北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

新米初出荷 全量1等米【新ひだか】

品質検査のため米を抜き取る丹野次長

【新ひだか】静内産の新米が1日、初出荷され、JAしずない豊畑米検査場で品質検査を受けた12・12㌧の「ななつぼし」全量が1等米となった。しずない農協では「収量が少なく、品質も心配していたが、上々の結果になった」としている。

 静内産米の今年の作付けは30戸、約87㌶。今年の道内産米は、春から夏にかけ天候不順による低温や日照不足もあり、9年ぶりの不良となっている。

 食味の指標の一つとなるタンパク質は全道的に高めの傾向にあるが、静内産は若干低めでおいしい米に育ったという。

 今年の初出荷は昨年に引き続き、静内稲作振興会長を務める静内豊畑の村田信治さん生産の新米。しずない農協の丹野潤一営農部次長が米を抜き取り、形や色、タンパクの含有量などを検査した結果、全量1等米の格付けとなり、西村和夫組合長から村田さんへ祝品が贈られた。

全量1等米となり西村組合長(左)から村田さん(右)へ祝品を贈呈

 初検査に立ち会った村田さんは「収量は平年の1、2割減になるが、全量1等米で安心した」と胸をなでおろした。

 しずない農協では、静内産の「ななつぼし」のうち、化学肥料(チッソ)を50%以下に低減するなど厳しい基準をクリアした高品質、良食味米を農協ブランド米「万馬券」として販売。新米は7日午前9時からJAしずない前広場で開催の「2018しずない農業まつり」を皮切りに販売される。

 西村組合長は「2月の大雪や6月の気温が低い時期などがあったが、こうして全量1等米になったのは農家の努力や技術のおかげ。万馬券は町内外から評価が高いので、今年もそういうものを提供できる」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

写真家山下さん、バレエ「ティアラの会」に市民劇場賞【帯広】

 帯広市民劇場運営委員会(金子章委員長)は22日、今年度の市民劇場賞受賞者を発表した。市民劇場賞は写真の山下僚さん(69)と洋舞の市民バレエ「ティアラの会」(前塚典子会長)。功労賞は郷土史の嶺野...

十勝毎日新聞

新得の「酒蔵」部門賞 チーズアワード【東京】

 国産のナチュラルチーズを審査・表彰する「ジャパンチーズアワード2018」(NPO法人チーズプロフェッショナル協会主催)が21日、都内の大崎ブライトコアホールで開かれた。十勝からは8工房が自慢の...

十勝毎日新聞

宮本氏の椅子作り学ぶ 「家具塾」十勝で初開催【帯広】

 建築家や家具デザイナー、職人などが家具について学ぶ「家具塾」が20日、帯広市内のミネルバ十勝で開かれた。家具制作のミネルバ(東京)の宮本茂紀代表が手掛けた椅子について学んだ。  家具塾は20...

釧路新聞

秋サケつかみに悪戦苦闘/昆布森みなとまつり【釧路町】

 地元の新鮮な魚介類を楽しめる第30回釧路町昆布森みなとまつり(同実行委員会主催)が21日、昆布森漁港特設会場で開かれ、町内外から家族連れなどが多数訪れ、食と催しを堪能した。  恒例の秋サケつ...

函館新聞

「昇平丸」海底調査を開始 上ノ国で150年前に沈没【上ノ国】

 【上ノ国】1870(明治3)年に町大安在浜沖で座礁し沈没した、薩摩藩が建造した洋式軍艦「昇平丸(しょうへいまる)」の海底調査が20日、始まった。初日は文化庁が委託した調査チームが音波探査機を使...