北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

未来の乗り心地 自動運転バス試乗【上士幌】

役場敷地内をゆっくりと走行する自動運転バス

 自動運転バスの一般向けの試乗会が7日午前、町役場敷地内で開かれた。運転席やハンドルのない電気バスに乗りながら、最先端技術の乗り心地を体感した。

 AI(人工知能)などをテーマにした町の生涯学習講座「かみしほろ塾」の一環で実施した。

 バスはフランス製の「NAVYA ARMA」で12人乗り。トラストバンク(東京)が購入した。バスに搭載されたAIがGPS(全地球測位システム)を活用して現在地を把握。複数のカメラやセンサーが人や障害物を認知して進む。

 この日は役場敷地内の70メートルのL字型のコースを時速約4キロでゆっくりと走行。一番乗りとなった町内の小嶋亜紀さん(42)は「運転手がいないのにカーブを曲がれて不思議な感じがした。乗り心地もよかった」、長男(11)は「遠くまで行けたら楽しそう」と話していた。

 これに先立ち、車両のお披露目式も開かれ、トラストバンクの須永珠代社長が「ICT(情報通信技術)を活用したツールを上士幌を起点に各自治体に広めたい」、竹中貢町長は「交通弱者が自宅に閉じこもらず外出しやすくなる。(無人バスが)新しい時代の救世主になると確信している」とあいさつした。

関連記事

根室新聞

北方領土の語り部育成 後継者が元島民の体験語る【根室】

 千島歯舞諸島居住者連盟根室支部(宮谷内亮一支部長)は15日、千島会館で後継者語り部育成事業を開催し、歯舞群島・勇留島2世の米屋聡さん(59)と国後島2世の野潟龍彦さん(67)が、元島民から聞いた島で...

根室新聞

室根より「おいしいこんぶ ありがとうございました」【根室】

 逆さ地名が縁で岩手県一関市室根町と交流する「根室・室根交流の会」(志和秀春会長)のもとへ、室根の保育施設から「昆布の絵手紙」が届いた。特産品交流で送っていた昆布のお礼ということで、ちぎり絵で...

根室新聞

「初年度に手応え」カキ養殖へ試験継続【根室】

 歯舞漁協の23部会でつくる歯舞水産物ブランド化推進協議会(小杉和美会長)は、トーサムポロ沼でカキ養殖に取り組んでいる。1年目の昨年は歯舞こんぶ祭りなどイベントで販売を行っており、今後も養殖試験を...

根室新聞

商店街に歓声響く「下町スライダー」大盛況【根室】

 雪で作った全長50メートルの巨大滑り台が17日、緑町商店街を歩行者天国にして設置され、迫力満点の“冬の遊び”に歓声を上げる約1,000人の親子連れでにぎわった。イベントは根室商工会議所青年部創陽クラブ(...

日高報知新聞

管内で新たに4人を認定【浦河】

 道が認定する木育を普及させる専門家「木育マイスター」の平成30年度認定証交付式が14日、浦河町常盤町の日高振興局森林室で行われ、新たに4人が認定証の交付を受けた。  木育マイスターは、森や木工...