北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

未来の乗り心地 自動運転バス試乗【上士幌】

役場敷地内をゆっくりと走行する自動運転バス

 自動運転バスの一般向けの試乗会が7日午前、町役場敷地内で開かれた。運転席やハンドルのない電気バスに乗りながら、最先端技術の乗り心地を体感した。

 AI(人工知能)などをテーマにした町の生涯学習講座「かみしほろ塾」の一環で実施した。

 バスはフランス製の「NAVYA ARMA」で12人乗り。トラストバンク(東京)が購入した。バスに搭載されたAIがGPS(全地球測位システム)を活用して現在地を把握。複数のカメラやセンサーが人や障害物を認知して進む。

 この日は役場敷地内の70メートルのL字型のコースを時速約4キロでゆっくりと走行。一番乗りとなった町内の小嶋亜紀さん(42)は「運転手がいないのにカーブを曲がれて不思議な感じがした。乗り心地もよかった」、長男(11)は「遠くまで行けたら楽しそう」と話していた。

 これに先立ち、車両のお披露目式も開かれ、トラストバンクの須永珠代社長が「ICT(情報通信技術)を活用したツールを上士幌を起点に各自治体に広めたい」、竹中貢町長は「交通弱者が自宅に閉じこもらず外出しやすくなる。(無人バスが)新しい時代の救世主になると確信している」とあいさつした。

関連記事

室蘭民報

登別室蘭JCがイルミ点灯、きらめく「らん蘭橋」【室蘭】

 登別室蘭青年会議所(登別室蘭JC、上村正人理事長)による「らん蘭橋イルミネーションプロジェクト」が20日夜、室蘭市中島町の「らん蘭橋」で行われた。計2万個の発光ダイオード(LED)が織りなす幻...

室蘭民報

室蘭でシルバーフェス、人気集める「円熟の技」【室蘭】

 室蘭市シルバー人材センター(山川明理事長)が主催する「2018シルバーフェスティバル」が20日、海岸町の旧室蘭駅舎で開かれ、包丁研ぎや表札製作の実演コーナー、陶芸や手芸の展示即売など、会員のき...

室蘭民報

アーニスで初の夕市、海の幸求め大にぎわい【登別】

 いぶり中央漁業協同組合水産物消費拡大推進事業実行委員会(委員長・松田嘉邦同漁協組合長)主催の夕市が19日、登別市中央町の登別中央ショッピングセンターアーニスで開かれ、新鮮な海の幸を求める買い物...

室蘭民報

食育レストラン・Eスプーンで麹の魅力学ぶ【伊達】

 日本古来の発酵食品である麹(こうじ)を老舗の造り酒屋に学ぶ観光企画が20日、伊達市梅本町のだて歴史の杜食育センターの食育レストラン・Eスプーンであった。健康や美容に関心が高い市内外の女性16人...

室蘭民報

室蘭言泉学園が被災地支援、継続派遣望む声多く【室蘭】

 胆振地方でグループホームなどの福祉施設を運営する室蘭市母恋北町の室蘭言泉学園(菅野登一郎理事長)。胆振東部地震の被災地(厚真町、安平町)支援のため、継続的に職員を派遣している。これまでの派遣人...