多彩なグルメがそろう。また、同パーキング内に設けるステージでは、吹奏楽やYOSAKOIソーラン、チアリーディング、ジャズバンド演奏のほか、お笑い芸人のスギちゃんが7日午前11時半、午後1時の2回、ステージショーを繰り広げる。

 市商業振興課は「胆振・日高は物流もだいぶ回復し、函館物産協会を通じ物産をうまく仕入れたい」とした上で「イベントの中止で、市民の間には閉塞感が漂っている。規模は小さいが、イベントを開催することで元気を取り戻したい」としている。

 観光客に対しても、ホテルにチラシを置くなどしてPRする考えだ。

関連記事

日高報知新聞

中男73㌔以下は佐藤選手

 公益社団法人北海道柔道整復師会日胆ブロック主催の第33回日胆柔道スポーツ少年団交流大会兼第28回文部科学大臣杯争奪北整選抜少年柔道大会選考会(浦河柔道連盟主管)が14日、浦河町ファミリースポーツセンタ...

日高報知新聞

開幕日のレース楽しむ【浦河】

 17日に日高町の門別競馬場で開幕したホッカイドウ競馬を盛り上げる「応援ビアバーティーin・Aiba浦河」が同日夜、浦河町の浦河ウエリントンホテルで開かれた。この日は全道的に6月から夏並みに気温...

苫小牧民報

安平に復興シンボル、道の駅オープン 地元の食求めにぎわう

 安平町追分地区で19日、道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」がオープンした。"鉄道のまち"をアピールする鉄道資料館を併設し、地元の新鮮な農産物や特産品を並べた施設は、開業と同時に町内外...

苫小牧民報

ワーカム北海道、独身寮再建へ 来年6月完成-むかわ

 いすゞ自動車は、胆振東部地震で被災したグループ会社「ワーカム北海道」(本社・むかわ町)の独身寮(むかわ町文京)を再建する。災害に備えて耐震性を高めて、非常用電源なども備えていく。災害時は住民に...

室蘭民報

市ふれあい市民農園オープン、農作業に心地よい汗【室蘭】

 室蘭市崎守町の市ふれあい市民農園が17日開園した。利用者は晴天の下、農作業に入り、心地よい汗を流していた。11月17日まで開園しており、2019年度は121人が申し込んだ。内訳は50平方メート...