北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

伊達で実りの秋…栗拾いや稲刈り体験で季節を楽しむ

 実りの秋を迎え、道内では珍しい栗拾いが体験できる伊達市内の栗園は連日、家族連れでにぎわっている。昭和新山などが一望できる市内の田んぼでは、小学生が稲刈りを体験し、季節の香りを楽しんだ。

伊達栗園

ぷっくりとした大ぶりの実を付けた栗の木と志田原ツタ子さん=2日午前、伊達栗園

 伊達市郊外にある伊達栗園(西関内町303)は今が秋の真っ盛り。500円玉を優に超える大粒の栗が実り、道内でも珍しい栗拾いが本格体験できるとあって、大きな栗を求め早々と訪れる人が後を絶たない。

 同園は、先代の志田原幸宏さんが野菜農家から転向したのが始まり。現在は長男の英樹さん(55)らが家族ぐるみで運営。約4ヘクタールの園地に3種500本弱を育てている。

 今季は今月1日に本オープンし、10月中旬までの毎日、午前9時~午後3時の営業。入園料は無料で、拾った栗は1キロ当たり600円で購入できる。

 現在は大粒で甘みが強い「道南一号」が収穫期を迎えている。長雨や台風の影響が心配されたが、7月下旬以降の天候の回復で昨年と比べ大ぶりの実を付けた。常連客からは「いつにも増して甘みが強い」と好評で、一度に30キロ弱も拾っていく人もいるという。

 英樹さんの母・ツタ子さん(79)は「大きく実ってくれて本当に良かった」と穏やかな表情を見せている。

 伊達市の市街地から道道滝之町伊達線を壮瞥町方面に進んで、右手にある、赤いのぼりが目印。雨天時は休園。

 問い合わせは伊達栗園、電話0142・25局3110番へ。

長和小児童

自分たちで刈った稲を重たそうに運ぶ児童

 伊達市長和小学校(葛西正敏校長、79人)の児童が2日、上長和町の田んぼで稲刈り体験を楽しんだ。ずっしりと詰まった稲穂に笑顔を見せ、丁寧に刈り込んでいた。

 総合学習の一環で今年6月に八木沼昭一さん(64)方の約2アールの田んぼで田植えをした。稲刈りには3年生以上の約60人が参加。長靴をはき田んぼに入った児童たちは、鎌を慎重に扱い、稲を束ねて力強く刈り取り、重たそうに運んでいた。

 深夜に降った雨で足場が悪く長靴が脱げそうになる子がいるなど、和気あいあい作業は進んだ。6年の石澤百桃さん(12)は「楽しく刈ることができた。食べるのが楽しみです」と話していた。

 稲は乾燥させ精米して、12月に同校で餅つきを実施し全校児童で味わう予定という。 

関連記事

十勝毎日新聞

冬の使者が飛来 畑でゆったり羽休め【十勝】

 秋が深まる中、「冬の使者」とされるハクチョウが十勝地方に飛来している。緑が残る畑で、雪を思わせるような純白の羽を休めている。  ハクチョウは越冬のため、ロシア極東などから十勝に飛来。多くは...

十勝毎日新聞

畑中さん石倉さん優秀賞 昆虫寄生菌を研究 帯畜大【帯広】

 第13回昆虫病理研究会シンポジウム(9月、山梨県富士吉田市)で、帯広畜産大学の学生2人が学生優秀発表賞を受賞した。いずれも昆虫寄生菌に関する研究で、病原体を媒介する蚊や農作物に被害を及ぼすコ...

十勝毎日新聞

開拓者の功績 1冊に 88人紹介の書籍発行【十勝】

 郷土史を伝える「とかち史談会」(上野敏郎代表)は、十勝開拓に貢献した88人に焦点を当てた書籍「十勝を拓(ひら)いた人々」を発行した。北海道の名付け親でアイヌ政策に執着した松浦武四郎の歩みなどが紹...

函館新聞

橋美智也さんの遺品1000点、北斗市に里帰り 11月4日に公開【北斗】

 【北斗】市(旧上磯町峩朗)出身で、昭和のスター歌手、三橋美智也さん(1930~96年)の1000点以上に及ぶ遺品が、三橋美智也音楽事務所(大阪市)から市に寄贈されることとなり、今月8日、...

函館新聞

今年もうまい酒に 「函館奉行」酒米を稲刈り【函館】

函館の地酒「函館奉行」の原料となる酒米「吟風(ぎんぷう)」の稲刈りと新酒醸造祈願祭が20日、市内米原町であった。黄金色に染まった水田に生産者ら約10人が集まり、銘酒誕生を祈願しながら作業に...