北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「かんたき」町村で初 看護含めた複合的な介護施設【広尾】

 5月にオープンした介護施設「ケアハウス グランパラン HIROO」(広尾町丸山通北4)が今月、十勝の町村では初めての「看護小規模多機能型居宅介護施設(通称かんたき)」となった。看護師5人体制で医療的なケアや訪問看護を行い、施設への通い、短期滞在を組み合わせ、高齢化する地域社会を支えるサービスを充実させる。

訪問や医療的ケアに当たる5人の看護師。右は矢木社長、左は土屋さん

 かんたきは、看護を含めた複合的な介護を受けられる。広尾の同施設は同名の運営会社を所在地に設立し、矢木唯さん(28)が社長を務める。帯広市在住の矢木さんは、2011年から母で看護師の奈緒美さんと訪問入浴介護事業所「ケアハウス グランドペアレント」(帯広)を運営している。

 広尾での施設新設のきっかけとなったのは、管理者を務める町内の看護師土屋絢子さん(40)との出会い。9月まで町立国保病院に勤務した土屋さんは、担当していた訪問看護に地域のニーズを感じ充実させたいと考えていたが、これまではかなわなかった。

 訪問介護で町を訪れていた矢木さん親子と知り合い、「一緒にやろう」と呼び掛けたところ、訪問看護の必要性で一致。5月に木造平屋約1100平方メートルの新施設を稼働させた。

 施設の開設後も土屋さんは町立病院で働き続けながら、訪問看護の利用者を引き継ぎ、他の医療機関の患者にも対応できるよう準備を進めた。10月から介護職員15人に加え、土屋さんを含め看護師5人体制に。訪問看護、デイサービス(通所)、ショートステイを同じ職員が担当するため、土屋さんは「利用者の状態に合わせて対応でき、安心して利用しやすいのでは」と話す。

 土屋さんによると、町内には希望する施設への入居待ちや長期入院の人もいる中、訪問看護で在宅での「みとり」ができる可能性もある。「これなら家で最期までみられると、家族が思える場合もある。利用者さんや家族にとって選択肢が増える」という。

 併設する訪問看護ステーションは、「地域の懸け橋に」との思いを込めて「にじ」と名付けた。土屋さんは「医療的な相談も気軽にしてほしい」とし、矢木さんは「訪問入浴も知られていなかったが、だんだんと認知されてきた。訪問看護もこれから町内で知ってもらえれば」と話している。

<看護小規模多機能型居宅介護施設>
 看護師、介護職員がおり、「通い」「泊まり」「訪問看護」などのサービスを一体化したケアを行う。終末期や認知症など医療支援が必要な利用者にも対応する。十勝総合振興局によると、管内では帯広市内に3カ所ある。

関連記事

函館新聞

日本文化紹介に協力を 来年2月コスタリカのイベントに向けクラウドファンデ..

 中米コスタリカ・アテナス市の文化大使を務める函館市在住の田中桜子さん(59)が、アテナス市で開かれる日本文化を紹介するイベント「コスタリカ―ジャパン・ピースフェスティバル」(来年2月15~17日...

函館新聞

代替食で生徒安心 巴中の食物アレルギー対応給食【函館】

 今年4月に開校した函館巴中学校(佐竹聡校長)は、市立小中学校で唯一の食物アレルギー対応給食を行っている。10月から開始しており、6日には、2年生の男子生徒1人にタコを使ったハンバーグの代替食と...

日高報知新聞

2つの部活に活動資金【新ひだか】

【新ひだか】静内ライオンズクラブ(末崎泰将会長)のクリスマス家族会が8日夜、静内エクリプスホテルで開かれ、席上、青少年健全育成事業として静内高校の吹奏楽部と書道部へ活動資金として各7万5000円を...

日高報知新聞

現場診断で対策協議【平取】

【平取】3日にワゴン車同士の正面衝突で同乗の女性2人が死亡した町内荷菜の国道237号の交通事故現場で10日、門別警察署(田村厚己署長)が「現場診断」を行った。  門別署の片岡正治地域・交通課長が「...

苫小牧民報

民族共生象徴空間の愛称は「ウポポイ」に 札幌、白老、室蘭で500日前セレ..

 2020年4月24日に白老町でオープンする「民族共生象徴空間」の開設500日前カウントダウンセレモニー(道主催)が11日、札幌市中央区のホテルで開かれ、政府が全国から一般投票を受け付けた象徴空...