北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「かんたき」町村で初 看護含めた複合的な介護施設【広尾】

 5月にオープンした介護施設「ケアハウス グランパラン HIROO」(広尾町丸山通北4)が今月、十勝の町村では初めての「看護小規模多機能型居宅介護施設(通称かんたき)」となった。看護師5人体制で医療的なケアや訪問看護を行い、施設への通い、短期滞在を組み合わせ、高齢化する地域社会を支えるサービスを充実させる。

訪問や医療的ケアに当たる5人の看護師。右は矢木社長、左は土屋さん

 かんたきは、看護を含めた複合的な介護を受けられる。広尾の同施設は同名の運営会社を所在地に設立し、矢木唯さん(28)が社長を務める。帯広市在住の矢木さんは、2011年から母で看護師の奈緒美さんと訪問入浴介護事業所「ケアハウス グランドペアレント」(帯広)を運営している。

 広尾での施設新設のきっかけとなったのは、管理者を務める町内の看護師土屋絢子さん(40)との出会い。9月まで町立国保病院に勤務した土屋さんは、担当していた訪問看護に地域のニーズを感じ充実させたいと考えていたが、これまではかなわなかった。

 訪問介護で町を訪れていた矢木さん親子と知り合い、「一緒にやろう」と呼び掛けたところ、訪問看護の必要性で一致。5月に木造平屋約1100平方メートルの新施設を稼働させた。

 施設の開設後も土屋さんは町立病院で働き続けながら、訪問看護の利用者を引き継ぎ、他の医療機関の患者にも対応できるよう準備を進めた。10月から介護職員15人に加え、土屋さんを含め看護師5人体制に。訪問看護、デイサービス(通所)、ショートステイを同じ職員が担当するため、土屋さんは「利用者の状態に合わせて対応でき、安心して利用しやすいのでは」と話す。

 土屋さんによると、町内には希望する施設への入居待ちや長期入院の人もいる中、訪問看護で在宅での「みとり」ができる可能性もある。「これなら家で最期までみられると、家族が思える場合もある。利用者さんや家族にとって選択肢が増える」という。

 併設する訪問看護ステーションは、「地域の懸け橋に」との思いを込めて「にじ」と名付けた。土屋さんは「医療的な相談も気軽にしてほしい」とし、矢木さんは「訪問入浴も知られていなかったが、だんだんと認知されてきた。訪問看護もこれから町内で知ってもらえれば」と話している。

<看護小規模多機能型居宅介護施設>
 看護師、介護職員がおり、「通い」「泊まり」「訪問看護」などのサービスを一体化したケアを行う。終末期や認知症など医療支援が必要な利用者にも対応する。十勝総合振興局によると、管内では帯広市内に3カ所ある。

関連記事

十勝毎日新聞

冬の使者が飛来 畑でゆったり羽休め【十勝】

 秋が深まる中、「冬の使者」とされるハクチョウが十勝地方に飛来している。緑が残る畑で、雪を思わせるような純白の羽を休めている。  ハクチョウは越冬のため、ロシア極東などから十勝に飛来。多くは...

十勝毎日新聞

畑中さん石倉さん優秀賞 昆虫寄生菌を研究 帯畜大【帯広】

 第13回昆虫病理研究会シンポジウム(9月、山梨県富士吉田市)で、帯広畜産大学の学生2人が学生優秀発表賞を受賞した。いずれも昆虫寄生菌に関する研究で、病原体を媒介する蚊や農作物に被害を及ぼすコ...

十勝毎日新聞

開拓者の功績 1冊に 88人紹介の書籍発行【十勝】

 郷土史を伝える「とかち史談会」(上野敏郎代表)は、十勝開拓に貢献した88人に焦点を当てた書籍「十勝を拓(ひら)いた人々」を発行した。北海道の名付け親でアイヌ政策に執着した松浦武四郎の歩みなどが紹...

函館新聞

橋美智也さんの遺品1000点、北斗市に里帰り 11月4日に公開【北斗】

 【北斗】市(旧上磯町峩朗)出身で、昭和のスター歌手、三橋美智也さん(1930~96年)の1000点以上に及ぶ遺品が、三橋美智也音楽事務所(大阪市)から市に寄贈されることとなり、今月8日、...

函館新聞

今年もうまい酒に 「函館奉行」酒米を稲刈り【函館】

函館の地酒「函館奉行」の原料となる酒米「吟風(ぎんぷう)」の稲刈りと新酒醸造祈願祭が20日、市内米原町であった。黄金色に染まった水田に生産者ら約10人が集まり、銘酒誕生を祈願しながら作業に...