北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

コスプレ  十勝熱く 「解放区」に6000人【帯広】

銀のテープが発射され、フィナーレを迎えた十勝コスプレ解放区

 道東最大級のサブカルチャーイベント「十勝コスプレ解放区」(十勝毎日新聞社主催)が8日、帯広市内の十勝山永祥寺を主会場に開かれた。アニメやゲームのキャラクターになりきったコスプレイヤーたちの写真撮影会に加え、主会場を含む市内3カ所のイベント会場では音楽ライブ、ファミリー向けの催しなども行われ、コスプレイヤーやカメラマン、家族連れなど約6000人がサブカルチャー文化を楽しんだ。

 サブカルチャー文化の発信で地域貢献につなげようと初めて開催。当初は7、8の2日間開催の予定だったが、台風25号の影響でイベントを8日の1日間に短縮して行われた。

 JR帯広駅北側の夢の北広場、北洋銀行帯広ビル跡地がイベント会場として、十勝千年の森やニッタクス十勝工場などが撮影会場として、コスプレイヤーらに“解放”された。

 主会場の永祥寺では、アニソンカラオケ大会や粘土教室、人気アニソン歌手の黒崎真音さんのライブなどが行われ、十勝をイメージした「豊穣(ほうじょう)の女神」がテーマの「雪ミク」もお披露目された。閉会式では参加者らに来年の開催決定も伝えられ、盛況のうちに幕を閉じた。

 釧路市から参加した20代のゆりぃさんは人気アニメ「ラブライブ!」に登場するキャラクターの絢瀬絵里のコスプレで参加。「十勝のいろんなロケーションで写真を撮るのが楽しかった。来年以降も続いてほしい」と話していた。

 7日夜には市内の十勝農園で前夜祭のオフミーティングが開かれ、北海道出身の人気コスプレイヤーのコノミアキラさんのトークショーなどで盛り上がった。

開墾の祖 依田勉三もコスプレ?
 帯広開墾の先駆けとなった晩成社の依田勉三は、静岡県松崎町から1883(明治16)年に帯広に入る前、乞食(こじき)の衣装に身を包んだ仮装の写真を撮ったことが知られる。みのをまとい、ぼろぼろの服装で地べたに座った風貌は現代で言えばコスプレの一種=写真。勉三はそのキャラクターになりきることで、いわば、すべてを失っても開拓事業を成し遂げるという決意を表現した。

 折しも、8日帯広を中心に展開した十勝コスプレ解放区のオリジナルキャラクターは「ヨダナルミ」。勉三をモチーフに、十勝では初めての本格的なコスプレイベントを、不屈の開拓者精神で成功させようとの思いを込めた。

 「ますらおが心定めし北の海、風吹かば吹け波立たばたて」。勉三は開拓の決意を歌に詠んだ。初回のイベントはひとまず成功、次なる種もまいた。小樽など道内各都市が同様イベントに取り組む中、勉三のように苦難を乗り越え、十勝地域をサブカルチャー・イベントの“メッカ”に育てていけるか試されるとも言えそう。

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...