北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「二つの東海道五拾三次」楽しむ 函館美術館で歌川広重特別展始まる【函館】

描き方が異なる2種の東海道五拾三次を楽しめる特別展

 江戸時代後期の浮世絵師歌川広重(1797~1858年)の版画を展示する特別展「歌川広重 二つの東海道五拾三次 江戸っ子たちの旅ログ!?」が5日、道立函館美術館で始まった。広重が最初に手掛けた1833年刊行の「保永堂版」と15年後に手掛けた「丸清版」を、大正期、現代の各宿場の写真と合わせて展示している。11月25日まで。

 江戸と京都を結んだ東海道は約495キロあり、53の宿場が設けられた。広重は20種以上の東海道シリーズを手掛けたとされ、展示した「五拾三次」は、各宿場と出発地の江戸・日本橋と到着地の京都・三条大橋を加えた55枚で構成する。当時、弥次さん、喜多さんで知られる十返舎一九の「東海道中膝栗毛」のヒットに端を発した旅ブームが起こった時期で、自宅にいながら東海道を旅することができる浮世絵も大人気となったという。

 開会式で堤邦雄館長があいさつした後、同館の星野靖隆学芸員が展示内容を解説。箱根について星野さんは「保永堂版は芦ノ湖を挟んだ富士山より大きく、切り立った山を描いて箱根の山の厳しさを表した。丸清版は旅する人々に焦点を当てている」などと話した。

 同館学芸員による展示解説は、6日と11月17、24日の各午後2時からも行われる。10月21日午後2時からはミュージアムコンサートとして箏曲美音和会主宰の箏奏者、宮崎加奈古さんらを招く。いずれも観覧券が必要で、料金は一般920円、高大生610円、小中生300円。問い合わせは同館(0138・56・6311)へ。

関連記事

室蘭民報

坂の魅力カレンダーに、市と工大写真部の制作進む【室蘭】

 室蘭市と室蘭工業大学写真部(山本奈央部長)は、2019年のカレンダー制作に取り組んでいる。室蘭市内の「坂」を題材に写真を撮り、まちの魅力を伝える“作品”完成を目指している。  市と同大の連携事...

室蘭民報

秋の味覚に笑顔、日鋼記念病院で炭火焼きサンマに栗ご飯【室蘭】

 旬の食材を味わってもらおうと、日鋼記念病院(柳谷晶仁院長)の緩和ケア病棟で19日、「秋の味覚を楽しむ会」が開かれた。入院患者や家族がサンマやきのこ汁など旬の味を堪能した。  痛みや不安を和ら...

十勝毎日新聞

写真家山下さん、バレエ「ティアラの会」に市民劇場賞【帯広】

 帯広市民劇場運営委員会(金子章委員長)は22日、今年度の市民劇場賞受賞者を発表した。市民劇場賞は写真の山下僚さん(69)と洋舞の市民バレエ「ティアラの会」(前塚典子会長)。功労賞は郷土史の嶺野...

十勝毎日新聞

新得の「酒蔵」部門賞 チーズアワード【東京】

 国産のナチュラルチーズを審査・表彰する「ジャパンチーズアワード2018」(NPO法人チーズプロフェッショナル協会主催)が21日、都内の大崎ブライトコアホールで開かれた。十勝からは8工房が自慢の...

十勝毎日新聞

宮本氏の椅子作り学ぶ 「家具塾」十勝で初開催【帯広】

 建築家や家具デザイナー、職人などが家具について学ぶ「家具塾」が20日、帯広市内のミネルバ十勝で開かれた。家具制作のミネルバ(東京)の宮本茂紀代表が手掛けた椅子について学んだ。  家具塾は20...