北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

千寿会が一人暮らしに向けサテライト型住居導入【登別】

一人暮らしに近い形態のサービスを提供するサテライト型住居

 特定医療法人社団千寿会(千葉泰二理事長)は、運営する障がい者グループホームの利用者を対象に、一人暮らしに近い形態のサービスを提供するサテライト型住居を導入した。一人暮らしへのニーズに加え、多様な住まいの場を増やしていく観点から、民間アパートの1室を活用して地域生活への移行を後押しする。

 改正障害者総合支援法を受けての設置。グループホームを本体住居、アパートの部屋をサテライト型住居と位置付ける。将来的な独立、本格的な一人暮らしを視野に入れた取り組みだ。

 具体的には、サテライト型住居で就寝、起床。職員の送迎で本体住居に向かい朝食を取り、ミーティングなどに参加する。デイケアや就労施設に向かうなどして過ごし、サテライト型住居に戻ってくる流れだ。ナイトケアへの参加も可能。

 今回用意した部屋は、グループホームから近い民間アパート2棟で計2室。広さは若干異なるが、ともに洋室ワンルーム。冷蔵庫や洗濯機、IH調理器、食器、テレビ、ベッドなど日常生活を過ごすのに支障のない道具を備えている。

 初めての一人暮らしでも困らないよう、定期的に職員が巡回して設備関係を確認するほか、日常生活の心配ごとを聞き取る。緊急の連絡先やアパートの住所などを記して室内に掲示しているほか、グループホームも24時間対応できるよう連絡体制を整えている。

 担当者は「将来的な一人暮らしに向けてステップアップの段階。今回は障がい者グループホームのアザリア利用者がアパートを活用するが、今後の状況を見ながらあじさい利用者へも広げていきたい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

豚コレラ侵入許さぬ 防疫再徹底【十勝】

関係機関 啓発や緊急検査  本州で感染が拡大する豚コレラに、十勝の養豚関係者は警戒を強めている。近年、発生した5府県から豚を導入していないが、外国から汚染豚肉製品が持ち込まれる例が複数あり、油断で...

十勝毎日新聞

ぬかびら源泉郷「リフレッシュ部門」全国1位 温泉総選挙【上士幌】

 全国の温泉地をインターネットで順位付けする「温泉総選挙2018」のリフレッシュ部門で、ぬかびら源泉郷(上士幌)が1位に輝いた。札幌で昨年行われた全国源泉かけ流し温泉サミットで、同源泉郷旅館組合...

十勝毎日新聞

AIカメラで試合配信実験 全日本女子IH【帯広】

 帯広の森アイスアリーナで21日から24日まで開かれている第38回全日本女子アイスホッケー選手権大会A(日本アイスホッケー連盟主催)で、人工知能(AI)を使った無人の自動追跡カメラが会場に設置さ...

室蘭民報

「広報のぼりべつ」の表紙写真が道コンクールで入選【登別】

 登別市の広報誌「広報のぼりべつ」2018年11月号の表紙を飾った写真が、第65回北海道広報コンクールの一枚写真・市町村の部に入選した。雨の中、元気いっぱい走る子どもたちがたすきをつなぐ瞬間を...

室蘭民報

旧カルルス鉱山坑道跡に厳寒の造形「巨大氷筍」【登別】

 氷のタケノコ、と書いて氷筍(ひょうじゅん)。厳寒の一時期だけ姿を見せる芸術品は、天井から落ちた水が瞬時に凍り付き、繰り返すことで上部ににょきにょきと成長していく。硬い岩盤を突き破ったかの...