北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

伊達で実りの秋…栗拾いや稲刈り体験で季節を楽しむ

 実りの秋を迎え、道内では珍しい栗拾いが体験できる伊達市内の栗園は連日、家族連れでにぎわっている。昭和新山などが一望できる市内の田んぼでは、小学生が稲刈りを体験し、季節の香りを楽しんだ。

伊達栗園

ぷっくりとした大ぶりの実を付けた栗の木と志田原ツタ子さん=2日午前、伊達栗園

 伊達市郊外にある伊達栗園(西関内町303)は今が秋の真っ盛り。500円玉を優に超える大粒の栗が実り、道内でも珍しい栗拾いが本格体験できるとあって、大きな栗を求め早々と訪れる人が後を絶たない。

 同園は、先代の志田原幸宏さんが野菜農家から転向したのが始まり。現在は長男の英樹さん(55)らが家族ぐるみで運営。約4ヘクタールの園地に3種500本弱を育てている。

 今季は今月1日に本オープンし、10月中旬までの毎日、午前9時~午後3時の営業。入園料は無料で、拾った栗は1キロ当たり600円で購入できる。

 現在は大粒で甘みが強い「道南一号」が収穫期を迎えている。長雨や台風の影響が心配されたが、7月下旬以降の天候の回復で昨年と比べ大ぶりの実を付けた。常連客からは「いつにも増して甘みが強い」と好評で、一度に30キロ弱も拾っていく人もいるという。

 英樹さんの母・ツタ子さん(79)は「大きく実ってくれて本当に良かった」と穏やかな表情を見せている。

 伊達市の市街地から道道滝之町伊達線を壮瞥町方面に進んで、右手にある、赤いのぼりが目印。雨天時は休園。

 問い合わせは伊達栗園、電話0142・25局3110番へ。

長和小児童

自分たちで刈った稲を重たそうに運ぶ児童

 伊達市長和小学校(葛西正敏校長、79人)の児童が2日、上長和町の田んぼで稲刈り体験を楽しんだ。ずっしりと詰まった稲穂に笑顔を見せ、丁寧に刈り込んでいた。

 総合学習の一環で今年6月に八木沼昭一さん(64)方の約2アールの田んぼで田植えをした。稲刈りには3年生以上の約60人が参加。長靴をはき田んぼに入った児童たちは、鎌を慎重に扱い、稲を束ねて力強く刈り取り、重たそうに運んでいた。

 深夜に降った雨で足場が悪く長靴が脱げそうになる子がいるなど、和気あいあい作業は進んだ。6年の石澤百桃さん(12)は「楽しく刈ることができた。食べるのが楽しみです」と話していた。

 稲は乾燥させ精米して、12月に同校で餅つきを実施し全校児童で味わう予定という。 

関連記事

苫小牧民報

胆振東部応援フェアで3町の特産品販売-新千歳空港

 9月の胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真、安平、むかわ各町の特産品を販売する「胆振東部エリア応援フェア」の物産展が14日、新千歳空港国内線ターミナルビル2階センタープラザで始まった。3町の観...

苫小牧民報

土砂災害犠牲者の慰霊式 復興への決意新たに-厚真町

 厚真町は15日、9月に発生した胆振東部地震の土砂災害で犠牲になった町民36人の慰霊式を同町総合福祉センターで開いた。遺族や関係者ら577人が参列。黙とうをささげて献花し、復興への決意を新たにし...

日高報知新聞

日台国際大会に出場

 29日から台湾で開かれる中学硬式野球の「第16回日台国際野球大会」に出場する北海道選抜チームのメンバー18人に、日高リトルシニア(浦川聡監督、団員25人)から久保田陽喜選手(えりも中2年)が選ばれた。26...

日高報知新聞

奨学金条例改正、給付型に【新ひだか】

【新ひだか】町議会定例会は14日、平成30年度一般会計補正予算案や町奨学金条例の改正など、提出議案を可決して同日閉会した。町議の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、総務文教常任委員...

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...