北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

アイヌ伝説の岩崩落【平取】

堤体から見た“熊の姿岩”のある対岸の景観

【平取】沙流川の二風谷ダム対岸にあるアイヌ民族の伝説の岩として知られる「ウカエロシキ(熊の姿岩)」が、9月6日の胆振東部地震で崩落した。国指定の重要文化的景観の構成要素として文化的価値の高い存在だけに、同町は「自然災害とはいえ、非常に残念」と落胆の色を隠せない。

 ウカエロシキは、沙流川流域のアイヌ文化を今に伝える景観として、2007年に国指定文化財の重要文化的景観のひとつとなった。

 今回の被害をうけて町教委は、文化庁など関係機関と協議し、景観変更の手続きを進める考えだ。

ダム管理所左の案内板

 沙流川左岸、ダム管理所の左端に設置されている案内板には「大昔、オキクルミカムイという神様が弓矢を持って狩りに出かけました。山を歩いていると親子三頭連れの熊を見つけ、さっそく矢を向けました。すると、その親子熊はさっさと逃げ始めて、いくらオキクルミが追いかけても追いつきません。腹を立てたオキクルミは“神である私の矢を受けようともせず逃げるのなら、走っている姿をそのまま岩にしてやる”と言いました。すると今まで走っていた三頭の親子熊はあっという間に岩になってしまったということです。」

 「春先から秋まで草や木の葉がある時は別として、木の葉の無い季節に熊の姿岩の右後方から見ると、熊の姿そっくりそのままです。特に三頭のうちの一番うしろの熊は、頭の部分、鼻、口、耳、背中、後足の裏まではっきり分かります。これほどはっきりと熊に似た形の岩は、道内には他にないでしょう」(出典:二風谷の地名)―と記され、同町の“いにしえ”のロマンを今に伝える町の人気スポットのひとつになっていた。

 町立二風谷アイヌ文化博物館の森岡健治館長は「崩れたのはとても残念だが、仕方がない。以前の姿を伝えながら、災害の記憶する場として守っていくことも重要だと思う」と話し、広域災害をもたらした地震はアイヌ文化にも打撃を与えた。

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...