北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

川近・赤沼社長「社運懸け宮蘭フェリー継続」【室蘭】

「宮蘭はなんとしても継続する」と語る川近の赤沼社長

 川崎近海汽船(東京)の赤沼宏代表取締役社長が3日、室蘭市本町の室蘭民報社を訪れ、宮蘭フェリーの八戸寄港とダイヤ改編の狙いを語った。就航わずか3カ月での見直しについて「何より航路存続のため。社運を懸けており、なんとしても継続する」とした。苦戦する活牛輸送の予約が一部入り始めたことも明かした。

 運航実績を振り返り「新規航路のため厳しさは予想していたが、正直もう少しいいスタートが切れると思った。甘さもあった。繁忙期分析やお客さまの声を聞き、最善策を導き出した」と述べた。

 ユーザーへの聞き取り調査からウイークポイントが見えたという。「これは高規格道路の全面供用の遅れだけではなく、宮古の静穏度の低さに起因する欠航の多さ、両港の時間設定などもそう」と説明した。

 南下便の八戸寄港で欠航の減少を目指す。関東圏により早く到着できる新たな時間設定で、活牛輸送などの利用につなげる考え。「ただ、やはり北上便の鍵は高規格道路開通になる」とも。

 新ルート発表後、顧客への営業を続けるが「『八戸に午前3時半に着けるなら』と前向きな反応もある」。主力と見込みながら苦戦する活牛の輸送会社からは「発表後、早速枠取りがあった」と笑顔を見せた。

 序盤の苦戦にも、宮蘭の将来性を確信する。「清水―大分RORO船航路も安定へ2年かかった。新航路はいつも厳しいもの。宮蘭も足元の収益ではなく、将来を見通し開設した。この考えに変わりはない」と強調した。

 また、改編で迷惑を掛けた利用者に謝罪した。「すでに予約していたお客さまにご迷惑を掛け、おわび申し上げます。ただ、一日でも早く貨物を呼び込む必要がある。航路のためと理解を」と訴えた。

関連記事

日高報知新聞

木質バイオマス増産に向け

 急増する木質バイオマス資源の需要拡大をにらみ、日高振興局と日高地域木質バイオマス資源利用推進協議会(事務局・ひだか南森林組合、小野哲弘会長)、王子木材緑化(本社・東京、大原寛信社長)の3者は1...

日高報知新聞

平取ダム早期完成の決起大会【平取】

【平取】平取ダム建設事業の早期完成を求める総決起大会が18日夜、ふれあいセンターびらとりで開かれ、町民ら約70人が参加し決議文を採択した。  主催者の川上満平取町長と鈴木修二町議会議長が、平成15年8...

根室新聞

酪農後継者ら 全道優秀賞の受賞を報告【根室】

 平成30年度北海道青年農業者会議のプロジェクト発表で優秀賞を受賞した酪農後継者の学習グループ・根室市4Hクラブ(山岸伸也会長、9人)が19日、根室市役所を訪れ、石垣雅敏市長に受賞を報告した。酪農後...

根室新聞

ユルリを考える会 島の近況を報告 25日から写真展を開催【根室】

 根室・落石地区と幻の島ユルリを考える会(田嶋靖照会長、会員65人)は19日、石垣雅敏市長を訪ねて、ユルリ島への移入馬の近況報告を含めた島の環境保全に関する活動状況を報告した。移入馬3頭については専...

根室新聞

「後継者の入会呼び掛けを促進」水晶会が総会開く【根室】

 北方領土歯舞群島の水晶島元島民と後継者で組織する根室水晶会(柏原榮会長)は17日、根室グランドホテルで平年31年度総会を開き、新年度の事業計画を決めるとともに、会長に柏原榮さんを再選した。  ...