北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

新米4銘柄を食べ比べ 関係者ら試食会、味に自信【北斗】

18年産新米4銘柄を食べ比べコメのおいしさを味わった試食会

 【北斗】2018年産新米の試食会(JA新はこだて主催)が5日、函館育ちライスターミナルで開かれた。道南産ブランド米「ふっくりんこ」など4銘柄を食べ比べ、銘柄ごとにおいしく育ったコメの出来栄えに、関係者らが満足の表情を浮かべた。

 今年の管内の水稲作柄について、渡島農業改良普及センターの辻敏昭さんは「6月から低温や長雨に悩まされ、初期成育に停滞が見られたものの、生育速度については平年並みだった」と説明。「収量がやや落ちた分、食味に期待していただきたい」と述べた。

 食べ比べでは、ふっくりんこにきたくりん、ななつぼし、他県産コシヒカリの4銘柄を伏せて試食し、おいしさや色艶、香りや粘りなどを5段階で評価。各銘柄とも高い評価を獲得し、このうちふっくりんこはおいしさや白さ、粘りで特に高い評価を得ていた。

 JA新はこだての輪島桂組合長は「(ふっくりんこは)低たんぱくの域をわずかながら保てている」とし、おいしさに自信を見せた。ホクレン函館支所パールライス販売課の堀口宏二課長も「ふっくりんこが今年で15周年を迎えるのを積極的にPRし、道南の皆さんに食べて応援いただけるよう取り組んでいく」と話していた。

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...