北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

千寿会が一人暮らしに向けサテライト型住居導入【登別】

一人暮らしに近い形態のサービスを提供するサテライト型住居

 特定医療法人社団千寿会(千葉泰二理事長)は、運営する障がい者グループホームの利用者を対象に、一人暮らしに近い形態のサービスを提供するサテライト型住居を導入した。一人暮らしへのニーズに加え、多様な住まいの場を増やしていく観点から、民間アパートの1室を活用して地域生活への移行を後押しする。

 改正障害者総合支援法を受けての設置。グループホームを本体住居、アパートの部屋をサテライト型住居と位置付ける。将来的な独立、本格的な一人暮らしを視野に入れた取り組みだ。

 具体的には、サテライト型住居で就寝、起床。職員の送迎で本体住居に向かい朝食を取り、ミーティングなどに参加する。デイケアや就労施設に向かうなどして過ごし、サテライト型住居に戻ってくる流れだ。ナイトケアへの参加も可能。

 今回用意した部屋は、グループホームから近い民間アパート2棟で計2室。広さは若干異なるが、ともに洋室ワンルーム。冷蔵庫や洗濯機、IH調理器、食器、テレビ、ベッドなど日常生活を過ごすのに支障のない道具を備えている。

 初めての一人暮らしでも困らないよう、定期的に職員が巡回して設備関係を確認するほか、日常生活の心配ごとを聞き取る。緊急の連絡先やアパートの住所などを記して室内に掲示しているほか、グループホームも24時間対応できるよう連絡体制を整えている。

 担当者は「将来的な一人暮らしに向けてステップアップの段階。今回は障がい者グループホームのアザリア利用者がアパートを活用するが、今後の状況を見ながらあじさい利用者へも広げていきたい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス