北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

宮蘭フェリー船内で11月にもアプリ開発イベント【室蘭】

宮蘭フェリーの船旅を楽しくするスマホアプリの開発イベントが開かれる=写真は合成

 室蘭観光推進連絡会議(会長・石田仁室蘭観光協会専務理事)は、宮蘭フェリー航路の振興へ、新たな旅客対策に乗り出す。フェリー旅行の課題の一つとなる長い航海時間を「楽しくするツール」をテーマにした、スマホアプリ開発イベント「ハッカソン」を11月にも開催する。完成した作品はすべて無料で公開し、旅客取り込みにつなげる狙いだ。

 連絡会議は室蘭観光協会、室蘭市、室蘭商工会議所で構成する。今回の事業は北海道観光振興機構などの支援を受け、予算約80万円を計上した。

 「ハッカソン」は、コンピューターを使う「ハック」と「マラソン」を掛け合わせた造語。プログラマーなどの専門家が、一定時間内に集中してソフト開発に取り組み、出来栄えを競うイベント。

 室蘭市でも地域振興を目的に過去2回市内で開催しており、作品が「専門家から高い評価を受けている」(市観光課)。フェリー船内でのハッカソンは昨年の大阪―別府航路に続き全国2例目という。

 作品テーマは、室蘭と宮古の両市・周辺観光を視野に入れながらも「船旅を楽しくするツール」としてより幅を持たせる。特に旅客需要獲得の課題となっている、宮古発の日中航海のハンディ克服を意識している。

 通常、プログラムの専門家により実施するが、今回は新たな試みとして、一般市民にも参加を呼び掛け、それぞれの得意技術(イラストなど)との連動を目指す。参加者同士でチームを作り実施、オープンデータ(自治体が保有する公開データ)の使用が条件。

 参加チームは室蘭発午後8時の便に乗船しアイデアを協議。宮古到着後は現地取材や写真撮影に当たる。翌朝は午前8時発の便に乗り、船内でアプリを製作する。室蘭港到着後、フェリーターミナルで発表会を行う。

 日程などの詳細は今後詰め、近く募集を開始する。市観光課の丸田之人課長は「川崎近海汽船とも連携しながら、アプリの普及に努め、旅客確保に結び付けていきたい」と話している。

関連記事

室蘭民報

音楽劇「カイ」が26日公演の本番前に全員で稽古【登別】

 室蘭VOX主催の北加伊道物語音楽劇「カイ」が26日午後4時半から、登別市富士町の市民会館大ホールで開かれる。出演する北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の阿部浩貴さんと竹森巧さん、室蘭、登...

十勝毎日新聞

フードバレーとかちマラソン 周回コース正式決定【帯広】

 「2019フードバレーとかちマラソン」の第2回大会実行委員会が22日、帯広市役所で開かれ、ハーフ(21.0975キロ)のコースを従来の往復から、市内を周回するコースに変更することを正式決定...

室蘭民報

宮蘭フェリー就航1年まで1カ月…来月、両市でイベント【室蘭】

 室蘭市と岩手県宮古市を結ぶフェリー航路の就航1周年(6月22日)まであと1カ月に迫る中、室蘭、宮古の両市で来月開催予定の記念イベントの概要が固まった。室蘭港などで開催する宮古市物産展は準備が進...

室蘭民報

亀田谷さんと菅原さんが花や風景の写真展【室蘭】

 室蘭市在住の亀田谷茂さんと菅原佳奈枝さんによる写真展が21日から、中島町の市民活動センターで始まった。室蘭をはじめとする西胆振で撮影した写真がずらりと並び、来館者は「きれいだね」と写真に見入っ...

名寄新聞

星空眺めて疲れ癒やして・26日に「春眠プラ寝たリウム」【名寄】

 「春眠プラ寝たリウム」が、26日になよろ市立天文台「きたすばる」で行われる。  毎年11月23日の「勤労感謝の日」に合わせて実施している寝るためのプラネタリウム「プラ寝たリウム」の派生イベントと...