北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

カトリック教会に美しい調べ でんけんコンサート【函館】

聖堂内でチェロの美しい音色を響かせたカンタさん(左)と清水さん

 函館カトリック元町教会(函館市元町15)の聖堂で29日、伝統的建造物の魅力を美しい音楽とともに楽しんでもらう「2018でんけんコンサート」が開かれた。世界的なチェロ奏者のルドヴィート・カンタさんらによる素晴らしい演奏が会場に響き渡り、200人以上の来場者を魅了した。

 函館市伝統的建造物群保存会(小林敏夫会長)の主催。西部地区の歴史的景観を守り、伝建地区の魅力を市民に広める目的で、毎年さまざまなアーティストを招いている。

 出演者のカンタさんは、スロバキア出身でスロバキア・フィルハーモニー管弦楽団の第1ソロ・チェリスト・コンサートマスターとして活躍。1990年から今年の3月まで、オーケストラ・アンサンブル金沢の首席奏者を務めた。

 コンサートには、カンタさんに師事し、現在は函館に在住するチェロ奏者の清水彩智さんも出演。前半は2人による息の合ったアンサンブルで、バリエールの「2つのチェロのためのソナタ」などを演奏。後半はカンタさんがソロでバッハの傑作「無伴奏チェロ組曲第6番」を、深い抒情性とふくよかな音質、軽やかなリズムで鮮やかに弾き上げ、聖堂内に豊かな弦のサウンドが広がった。

 終演後、カンタさんは「雰囲気のある素晴らしい会場で演奏ができてうれしい」と日本語であいさつ。清水さんは「カンタ先生の魂の込められたバッハを、たくさんの函館の人に聞いてもらえて感激している」と話していた。

関連記事

室蘭民報

登別室蘭JCがイルミ点灯、きらめく「らん蘭橋」【室蘭】

 登別室蘭青年会議所(登別室蘭JC、上村正人理事長)による「らん蘭橋イルミネーションプロジェクト」が20日夜、室蘭市中島町の「らん蘭橋」で行われた。計2万個の発光ダイオード(LED)が織りなす幻...

室蘭民報

室蘭でシルバーフェス、人気集める「円熟の技」【室蘭】

 室蘭市シルバー人材センター(山川明理事長)が主催する「2018シルバーフェスティバル」が20日、海岸町の旧室蘭駅舎で開かれ、包丁研ぎや表札製作の実演コーナー、陶芸や手芸の展示即売など、会員のき...

室蘭民報

アーニスで初の夕市、海の幸求め大にぎわい【登別】

 いぶり中央漁業協同組合水産物消費拡大推進事業実行委員会(委員長・松田嘉邦同漁協組合長)主催の夕市が19日、登別市中央町の登別中央ショッピングセンターアーニスで開かれ、新鮮な海の幸を求める買い物...

室蘭民報

食育レストラン・Eスプーンで麹の魅力学ぶ【伊達】

 日本古来の発酵食品である麹(こうじ)を老舗の造り酒屋に学ぶ観光企画が20日、伊達市梅本町のだて歴史の杜食育センターの食育レストラン・Eスプーンであった。健康や美容に関心が高い市内外の女性16人...

室蘭民報

室蘭言泉学園が被災地支援、継続派遣望む声多く【室蘭】

 胆振地方でグループホームなどの福祉施設を運営する室蘭市母恋北町の室蘭言泉学園(菅野登一郎理事長)。胆振東部地震の被災地(厚真町、安平町)支援のため、継続的に職員を派遣している。これまでの派遣人...