北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

厚真町へ義援金10万円【新ひだか】

【新ひだか】新ひだか、新冠両町の若者グループ「静内GOOD VIBES」(富岡大貴代表)が4日、町を通じて胆振東部地震の義援金として胆振管内厚真町へ10万円を寄付した。

 静内GOOD VIBES(グッド・ヴァイブス=英語で「良い感じ」の意味)は、10年来の付き合いがある飲食業や建設業、農業、漁業に携わる異業種の20~40歳代の男女13人で構成。

 静内吉野町1でスープカレーとバーの店「スパイス・タイガー」を経営する富岡さんらメンバーは、地震発生当日の9月6日に飲食物を救援物資として厚真町へ届けたのを皮切りに、管内飲食店や宿泊施設責任者などで構成する「HIDAKAおもてなし部会」とともに、地震の被害が大きかった厚真、むかわ両町の小学校で炊き出しボランティアを実施したり、安平町へ食料を届けたりと1週間にわたって活動。

 9月21~23日には静内神社駐車場で胆振東部地震チャリティーイベントを開催し、飲食物を提供して売り上げから義援金を捻出した。

 この日はメンバー8人が役場静内庁舎を訪れ、富岡さんが大野克之町長へ義援金を手渡した。ボランティア活動に参加するため、予定していた海外旅行をキャンセルしたメンバーもいたそうで、富岡さんは「東日本大震災のときのように困っている人がたくさんいたので、近くの町の人たちが助けなければと思った」とし、義援金については「みんなで楽しく、笑顔で集めたお金なので、被災地の方が笑顔になれるような使い方をしてもらえたら」と話していた。

 大野町長は「皆さんがこういう活動をしていることを知って大変驚いた。この町にこんな人たちがいるということを逆にありがたく思う。損得抜きに活動ができる気持ちは大事なことなので、もっといろいろな場面でその輪を広げてもらえたら」と感謝していた。

大野町長(右から4人目)に義援金を手渡す富岡さん(左隣)ら静内GOOD VIBESのメンバー

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...