北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

1次産業の復興へ決意 むかわ・竹中喜之町長-胆振東部地震

むかわ・竹中喜之町長

―むかわ町も甚大な被害に遭った胆振東部地震をどのように受け止めているか

 「4300世帯8300人の町民が大なり小なり被害を受けた。地震の前日に台風21号があり、その調査も終わらぬうちに、立て続けに地震が起きた。インフラをはじめ町の復旧は進みつつあるが、相次ぐ余震で不安を抱えている方々はまだ多くいる」

―復旧、復興に向けた取り組みや課題は

 「住み慣れた住宅が地震で全壊、半壊など被害に遭った町民は多く、そうした人たちの住居確保が極めて重要だ。町内では仮設住宅の建設が進んでいるが、被災者が安心して暮らせるようサポートしていきたい。さらに、これからは被災者の生活再建への支援が必要だと考えている。このため、生活再建に関する情報などをハンドブックにまとめて必要な方に配布しているところだ。福祉的な取り組み強化も重要だ。また、今も避難所生活を続けている方がおり、ストレス障害などへの対応も大切。今回の地震で町民からさまざまな不安の声を聞く。町民の皆さんが一日も早く日常生活に戻れるよう取り組んでいきたい」

―1次産業の被害も大きかったが、町としてどう支援していくか

 「今回の地震で農業や林業など町の基幹産業である1次産業が被災した。被害状況の調査も進めており、1次産業を復興していかなければならないと強く思っている。こうした中でむかわ特産のシシャモの漁が始まった。これを足掛かりに町が復興し元気になっていけば。豊漁を期待しており、全国にむかわ町の元気を発信していきたい」

―町民へのメッセージを

 「大きな地震で被災したという現実から、町民の皆さんの協力を得ながら、この町の復旧、復興への歩みを着実に進めていきたいと考えている。被災した方々の課題、地域経済、地域社会の問題の解消に取り組んでいく。町内外からたくさんの人の力を借りながら、未来に向けて子供たちが誇れるようむかわ町の新しい価値づくりに努めたいと思っている」

関連記事

室蘭民報

アーニスで初の夕市、海の幸求め大にぎわい【登別】

 いぶり中央漁業協同組合水産物消費拡大推進事業実行委員会(委員長・松田嘉邦同漁協組合長)主催の夕市が19日、登別市中央町の登別中央ショッピングセンターアーニスで開かれ、新鮮な海の幸を求める買い物...

室蘭民報

食育レストラン・Eスプーンで麹の魅力学ぶ【伊達】

 日本古来の発酵食品である麹(こうじ)を老舗の造り酒屋に学ぶ観光企画が20日、伊達市梅本町のだて歴史の杜食育センターの食育レストラン・Eスプーンであった。健康や美容に関心が高い市内外の女性16人...

室蘭民報

室蘭言泉学園が被災地支援、継続派遣望む声多く【室蘭】

 胆振地方でグループホームなどの福祉施設を運営する室蘭市母恋北町の室蘭言泉学園(菅野登一郎理事長)。胆振東部地震の被災地(厚真町、安平町)支援のため、継続的に職員を派遣している。これまでの派遣人...

室蘭民報

坂の魅力カレンダーに、市と工大写真部の制作進む【室蘭】

 室蘭市と室蘭工業大学写真部(山本奈央部長)は、2019年のカレンダー制作に取り組んでいる。室蘭市内の「坂」を題材に写真を撮り、まちの魅力を伝える“作品”完成を目指している。  市と同大の連携事...

室蘭民報

秋の味覚に笑顔、日鋼記念病院で炭火焼きサンマに栗ご飯【室蘭】

 旬の食材を味わってもらおうと、日鋼記念病院(柳谷晶仁院長)の緩和ケア病棟で19日、「秋の味覚を楽しむ会」が開かれた。入院患者や家族がサンマやきのこ汁など旬の味を堪能した。  痛みや不安を和ら...