北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

趣ある葉彩画と陶芸…室蘭で高野さん佐藤さんが二人展

葉彩画講師の高野さん(左)と陶芸作家の佐藤さんの趣ある作品が並ぶ二人展

 葉彩画講師の高野恵子さん=登別市美園町=と、陶芸作家の佐藤彰さん=同新川町=の二人展が、2日から室蘭市海岸町の市民活動センターで始まり、趣のある作品が来場した市民らの目を楽しませている。

 葉彩画は22点。10~15年乾燥させた葉の形状や濃淡を生かし、細密に重ね合わせ、絵画のように風景や人物を表現した。「登別へおいでよ」(20号)は、鬼やクマ、露天風呂を楽しむ人々などをモチーフにした遊び心のある作品。湯煙はトウキビのひげで表現した。

 佐藤さんは登別市片倉町に工房「ふきの陶」を構える。大皿やつぼ、干支(えと)のオブジェなど約60点を披露している。ススキと満月を描き、十五夜をイメージした長方皿はおしゃれな雰囲気。イノシシやヒツジ、フクロウなどのオブジェは手びねりで作られ、かわいらしい。

 2人は室蘭清水丘高校の同期生。これまでにもコラボ展を開いている。展示最終日の13日午前10時からは陶芸教室、午後1時からは葉彩画教室を実施する。どちらも材料費は千円、定員は10人。申し込みは10日までに同センター、電話0143・25局7070番へ。

関連記事

室蘭民報

2500人が冬満喫、「だんパラ」恒例冬まつり【室蘭】

 第40回むろらん冬まつり(同実行委員会主催、室蘭民報社など後援)が17日、室蘭市香川町のだんパラスキー場で開かれた。市民雪像の展示をはじめ餅まきや宝探しが行われ、約2500人の家族連れらでに...

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

犬まっしぐら 冬の「運動会」 ドッグ競技に全国愛犬家【中札内】

 犬ぞりなどのドッグスポーツが楽しめる催しが16日、バンブードッグフィールド(村東戸蔦東6線152ノ4)で始まった。小型犬の参加や無料観覧ができるイベントで、飼い主と愛犬が雪上で息の合ったレー...

室蘭民報

16、17日に伊達雪まつり【伊達】

 第10戦伊達雪まつり―冬の陣(同実行委員会主催)が16、17の両日、だて歴史の杜カルチャーセンター前の屋外広場で開かれる。節目を記念して日程を2日間に拡大する。雪の滑り台や参加型アトラクション...

名寄新聞

17日にびふかウインターフェスタ【美深】

 「びふかウインターフェスタ2019」が、17日午前9時から美深運動公園と町民スキー場を会場に開かれる。当日はジュニアアルペンスキー大会、お楽しみ抽選会、雪中フラッグゲームなど、多彩なプログラムで楽...