北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

川近・赤沼社長「社運懸け宮蘭フェリー継続」【室蘭】

「宮蘭はなんとしても継続する」と語る川近の赤沼社長

 川崎近海汽船(東京)の赤沼宏代表取締役社長が3日、室蘭市本町の室蘭民報社を訪れ、宮蘭フェリーの八戸寄港とダイヤ改編の狙いを語った。就航わずか3カ月での見直しについて「何より航路存続のため。社運を懸けており、なんとしても継続する」とした。苦戦する活牛輸送の予約が一部入り始めたことも明かした。

 運航実績を振り返り「新規航路のため厳しさは予想していたが、正直もう少しいいスタートが切れると思った。甘さもあった。繁忙期分析やお客さまの声を聞き、最善策を導き出した」と述べた。

 ユーザーへの聞き取り調査からウイークポイントが見えたという。「これは高規格道路の全面供用の遅れだけではなく、宮古の静穏度の低さに起因する欠航の多さ、両港の時間設定などもそう」と説明した。

 南下便の八戸寄港で欠航の減少を目指す。関東圏により早く到着できる新たな時間設定で、活牛輸送などの利用につなげる考え。「ただ、やはり北上便の鍵は高規格道路開通になる」とも。

 新ルート発表後、顧客への営業を続けるが「『八戸に午前3時半に着けるなら』と前向きな反応もある」。主力と見込みながら苦戦する活牛の輸送会社からは「発表後、早速枠取りがあった」と笑顔を見せた。

 序盤の苦戦にも、宮蘭の将来性を確信する。「清水―大分RORO船航路も安定へ2年かかった。新航路はいつも厳しいもの。宮蘭も足元の収益ではなく、将来を見通し開設した。この考えに変わりはない」と強調した。

 また、改編で迷惑を掛けた利用者に謝罪した。「すでに予約していたお客さまにご迷惑を掛け、おわび申し上げます。ただ、一日でも早く貨物を呼び込む必要がある。航路のためと理解を」と訴えた。

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...