北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

閉塞感を吹き飛ばせ おいしいフェスタにぎわう【函館】

ハスカップゼリーやチーズなど胆振・日高管内の特産品が並んだ応援コーナー

胆振東部地震で沈むまちに元気を取り戻そうと、函館市は6日、はこだてグリーンプラザと太陽パーキングで「はこだておいしいフェスタ」を開いた。地震の影響で「はこだてグルメサーカス2018」など市内イベントの中止が相次いだことを受け、市が代替イベントとして初めて企画。5回目の「函館いか祭り」(実行委主催)も同時開催し、多くの人たちが道南の味覚を楽しんだ。

 台風25号から変わった温帯低気圧が接近するため、当初予定していた2日間の日程を変更し、両イベントとも7日は中止する。

 物販・マルシェゾーンには、地震で被災した胆振・日高管内の応援コーナーを設け、厚真町のハスカップゼリーや平取町の和牛カレー、むかわ町のチーズなど6市町の15品目を販売。両管内18市町の観光パンフレットも並んだ。

 苫小牧市政策推進課の上林孝治さん(35)と吉田帆南美さん(27)も駆け付け、吉田さんは「地震被害のマイナスイメージが大きいため、客足は遠のいたまま。着実に復旧復興に向かっているので、ぜひ遊びに来てほしい。特産品の購入も被災地の支援になる」と呼び掛けた。募金箱も設置し、多くの義援金が寄せられた。

 飲食・イベントゾーンには、函館を中心に北斗や七飯、木古内、松前のグルメ25店舗が出店。家族3人で訪れた函館市青柳町の主婦福原歩美さん(28)は「函館はイベントが少ないので、子どもと一緒に外に出掛けられるいい機会だと思って来た。いろいろな食べ物が1カ所で味わえるのがいいですね」と笑顔を見せていた。

 また、いか祭りは朝捕れたてのスルメイカ100箱(1箱8匹入り)が販売開始10分で完売するなど、市内外からの来場客でにぎわった。

関連記事

函館新聞

住民の思い受け止めて 大間訴訟の会・竹田代表 11日に控訴審第1回弁論【..

 函館市の市民団体、大間原発訴訟の会(竹田とし子代表)が、電源開発(東京)が建設中の大間原発の建設・運転差し止めを求める訴訟の控訴審は11日、札幌高裁で初回の口頭弁論を迎える。法廷で意見陳述する...

函館新聞

函館で今冬初の真冬日 積雪15センチ越えで除雪車も【函館】

 冬型の気圧配置が強まった影響で、8日の道南は各地で気温が下がり断続的な雪となった。函館では最高気温が氷点下となり、今季初の真冬日となった。函館の真冬日の初日は昨年より8日遅かった。日中の最低気...

日高報知新聞

日ハム松本剛選手が指導【新ひだか】

【新ひだか】北海道日本ハムファイターズ新ひだか後援会(折手裕一会長)主催の野球教室が4日、静内体育館で開かれ、町内3野球少年団の小学生がファイターズの松本剛選手(25)と元一軍投手コーチの芝草宇宙さ...

日高報知新聞

「にいかっぷキッチン」オープン【新冠】

【新冠】道の駅「サラブレッドロード新冠」に隣接する農協ストア跡地に7日、町内の青果・コンブ、生肉、鮮魚、パン・スイーツの4店舗による商業施設「にいかっぷキッチン」がオープンした。あいにくの大雪の中...

苫小牧民報

「朝ラー」静かな人気 セットメニューも提供-味の大王総本店

 苫小牧市植苗の「味の大王総本店」が始めた、午前7時からラーメンを提供する「朝ラー」が静かな人気となっている。深夜、早朝時間帯に働く人を中心に注文が増えており、高橋浩一社長は「朝にラーメンを食べ...