北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

胆振東部3町長が会合 復興へ連携強化確認

会合後、3町連携の方針を説明する(左から)宮坂町長、竹中町長、及川町長

 胆振東部地震で被災した厚真、安平、むかわの3町長が28日、厚真町役場で会合を開き、復興や町民の生活再建などついて協議した。この中で3町が連携を強化して復興を推し進めることを確認。また、各町に復興に関する部署を設ける方針を示し、今後も定期的に会合を開くことも決めた。

 約1時間の会合後、厚真町の宮坂尚市朗町長は「今後は復旧から復興に向かう段階になる。被災された人たちのために同じ経済圏の3町が連携を取って、同じようなレベルで町民を支えていくことが必要になる」と説明。会合では生活再建支援法の適用、復興基金の創設、さまざまな事務手続きの免除などを議論し合った―と話した。

 今後の課題について、宮坂町長は「山間地の土砂崩れで大きな被害が出た。復旧業務は膨大だ。スピード感を持って対応したい」と強調。むかわ町の竹中喜之町長は「8600人の全町民が被災した。まずは帰宅困難者の住宅対策が重要」と述べ、安平町の及川秀一郎町長は「避難所生活をしている人たちや住宅被害に遭った人たちが一日でも早く普通の生活に戻られるようにすることが大切だ」と話した。

 さらに各町に復興に向けた組織を立ち上げ、3町で連携していく考えも示した。宮坂町長は「10月1日に災害対策復興理事を置いたグループをつくる。被災者向けの総合窓口も設ける」とし、竹中町長は「全職員が復旧復興に関われるプロジェクトチームを10月上旬に設置する」、及川町長は「復興支援室や復興支援本部などの組織をつくり、役場各課から5人程度派遣して一元化した形で対策を講じる」と説明した。復興基金に関しては国や道へ早期創設を求めていくとし、今後も政府などへ支援を要望していく考えも明らかにした。

関連記事

函館新聞

35人、調理師へ第一歩 大妻高食物健康科で戴帽式【函館】

 函館大妻高校(池田延巳校長)は19日、食物健康科戴帽式・対面式を開いた。同科の1年生35人が上級生や保護者の見守る中でコック帽をかぶり、調理師への第一歩を踏み出した。  同科の1年生は入学...

函館新聞

南極中継や講演会 8月17日からはこだて国際科学祭【函館】

 今年で11回目を迎えるはこだて国際科学祭が8月17~25日、五稜郭タワーなど函館市内各所で開かれる。今年のテーマは「『食』が育む、函館の未来。」。プレイベントとして7月20日から8月11日まで...

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...