北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

アイヌ伝説の岩崩落【平取】

堤体から見た“熊の姿岩”のある対岸の景観

【平取】沙流川の二風谷ダム対岸にあるアイヌ民族の伝説の岩として知られる「ウカエロシキ(熊の姿岩)」が、9月6日の胆振東部地震で崩落した。国指定の重要文化的景観の構成要素として文化的価値の高い存在だけに、同町は「自然災害とはいえ、非常に残念」と落胆の色を隠せない。

 ウカエロシキは、沙流川流域のアイヌ文化を今に伝える景観として、2007年に国指定文化財の重要文化的景観のひとつとなった。

 今回の被害をうけて町教委は、文化庁など関係機関と協議し、景観変更の手続きを進める考えだ。

ダム管理所左の案内板

 沙流川左岸、ダム管理所の左端に設置されている案内板には「大昔、オキクルミカムイという神様が弓矢を持って狩りに出かけました。山を歩いていると親子三頭連れの熊を見つけ、さっそく矢を向けました。すると、その親子熊はさっさと逃げ始めて、いくらオキクルミが追いかけても追いつきません。腹を立てたオキクルミは“神である私の矢を受けようともせず逃げるのなら、走っている姿をそのまま岩にしてやる”と言いました。すると今まで走っていた三頭の親子熊はあっという間に岩になってしまったということです。」

 「春先から秋まで草や木の葉がある時は別として、木の葉の無い季節に熊の姿岩の右後方から見ると、熊の姿そっくりそのままです。特に三頭のうちの一番うしろの熊は、頭の部分、鼻、口、耳、背中、後足の裏まではっきり分かります。これほどはっきりと熊に似た形の岩は、道内には他にないでしょう」(出典:二風谷の地名)―と記され、同町の“いにしえ”のロマンを今に伝える町の人気スポットのひとつになっていた。

 町立二風谷アイヌ文化博物館の森岡健治館長は「崩れたのはとても残念だが、仕方がない。以前の姿を伝えながら、災害の記憶する場として守っていくことも重要だと思う」と話し、広域災害をもたらした地震はアイヌ文化にも打撃を与えた。

関連記事

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...

十勝毎日新聞

ジュエリーアイス早くも「上陸」【豊頃】

 豊頃町大津の海岸一帯で15日朝、氷塊「ジュエリーアイス」が多数打ち上げられた。例年年明けの1~2月によく見られ、ジュエリーアイスの名付け親でこの日も現地を訪れた帯広の浦島久さん(65)は「少量...

十勝毎日新聞

街に活気 いきなり1等!「全市連合」抽選【帯広】

 帯広商工会議所(高橋勝坦会頭)主催の「年末全市連合大売出し2018」の抽選会場は、クリスマスや年末の買い物に訪れた来店客でにぎわった。  会場は藤丸やイオン帯広店など14カ所。参加店での買い...

室蘭民報

大西さんの死悼む、鈴木新党大地代表【室蘭】

 新党大地西胆振支部長、大西武俊(おおにし・たけとし)氏が13日午後11時2分、心不全のため搬送先の病院で死去した。自宅は室蘭市中島町2・29・20。49歳。士幌町出身。通夜は16日午後6時から...

室蘭民報

「山漬け」うま味満点、室蘭漁協がきょうから限定販売【室蘭】

 室蘭で水揚げしたサケの「山漬け」が今年も出来上がり、室蘭漁業協同組合(室村吉信組合長)が15日から、350本限定で販売する。脂が乗り、うま味がぎゅっと詰まった逸品に仕上がっている。  産卵期...