北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

胆振東部3町長が会合 復興へ連携強化確認

会合後、3町連携の方針を説明する(左から)宮坂町長、竹中町長、及川町長

 胆振東部地震で被災した厚真、安平、むかわの3町長が28日、厚真町役場で会合を開き、復興や町民の生活再建などついて協議した。この中で3町が連携を強化して復興を推し進めることを確認。また、各町に復興に関する部署を設ける方針を示し、今後も定期的に会合を開くことも決めた。

 約1時間の会合後、厚真町の宮坂尚市朗町長は「今後は復旧から復興に向かう段階になる。被災された人たちのために同じ経済圏の3町が連携を取って、同じようなレベルで町民を支えていくことが必要になる」と説明。会合では生活再建支援法の適用、復興基金の創設、さまざまな事務手続きの免除などを議論し合った―と話した。

 今後の課題について、宮坂町長は「山間地の土砂崩れで大きな被害が出た。復旧業務は膨大だ。スピード感を持って対応したい」と強調。むかわ町の竹中喜之町長は「8600人の全町民が被災した。まずは帰宅困難者の住宅対策が重要」と述べ、安平町の及川秀一郎町長は「避難所生活をしている人たちや住宅被害に遭った人たちが一日でも早く普通の生活に戻られるようにすることが大切だ」と話した。

 さらに各町に復興に向けた組織を立ち上げ、3町で連携していく考えも示した。宮坂町長は「10月1日に災害対策復興理事を置いたグループをつくる。被災者向けの総合窓口も設ける」とし、竹中町長は「全職員が復旧復興に関われるプロジェクトチームを10月上旬に設置する」、及川町長は「復興支援室や復興支援本部などの組織をつくり、役場各課から5人程度派遣して一元化した形で対策を講じる」と説明した。復興基金に関しては国や道へ早期創設を求めていくとし、今後も政府などへ支援を要望していく考えも明らかにした。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...