北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

川近・赤沼社長「社運懸け宮蘭フェリー継続」【室蘭】

「宮蘭はなんとしても継続する」と語る川近の赤沼社長

 川崎近海汽船(東京)の赤沼宏代表取締役社長が3日、室蘭市本町の室蘭民報社を訪れ、宮蘭フェリーの八戸寄港とダイヤ改編の狙いを語った。就航わずか3カ月での見直しについて「何より航路存続のため。社運を懸けており、なんとしても継続する」とした。苦戦する活牛輸送の予約が一部入り始めたことも明かした。

 運航実績を振り返り「新規航路のため厳しさは予想していたが、正直もう少しいいスタートが切れると思った。甘さもあった。繁忙期分析やお客さまの声を聞き、最善策を導き出した」と述べた。

 ユーザーへの聞き取り調査からウイークポイントが見えたという。「これは高規格道路の全面供用の遅れだけではなく、宮古の静穏度の低さに起因する欠航の多さ、両港の時間設定などもそう」と説明した。

 南下便の八戸寄港で欠航の減少を目指す。関東圏により早く到着できる新たな時間設定で、活牛輸送などの利用につなげる考え。「ただ、やはり北上便の鍵は高規格道路開通になる」とも。

 新ルート発表後、顧客への営業を続けるが「『八戸に午前3時半に着けるなら』と前向きな反応もある」。主力と見込みながら苦戦する活牛の輸送会社からは「発表後、早速枠取りがあった」と笑顔を見せた。

 序盤の苦戦にも、宮蘭の将来性を確信する。「清水―大分RORO船航路も安定へ2年かかった。新航路はいつも厳しいもの。宮蘭も足元の収益ではなく、将来を見通し開設した。この考えに変わりはない」と強調した。

 また、改編で迷惑を掛けた利用者に謝罪した。「すでに予約していたお客さまにご迷惑を掛け、おわび申し上げます。ただ、一日でも早く貨物を呼び込む必要がある。航路のためと理解を」と訴えた。

関連記事

日高報知新聞

日台国際大会に出場

 29日から台湾で開かれる中学硬式野球の「第16回日台国際野球大会」に出場する北海道選抜チームのメンバー18人に、日高リトルシニア(浦川聡監督、団員25人)から久保田陽喜選手(えりも中2年)が選ばれた。26...

日高報知新聞

奨学金条例改正、給付型に【新ひだか】

【新ひだか】町議会定例会は14日、平成30年度一般会計補正予算案や町奨学金条例の改正など、提出議案を可決して同日閉会した。町議の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、総務文教常任委員...

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...

十勝毎日新聞

ジュエリーアイス早くも「上陸」【豊頃】

 豊頃町大津の海岸一帯で15日朝、氷塊「ジュエリーアイス」が多数打ち上げられた。例年年明けの1~2月によく見られ、ジュエリーアイスの名付け親でこの日も現地を訪れた帯広の浦島久さん(65)は「少量...

十勝毎日新聞

街に活気 いきなり1等!「全市連合」抽選【帯広】

 帯広商工会議所(高橋勝坦会頭)主催の「年末全市連合大売出し2018」の抽選会場は、クリスマスや年末の買い物に訪れた来店客でにぎわった。  会場は藤丸やイオン帯広店など14カ所。参加店での買い...