北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

徒歩で全道海岸線一周【えりも】

えりも町内百人浜の道道に到着した中泉さん夫妻

【えりも】町内の小学校に教諭として通算10年間在職し、浦河町野深小校長を57歳で早期退職した苫小牧市在住の中泉盛行さん(69)と妻の貞子さん(64)が9月28日、徒歩で全道海岸線一周の途中でえりも町に到着し、知人や元教え子たちの歓迎を受けた。

 中泉さんは退職後、道内の海岸線約2300㌔の夫婦での徒歩1周を計画し、「夫婦遠足」と名付けて毎年20日間ほどで300㌔平均を歩き続けている。

 移動手段として、どちらかがその日移動の中間地点の空き地に車を駐車させ、戻って一緒に歩く方法を繰り返している。

 今年はその集大成の年で、十勝管内広尾町から最終地点・苫小牧までを歩く。

 28日は町内庶野から道道百人浜を経由して元勤務校のえりも岬小を訪れて職員らと懇談し、夜は元教え子らや知人が集まって往年時代を懐かしんだ。

 えりも岬小在職中に、中泉さんが主体となって昭和53年1月2日に「えりも岬寒風マラソン大会」を立ち上げ、その後えりも岬連合自治会主催と日高報知新聞社後援に移行した。自治会役員らの高齢化などで、節目に当たる平成20年の第30回大会をもって閉幕したが、強風を逆手に取った〝えりも岬の風物詩”として長年親しまれた。

 29日には、在町中の管内陸上競技選手仲間で、現在特養老人ホームやまと苑施設長の津国誠一さん(70)を訪ね、昔話を弾ませながら、折から開催中の「やまと苑敬老会」で浦河愛好会の「日向ひょっとこ踊り」などを楽しみ、夜は本町飲食店でえりも小での教え子たちと懐かしい話題に花を咲かせた。

 中泉さんは「来年は三重県の伊勢神宮から出発して本州を徒歩で1周の旅を計画している。最後は四国八十八箇所巡行を達成させたい」と夢を膨らませている。

関連記事

根室新聞

北方領土の語り部育成 後継者が元島民の体験語る【根室】

 千島歯舞諸島居住者連盟根室支部(宮谷内亮一支部長)は15日、千島会館で後継者語り部育成事業を開催し、歯舞群島・勇留島2世の米屋聡さん(59)と国後島2世の野潟龍彦さん(67)が、元島民から聞いた島で...

根室新聞

室根より「おいしいこんぶ ありがとうございました」【根室】

 逆さ地名が縁で岩手県一関市室根町と交流する「根室・室根交流の会」(志和秀春会長)のもとへ、室根の保育施設から「昆布の絵手紙」が届いた。特産品交流で送っていた昆布のお礼ということで、ちぎり絵で...

根室新聞

「初年度に手応え」カキ養殖へ試験継続【根室】

 歯舞漁協の23部会でつくる歯舞水産物ブランド化推進協議会(小杉和美会長)は、トーサムポロ沼でカキ養殖に取り組んでいる。1年目の昨年は歯舞こんぶ祭りなどイベントで販売を行っており、今後も養殖試験を...

根室新聞

商店街に歓声響く「下町スライダー」大盛況【根室】

 雪で作った全長50メートルの巨大滑り台が17日、緑町商店街を歩行者天国にして設置され、迫力満点の“冬の遊び”に歓声を上げる約1,000人の親子連れでにぎわった。イベントは根室商工会議所青年部創陽クラブ(...

日高報知新聞

管内で新たに4人を認定【浦河】

 道が認定する木育を普及させる専門家「木育マイスター」の平成30年度認定証交付式が14日、浦河町常盤町の日高振興局森林室で行われ、新たに4人が認定証の交付を受けた。  木育マイスターは、森や木工...