北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

空自千歳基地警備犬のシシマルに防衛大臣褒賞 胆振東部地震被災地で不明者発見に貢献

不明者発見に貢献したシシマルと、左から内山さん、山下さん

 胆振東部地震で被災した厚真町で不明者の捜索に当たった、航空自衛隊千歳基地の警備犬シシマル号が防衛大臣褒賞を受賞した。シシマルは地震発生の9月6日から9日まで、厚真町の吉野地区で活動し、不明者1人の発見に貢献。5日に褒賞状の伝達式が行われ、警備犬管理班の隊員らは「訓練の成果を生かせた」などと振り返った。

 警備犬は基地の守りなどに活動する「装備品」の位置付け。犬によって得意な分野は異なり、日頃から嗅覚(きゅうかく)で物を嗅ぎつけるなどの訓練、不審者を制圧する襲撃訓練などをこなしている。シシマルはジャーマンシェパードの雄3歳で、特に捜索活動が得意。厚真町での災害派遣には、全国各地の空自から警備犬9匹が選抜され、千歳基地からはシシマルが唯一参加した。

 警備犬は地震が発生した9月6日から厚真町に入り、最後の不明者が発見された9日まで、嗅覚を頼りに捜索活動に当たった。家屋などが土砂で埋もれた地域をくまなく回り、不明者がいるとみられる地点で合図を出し、9匹で3人の発見に貢献した。シシマルはハンドラーの内山英明3曹(27)、ハンドラー兼助手の山下修基(なおき)3曹(29)と吉野地区で活動し、1人の発見に携わった。

 シシマルが被災地で活動するのは初めて。内山さんは「最初は環境が変わっておびえた様子だった」と率直に振り返りつつ、「すぐに環境に慣れてくれた。積極的ににおいを嗅いで活動してくれた」と目を細める。山下さんも「徐々に自信を付けてくれた」と評価し、2人で「結果につながってよかった」と胸をなで下ろした。

 大臣褒賞は9月26日付けで全9匹に贈られ、小野寺五典前防衛大臣から「ご褒美」としてドッグフードのプレゼントも。5日に寺崎隆行基地司令が2人とシシマルに伝達し、「訓練の成果がいかんなく発揮された。私からも感謝したい」と訓示。シシマルも隊員手作りのメダルを首から提げられ、誇らしげな表情を見せていた。

関連記事

十勝毎日新聞

冬の使者が飛来 畑でゆったり羽休め【十勝】

 秋が深まる中、「冬の使者」とされるハクチョウが十勝地方に飛来している。緑が残る畑で、雪を思わせるような純白の羽を休めている。  ハクチョウは越冬のため、ロシア極東などから十勝に飛来。多くは...

十勝毎日新聞

畑中さん石倉さん優秀賞 昆虫寄生菌を研究 帯畜大【帯広】

 第13回昆虫病理研究会シンポジウム(9月、山梨県富士吉田市)で、帯広畜産大学の学生2人が学生優秀発表賞を受賞した。いずれも昆虫寄生菌に関する研究で、病原体を媒介する蚊や農作物に被害を及ぼすコ...

十勝毎日新聞

開拓者の功績 1冊に 88人紹介の書籍発行【十勝】

 郷土史を伝える「とかち史談会」(上野敏郎代表)は、十勝開拓に貢献した88人に焦点を当てた書籍「十勝を拓(ひら)いた人々」を発行した。北海道の名付け親でアイヌ政策に執着した松浦武四郎の歩みなどが紹...

函館新聞

橋美智也さんの遺品1000点、北斗市に里帰り 11月4日に公開【北斗】

 【北斗】市(旧上磯町峩朗)出身で、昭和のスター歌手、三橋美智也さん(1930~96年)の1000点以上に及ぶ遺品が、三橋美智也音楽事務所(大阪市)から市に寄贈されることとなり、今月8日、...

函館新聞

今年もうまい酒に 「函館奉行」酒米を稲刈り【函館】

函館の地酒「函館奉行」の原料となる酒米「吟風(ぎんぷう)」の稲刈りと新酒醸造祈願祭が20日、市内米原町であった。黄金色に染まった水田に生産者ら約10人が集まり、銘酒誕生を祈願しながら作業に...