北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室工大・足立さんと安達さんが7日の演奏会に出演【室蘭】

演奏会へ意欲を見せる(左から)安達さんと足立さん。右は都山流尺八楽大師範の中村さん

 室蘭工業大学修士課程2年の足立啓輔さん(25)と安達拓真さん(23)は、都山流尺八楽大師範の中村幻山さん(55)=室蘭市知利別町=に弟子入りして6年目。来春、道外に就職するが「社会人になっても尺八を続けたい」と話す。室蘭で舞台に立つ機会は残り少なく、7日に輪西町の室蘭市民会館で開かれる、都山流尺八楽・第34回新都山流西北海道支部定期演奏会に向けて練習に励んでいる。

 2人が中村さんの元に訪れたのは2013年(平成25年)4月。当時、学部1年生だった。邦楽に興味があった足立さんがインターネット上で指導者を探していたところ、中村さんと巡り合い、友人の安達さんを誘って通うようになった。

 初めは音出しなどに苦労したが、入門曲の「うみ」「鳩」「メリーさんの羊」などを3カ月間かけてマスターした。現在のレパートリーは50曲ほど。古典や琴との合奏曲、歌謡曲、洋楽など幅広い。年間で各種演奏会にも参加している。

 足立さんは「楽器がシンプルなだけに難しいが、上達の度合いが分かりやすく、そこが面白い」、安達さんは「表現力が難しいが、だんだん楽しくなってきた」とやりがいを語る。中村さんは「覚えが早くて、どんどん成長した」と評価する。17年2月、足立さんは「幻芳」、安達さんは「幻真」の竹号が付与された。

 2人は来年3月に卒業し、道外の建設業に就職するが、尺八は継続するという。中村さんは「若者が尺八に興味を持って入門してくれたことがうれしいです。2人の後輩たちも通い始め、つながりができたのがいいですね」と笑みを浮かべる。

 札幌から室工大に入学した2人は、中村さんからプライベートで室蘭を案内してもらい、一緒に食事を取った。以来、就職の相談をしたり、礼儀を教わるなど「親代わりとなっていろいろな面で助けてくれた。本当にお世話になりました」と感謝している。

 演奏会は午後0時半の開演。2人はオープニングの尺八2部合奏曲「朝緑」、続く宮城道雄作曲「都踊」で舞台に立つ。入場料500円、中学生以下は無料。

関連記事

室蘭民報

「道展」がスタート、室蘭の入選者作品展示も【札幌】

 北海道美術協会の第93回道展が18日から、札幌市中央区の市民ギャラリーで始まり、多くの美術愛好者が会場に足を運んでいる。11月4日まで。  今回は10~90代の295人が419点を応募し、...

室蘭民報

演劇倶楽部・夢鯨人が21日に2年ぶり2人芝居【室蘭】

 室蘭を拠点に活動する社会人の演劇倶楽部「夢鯨人」の第14回公演が21日、市内輪西町の市民会館リハーサル室で開かれる。披露するのはコメディータッチの2人芝居「おニイさんもご一緒に」。公演は2年...

釧路新聞

「釧路大漁どんぱく」あすから2日間【釧路】

胆振東部地震による大規模停電の影響で順延となっていた「第15回釧路大漁どんぱく」が20日から2日間、釧路市観光国際交流センター前庭特設会場を中心に開催される。歌手松崎しげるさんのスペシャルライブ(...

室蘭民報

室蘭民報社・モルエ共催の新聞コンクール始まる【室蘭】

 室蘭民報社とモルエ中島(室蘭市中島本町)共催の第33回室蘭地方小、中学校新聞コンクール、第15回ぼくの・わたしのしんぶんコンクールの展示が17日からモルエ中島イベントスペースで始まった。児童...

室蘭民報

秋の彩り感じて、小原流室蘭支部が20、21日に花展

 小原流室蘭支部(水澤豊律支部長)の花展が20、21の両日、室蘭市中央町のスーパーアークス室蘭中央店3階で開かれる。秋の彩りを表現した多彩な作品で、来場者の目を楽しませる。  テーマは「花の...