北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

マリの飢餓救おう 七飯で支援米収穫【七飯】

=たわわに実った「ふっくりんこ」を手刈りする参加者

 【七飯】飢餓に苦しむ西アフリカのマリ共和国への食料支援として、今年度の「アジア・アフリカ支援米」の稲刈り作業が29日、七飯町中野の水田であった。約50人が黄金色に輝く「ふっくりんこ」を手作業で刈り取り、はさがけ乾燥した。道南地区分として約900キロのコメ(玄米)を来年1月、現地に届ける。

 市民団体「食・みどり・水を守る道南地区労農市民会議」(残間伊都男議長)の主催で、今年で27年目。同町中島の農業池田誠悦さん(58)が場所を提供、6月に田植えをした。池田さんによると、夏の低温・日照不足や台風21号による塩害の影響で、今年産コメの作柄は「不良」だという。

 参加者は田に入り、たわわに実った稲を1時間かけて丁寧に手刈りした。函館あさひ小学校5年の上田堅心君(10)は「稲刈りは慣れているので、上手にできた。あらためてコメの大切さが分かった」と笑顔。池田さんは「自然災害があれば、収量が激減する。食の大切さを感じ取ってほしい」と話していた。

 作業後は、秋晴れの下、参加者がおにぎりと豚汁を堪能した。支援米は七飯を含む道内5カ所で収穫、道内分5トンを現地へ送る。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...