北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

アイヌ伝説の岩崩落【平取】

堤体から見た“熊の姿岩”のある対岸の景観

【平取】沙流川の二風谷ダム対岸にあるアイヌ民族の伝説の岩として知られる「ウカエロシキ(熊の姿岩)」が、9月6日の胆振東部地震で崩落した。国指定の重要文化的景観の構成要素として文化的価値の高い存在だけに、同町は「自然災害とはいえ、非常に残念」と落胆の色を隠せない。

 ウカエロシキは、沙流川流域のアイヌ文化を今に伝える景観として、2007年に国指定文化財の重要文化的景観のひとつとなった。

 今回の被害をうけて町教委は、文化庁など関係機関と協議し、景観変更の手続きを進める考えだ。

ダム管理所左の案内板

 沙流川左岸、ダム管理所の左端に設置されている案内板には「大昔、オキクルミカムイという神様が弓矢を持って狩りに出かけました。山を歩いていると親子三頭連れの熊を見つけ、さっそく矢を向けました。すると、その親子熊はさっさと逃げ始めて、いくらオキクルミが追いかけても追いつきません。腹を立てたオキクルミは“神である私の矢を受けようともせず逃げるのなら、走っている姿をそのまま岩にしてやる”と言いました。すると今まで走っていた三頭の親子熊はあっという間に岩になってしまったということです。」

 「春先から秋まで草や木の葉がある時は別として、木の葉の無い季節に熊の姿岩の右後方から見ると、熊の姿そっくりそのままです。特に三頭のうちの一番うしろの熊は、頭の部分、鼻、口、耳、背中、後足の裏まではっきり分かります。これほどはっきりと熊に似た形の岩は、道内には他にないでしょう」(出典:二風谷の地名)―と記され、同町の“いにしえ”のロマンを今に伝える町の人気スポットのひとつになっていた。

 町立二風谷アイヌ文化博物館の森岡健治館長は「崩れたのはとても残念だが、仕方がない。以前の姿を伝えながら、災害の記憶する場として守っていくことも重要だと思う」と話し、広域災害をもたらした地震はアイヌ文化にも打撃を与えた。

関連記事

日高報知新聞

木質バイオマス増産に向け

 急増する木質バイオマス資源の需要拡大をにらみ、日高振興局と日高地域木質バイオマス資源利用推進協議会(事務局・ひだか南森林組合、小野哲弘会長)、王子木材緑化(本社・東京、大原寛信社長)の3者は1...

日高報知新聞

平取ダム早期完成の決起大会【平取】

【平取】平取ダム建設事業の早期完成を求める総決起大会が18日夜、ふれあいセンターびらとりで開かれ、町民ら約70人が参加し決議文を採択した。  主催者の川上満平取町長と鈴木修二町議会議長が、平成15年8...

根室新聞

酪農後継者ら 全道優秀賞の受賞を報告【根室】

 平成30年度北海道青年農業者会議のプロジェクト発表で優秀賞を受賞した酪農後継者の学習グループ・根室市4Hクラブ(山岸伸也会長、9人)が19日、根室市役所を訪れ、石垣雅敏市長に受賞を報告した。酪農後...

根室新聞

ユルリを考える会 島の近況を報告 25日から写真展を開催【根室】

 根室・落石地区と幻の島ユルリを考える会(田嶋靖照会長、会員65人)は19日、石垣雅敏市長を訪ねて、ユルリ島への移入馬の近況報告を含めた島の環境保全に関する活動状況を報告した。移入馬3頭については専...

根室新聞

「後継者の入会呼び掛けを促進」水晶会が総会開く【根室】

 北方領土歯舞群島の水晶島元島民と後継者で組織する根室水晶会(柏原榮会長)は17日、根室グランドホテルで平年31年度総会を開き、新年度の事業計画を決めるとともに、会長に柏原榮さんを再選した。  ...