北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

厚真町へ義援金10万円【新ひだか】

【新ひだか】新ひだか、新冠両町の若者グループ「静内GOOD VIBES」(富岡大貴代表)が4日、町を通じて胆振東部地震の義援金として胆振管内厚真町へ10万円を寄付した。

 静内GOOD VIBES(グッド・ヴァイブス=英語で「良い感じ」の意味)は、10年来の付き合いがある飲食業や建設業、農業、漁業に携わる異業種の20~40歳代の男女13人で構成。

 静内吉野町1でスープカレーとバーの店「スパイス・タイガー」を経営する富岡さんらメンバーは、地震発生当日の9月6日に飲食物を救援物資として厚真町へ届けたのを皮切りに、管内飲食店や宿泊施設責任者などで構成する「HIDAKAおもてなし部会」とともに、地震の被害が大きかった厚真、むかわ両町の小学校で炊き出しボランティアを実施したり、安平町へ食料を届けたりと1週間にわたって活動。

 9月21~23日には静内神社駐車場で胆振東部地震チャリティーイベントを開催し、飲食物を提供して売り上げから義援金を捻出した。

 この日はメンバー8人が役場静内庁舎を訪れ、富岡さんが大野克之町長へ義援金を手渡した。ボランティア活動に参加するため、予定していた海外旅行をキャンセルしたメンバーもいたそうで、富岡さんは「東日本大震災のときのように困っている人がたくさんいたので、近くの町の人たちが助けなければと思った」とし、義援金については「みんなで楽しく、笑顔で集めたお金なので、被災地の方が笑顔になれるような使い方をしてもらえたら」と話していた。

 大野町長は「皆さんがこういう活動をしていることを知って大変驚いた。この町にこんな人たちがいるということを逆にありがたく思う。損得抜きに活動ができる気持ちは大事なことなので、もっといろいろな場面でその輪を広げてもらえたら」と感謝していた。

大野町長(右から4人目)に義援金を手渡す富岡さん(左隣)ら静内GOOD VIBESのメンバー

関連記事

室蘭民報

ホッキ2千袋が完売、漁港イベントにぎわう【苫小牧】

 漁獲量日本一の特産品・ホッキ貝をPRするイベント「第8回苫小牧漁港ホッキまつり」が21日、苫小牧港西港漁港区で開かれた。青空が広がる絶好のイベント日和に、市内外から多くの家族連れや買い物客が詰...

室蘭民報

室民本社主催の新聞コン表彰式、充実紙面に高い評価【室蘭】

 室蘭民報社、モルエ中島(室蘭市中島本町)共催の第33回室蘭地方小、中学校新聞コンクール、第15回ぼくの・わたしのしんぶんコンクールの表彰式が21日、モルエ中島で開かれた。各賞に選ばれた児童、生...

室蘭民報

全国高校サッカー北海道大会で大谷室蘭が全国逃す【札幌】

 第97回全国高校サッカー選手権大会北海道大会は21日、札幌厚別公園競技場で決勝が行われた。大谷室蘭は3連覇を狙う旭川実業に1―2で逆転負けを喫し、2年連続の準優勝に終わった。快進撃を続けたイレブ...

室蘭民報

室民杯ママさんバレーで伊達東が笑顔のV2サイン【伊達】

 第10回室蘭民報社杯ママさんバレーボール大会(室蘭民報社主催、伊達市バレーボール協会主管)が21日、伊達市総合体育館(市内松ヶ枝町)であった。昨年より3チーム多い11チームが熱戦を繰り広げた...

室蘭民報

登別温泉旅館組合が胆振東部地震の被災住民を招待【登別】

 被災者に登別が誇る温泉でくつろいでもらい、震災に伴う心身の疲労を取り除いてほしい―とバス会社3社と旅行会社のJTBの協力を得て実現した。  被災者の20人はバスで同日午後0時半ごろ登別温泉に到...