北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

マリの飢餓救おう 七飯で支援米収穫【七飯】

=たわわに実った「ふっくりんこ」を手刈りする参加者

 【七飯】飢餓に苦しむ西アフリカのマリ共和国への食料支援として、今年度の「アジア・アフリカ支援米」の稲刈り作業が29日、七飯町中野の水田であった。約50人が黄金色に輝く「ふっくりんこ」を手作業で刈り取り、はさがけ乾燥した。道南地区分として約900キロのコメ(玄米)を来年1月、現地に届ける。

 市民団体「食・みどり・水を守る道南地区労農市民会議」(残間伊都男議長)の主催で、今年で27年目。同町中島の農業池田誠悦さん(58)が場所を提供、6月に田植えをした。池田さんによると、夏の低温・日照不足や台風21号による塩害の影響で、今年産コメの作柄は「不良」だという。

 参加者は田に入り、たわわに実った稲を1時間かけて丁寧に手刈りした。函館あさひ小学校5年の上田堅心君(10)は「稲刈りは慣れているので、上手にできた。あらためてコメの大切さが分かった」と笑顔。池田さんは「自然災害があれば、収量が激減する。食の大切さを感じ取ってほしい」と話していた。

 作業後は、秋晴れの下、参加者がおにぎりと豚汁を堪能した。支援米は七飯を含む道内5カ所で収穫、道内分5トンを現地へ送る。

関連記事

苫小牧民報

胆振東部応援フェアで3町の特産品販売-新千歳空港

 9月の胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真、安平、むかわ各町の特産品を販売する「胆振東部エリア応援フェア」の物産展が14日、新千歳空港国内線ターミナルビル2階センタープラザで始まった。3町の観...

苫小牧民報

土砂災害犠牲者の慰霊式 復興への決意新たに-厚真町

 厚真町は15日、9月に発生した胆振東部地震の土砂災害で犠牲になった町民36人の慰霊式を同町総合福祉センターで開いた。遺族や関係者ら577人が参列。黙とうをささげて献花し、復興への決意を新たにし...

日高報知新聞

日台国際大会に出場

 29日から台湾で開かれる中学硬式野球の「第16回日台国際野球大会」に出場する北海道選抜チームのメンバー18人に、日高リトルシニア(浦川聡監督、団員25人)から久保田陽喜選手(えりも中2年)が選ばれた。26...

日高報知新聞

奨学金条例改正、給付型に【新ひだか】

【新ひだか】町議会定例会は14日、平成30年度一般会計補正予算案や町奨学金条例の改正など、提出議案を可決して同日閉会した。町議の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、総務文教常任委員...

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...