北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

レストラン「ホーム」休業へ 市民に愛される洋食老舗【帯広】

 帯広市内で46年にわたり営業し、経済人や文化人らにも愛されてきた洋食レストラン「ホーム」(西2南9、六花亭本店ビル2階)が11日から長期休業に入る。オーナーシェフの井出智宏さん(86)が、高齢のため店から身を引くことを決めたため。井出さんは「ここまで続けられるとは思わなかった。お客さまに育ててもらい、自分は幸せ者」と60年に上る料理人としての歩みを振り返る。

厨房に立ち、「多くの人との出会いに感謝」と話す井出さん

 井出さんは長野県南佐久郡生まれ。終戦後に国民学校高等科を終え、開拓農民として茨城県に向かう予定だったが、偶然、生家を訪れていた札幌のおじに誘われ、「おじさんのそばで働けるなら」と16歳で移住。もう1人のおじが営んでいた定山渓の章月旅館(現・章月グランドホテル)で番頭見習いとなり、調理場の手伝いを務めたことから料理の道に入った。

 旅館には当時、真駒内の進駐軍が家族を連れて訪れることが多く、洋食の需要が急増。若手だった井出さんに白羽の矢が立ち、札幌の老舗レストラン「コックドール」で修業を積むことになった。

 その後、山崎多美也氏(後の全日本司厨士協会帯広支部長、故人)から誘いを受け、洋食レストラン「ドラゴン」の立ち上げに加わるため帯広へ。1972年に独立し、西2南10で「洋食のホーム」を開業した。ステーキやポークチャップなど確かな味が話題を呼び、店は繁盛。山崎氏の長女で妻の智恵子さん(81)と二人三脚で切り盛りし、明け方近くまで働く多忙な日々を過ごした。

 89年、六花亭製菓の小田豊社長(当時)に請われ、現在の場所に移転。新店舗は、経済人や文化人が主だったそれまでの客層から一変し、女性客が中心になった。味へのこだわりを保ちながらも新メニューを取り入れ、時代の変化に合わせて工夫を重ねてきた。

 休日もデミグラスソースに手を入れるなど、片時も料理から離れることのない生活を続けてきたが、自身も高齢を迎え、店での仕事に区切りを付けることを決めた。長女の宏子さん(58)もシェフとして厨房(ちゅうぼう)に立ち、親子でもり立ててきたが、現在のところ再開の見通しは立っていないという。

 井出さんは「やれることはやり切り、満足。お客さまにうちの味を覚えていていただければ幸せ」と笑顔で話す。道全調理師会副理事長や全日本司厨士協会帯広支部常任相談役など要職にも就いており、今後も道や十勝の料理界を支えていく。

関連記事

十勝毎日新聞

冬の使者が飛来 畑でゆったり羽休め【十勝】

 秋が深まる中、「冬の使者」とされるハクチョウが十勝地方に飛来している。緑が残る畑で、雪を思わせるような純白の羽を休めている。  ハクチョウは越冬のため、ロシア極東などから十勝に飛来。多くは...

十勝毎日新聞

畑中さん石倉さん優秀賞 昆虫寄生菌を研究 帯畜大【帯広】

 第13回昆虫病理研究会シンポジウム(9月、山梨県富士吉田市)で、帯広畜産大学の学生2人が学生優秀発表賞を受賞した。いずれも昆虫寄生菌に関する研究で、病原体を媒介する蚊や農作物に被害を及ぼすコ...

十勝毎日新聞

開拓者の功績 1冊に 88人紹介の書籍発行【十勝】

 郷土史を伝える「とかち史談会」(上野敏郎代表)は、十勝開拓に貢献した88人に焦点を当てた書籍「十勝を拓(ひら)いた人々」を発行した。北海道の名付け親でアイヌ政策に執着した松浦武四郎の歩みなどが紹...

函館新聞

橋美智也さんの遺品1000点、北斗市に里帰り 11月4日に公開【北斗】

 【北斗】市(旧上磯町峩朗)出身で、昭和のスター歌手、三橋美智也さん(1930~96年)の1000点以上に及ぶ遺品が、三橋美智也音楽事務所(大阪市)から市に寄贈されることとなり、今月8日、...

函館新聞

今年もうまい酒に 「函館奉行」酒米を稲刈り【函館】

函館の地酒「函館奉行」の原料となる酒米「吟風(ぎんぷう)」の稲刈りと新酒醸造祈願祭が20日、市内米原町であった。黄金色に染まった水田に生産者ら約10人が集まり、銘酒誕生を祈願しながら作業に...