北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

空自千歳基地警備犬のシシマルに防衛大臣褒賞 胆振東部地震被災地で不明者発見に貢献

不明者発見に貢献したシシマルと、左から内山さん、山下さん

 胆振東部地震で被災した厚真町で不明者の捜索に当たった、航空自衛隊千歳基地の警備犬シシマル号が防衛大臣褒賞を受賞した。シシマルは地震発生の9月6日から9日まで、厚真町の吉野地区で活動し、不明者1人の発見に貢献。5日に褒賞状の伝達式が行われ、警備犬管理班の隊員らは「訓練の成果を生かせた」などと振り返った。

 警備犬は基地の守りなどに活動する「装備品」の位置付け。犬によって得意な分野は異なり、日頃から嗅覚(きゅうかく)で物を嗅ぎつけるなどの訓練、不審者を制圧する襲撃訓練などをこなしている。シシマルはジャーマンシェパードの雄3歳で、特に捜索活動が得意。厚真町での災害派遣には、全国各地の空自から警備犬9匹が選抜され、千歳基地からはシシマルが唯一参加した。

 警備犬は地震が発生した9月6日から厚真町に入り、最後の不明者が発見された9日まで、嗅覚を頼りに捜索活動に当たった。家屋などが土砂で埋もれた地域をくまなく回り、不明者がいるとみられる地点で合図を出し、9匹で3人の発見に貢献した。シシマルはハンドラーの内山英明3曹(27)、ハンドラー兼助手の山下修基(なおき)3曹(29)と吉野地区で活動し、1人の発見に携わった。

 シシマルが被災地で活動するのは初めて。内山さんは「最初は環境が変わっておびえた様子だった」と率直に振り返りつつ、「すぐに環境に慣れてくれた。積極的ににおいを嗅いで活動してくれた」と目を細める。山下さんも「徐々に自信を付けてくれた」と評価し、2人で「結果につながってよかった」と胸をなで下ろした。

 大臣褒賞は9月26日付けで全9匹に贈られ、小野寺五典前防衛大臣から「ご褒美」としてドッグフードのプレゼントも。5日に寺崎隆行基地司令が2人とシシマルに伝達し、「訓練の成果がいかんなく発揮された。私からも感謝したい」と訓示。シシマルも隊員手作りのメダルを首から提げられ、誇らしげな表情を見せていた。

関連記事

函館新聞

日本文化紹介に協力を 来年2月コスタリカのイベントに向けクラウドファンデ..

 中米コスタリカ・アテナス市の文化大使を務める函館市在住の田中桜子さん(59)が、アテナス市で開かれる日本文化を紹介するイベント「コスタリカ―ジャパン・ピースフェスティバル」(来年2月15~17日...

函館新聞

代替食で生徒安心 巴中の食物アレルギー対応給食【函館】

 今年4月に開校した函館巴中学校(佐竹聡校長)は、市立小中学校で唯一の食物アレルギー対応給食を行っている。10月から開始しており、6日には、2年生の男子生徒1人にタコを使ったハンバーグの代替食と...

日高報知新聞

2つの部活に活動資金【新ひだか】

【新ひだか】静内ライオンズクラブ(末崎泰将会長)のクリスマス家族会が8日夜、静内エクリプスホテルで開かれ、席上、青少年健全育成事業として静内高校の吹奏楽部と書道部へ活動資金として各7万5000円を...

日高報知新聞

現場診断で対策協議【平取】

【平取】3日にワゴン車同士の正面衝突で同乗の女性2人が死亡した町内荷菜の国道237号の交通事故現場で10日、門別警察署(田村厚己署長)が「現場診断」を行った。  門別署の片岡正治地域・交通課長が「...

苫小牧民報

民族共生象徴空間の愛称は「ウポポイ」に 札幌、白老、室蘭で500日前セレ..

 2020年4月24日に白老町でオープンする「民族共生象徴空間」の開設500日前カウントダウンセレモニー(道主催)が11日、札幌市中央区のホテルで開かれ、政府が全国から一般投票を受け付けた象徴空...