北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

スケトウダラ漁始まる 川汲で初水揚げ【函館】

漁が解禁し初水揚げを迎えたスケトウダラ(川汲漁港、午前5時ごろ)

 道南太平洋海域(渡島~日高)のスケトウダラ刺し網漁が1日解禁され、4日早朝、函館市南茅部地区の川汲漁港で初水揚げされた。暗い岸壁では船の明かりを頼りに選別作業が行われ、漁師らの熱気に包まれた。

 同地区では台風24号の接近などで出漁見合わせが続いていたが、同港から出漁した2隻がこの日、漁を終え無事帰港。すぐさま網にかかったスケトウダラを1匹ずつ外し、大箱へと詰めていった。渡島第3船団の福嶋靖美船団長(61)は「魚体は思っていたより小さかったが、4、5トンは獲れたので初日としてはまずまず。ただ台風25号が心配。海の状態が変わらなければいいが」と話していた。

 スケトウダラは資源保護の対象となっており、漁獲可能量・TAC(渡島、胆振で4万3900トン)のもと、来年3月末まで操業を行う。

 道総研函館水試が道南太平洋で8月末から9月にかけて実施した分布調査によると、スケトウダラの海域平均反応量は昨年同期を下回っており、水温は水深100~250メートルにかけて平年より高いという。魚群反応が比較的強い海域は恵山~南茅部沖、登別~白老沖で、反応が強い深度は水深350メートル前後だという。

関連記事

十勝毎日新聞

写真家山下さん、バレエ「ティアラの会」に市民劇場賞【帯広】

 帯広市民劇場運営委員会(金子章委員長)は22日、今年度の市民劇場賞受賞者を発表した。市民劇場賞は写真の山下僚さん(69)と洋舞の市民バレエ「ティアラの会」(前塚典子会長)。功労賞は郷土史の嶺野...

十勝毎日新聞

新得の「酒蔵」部門賞 チーズアワード【東京】

 国産のナチュラルチーズを審査・表彰する「ジャパンチーズアワード2018」(NPO法人チーズプロフェッショナル協会主催)が21日、都内の大崎ブライトコアホールで開かれた。十勝からは8工房が自慢の...

十勝毎日新聞

宮本氏の椅子作り学ぶ 「家具塾」十勝で初開催【帯広】

 建築家や家具デザイナー、職人などが家具について学ぶ「家具塾」が20日、帯広市内のミネルバ十勝で開かれた。家具制作のミネルバ(東京)の宮本茂紀代表が手掛けた椅子について学んだ。  家具塾は20...

釧路新聞

秋サケつかみに悪戦苦闘/昆布森みなとまつり【釧路町】

 地元の新鮮な魚介類を楽しめる第30回釧路町昆布森みなとまつり(同実行委員会主催)が21日、昆布森漁港特設会場で開かれ、町内外から家族連れなどが多数訪れ、食と催しを堪能した。  恒例の秋サケつ...

函館新聞

「昇平丸」海底調査を開始 上ノ国で150年前に沈没【上ノ国】

 【上ノ国】1870(明治3)年に町大安在浜沖で座礁し沈没した、薩摩藩が建造した洋式軍艦「昇平丸(しょうへいまる)」の海底調査が20日、始まった。初日は文化庁が委託した調査チームが音波探査機を使...