北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

アイヌ民族博物館の鉄骨が立ち上がる【白老】

鉄骨の構造物が立ち上がった国立アイヌ民族博物館整備地

 白老・ポロト湖畔で工事が進められている国立アイヌ民族博物館の鉄骨がこのほど立ち上がった。本体工事の工期は来年11月まで。一般公開は2020年4月24日。

 象徴空間の核施設で、東北以北初の国立博物館となる同博物館は地上3階、延べ床面積約8600平方メートル、横幅約130メートル、高さ約20メートル、奥行き約40メートル。1階はエントランスホール、映像や音声でアイヌ文化の概要などを紹介するシアター、カフェ、ミュージアムショップ、研究交流室、ライブラリーなどを配置。2階には基本展示室、特別展示室、テーマ展示室、収蔵庫、ポロト湖を眺望できるロビーなどを配置する。

 今春に着工。これまでくい打ちや基礎工事が行われていた。このほど鉄骨の構造物が立ち上がり、今後建物の骨組みとなる躯体(くたい)工事が本格化する。

関連記事

室蘭民報

手作り講座で和気あいあい健康おせち【伊達】

 料理教室や健康に関するミニ講座「食育・健康ウィーク」の「簡単!手作りおせち」が8日、伊達市梅本町の食育センターで開かれ、参加した市民ら約20人がお手軽レシピを学んだ。  食と健康を結び付け...

室蘭民報

ようやく冬将軍到来、冬物商戦が本格化【室蘭】

 室蘭地方は12月に入り、ようやく冬の寒さが到来。室蘭市内のホームセンターや衣料品店では、除雪用品やストーブ、コートやニットなどの品ぞろえが充実し、冬支度をする市民が買い求めている。各店舗に売...

室蘭民報

Xマスリース講座が人気、北RCが初企画【室蘭】

 室蘭北ロータリークラブ広報委員会(加藤栄吉委員長)が主催するリース作り講座が6日夜、市内中島町のほんまビルで行われ、会員や家族たちが、クリスマスリース作りに挑戦した。  会員の家族にもRC...

室蘭民報

共済センター合同忘年会で330人楽しいひととき【室蘭】

 室蘭市勤労者共済センター(田村伸雄理事長)の会員・家族交流合同忘年会が7日夜、市内宮の森町の蓬らい殿で開かれ、中小企業の従業員や家族ら約330人が大抽選会などを楽しんだ。  田村理事長は、...

室蘭民報

虻田神社・風水スポット愛称は「龍山道」【洞爺湖町】

 洞爺湖町青葉町の虻田神社の裏山にある風水のパワースポットにつながる山道の愛称が「龍山道(りゅうさんどう)」に決まった。山道を管理する青葉山道整備の会(大久保和幸会長)は5日、最優秀賞に選...