北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

徒歩で全道海岸線一周【えりも】

えりも町内百人浜の道道に到着した中泉さん夫妻

【えりも】町内の小学校に教諭として通算10年間在職し、浦河町野深小校長を57歳で早期退職した苫小牧市在住の中泉盛行さん(69)と妻の貞子さん(64)が9月28日、徒歩で全道海岸線一周の途中でえりも町に到着し、知人や元教え子たちの歓迎を受けた。

 中泉さんは退職後、道内の海岸線約2300㌔の夫婦での徒歩1周を計画し、「夫婦遠足」と名付けて毎年20日間ほどで300㌔平均を歩き続けている。

 移動手段として、どちらかがその日移動の中間地点の空き地に車を駐車させ、戻って一緒に歩く方法を繰り返している。

 今年はその集大成の年で、十勝管内広尾町から最終地点・苫小牧までを歩く。

 28日は町内庶野から道道百人浜を経由して元勤務校のえりも岬小を訪れて職員らと懇談し、夜は元教え子らや知人が集まって往年時代を懐かしんだ。

 えりも岬小在職中に、中泉さんが主体となって昭和53年1月2日に「えりも岬寒風マラソン大会」を立ち上げ、その後えりも岬連合自治会主催と日高報知新聞社後援に移行した。自治会役員らの高齢化などで、節目に当たる平成20年の第30回大会をもって閉幕したが、強風を逆手に取った〝えりも岬の風物詩”として長年親しまれた。

 29日には、在町中の管内陸上競技選手仲間で、現在特養老人ホームやまと苑施設長の津国誠一さん(70)を訪ね、昔話を弾ませながら、折から開催中の「やまと苑敬老会」で浦河愛好会の「日向ひょっとこ踊り」などを楽しみ、夜は本町飲食店でえりも小での教え子たちと懐かしい話題に花を咲かせた。

 中泉さんは「来年は三重県の伊勢神宮から出発して本州を徒歩で1周の旅を計画している。最後は四国八十八箇所巡行を達成させたい」と夢を膨らませている。

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...