北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

厚真町へ義援金10万円【新ひだか】

【新ひだか】新ひだか、新冠両町の若者グループ「静内GOOD VIBES」(富岡大貴代表)が4日、町を通じて胆振東部地震の義援金として胆振管内厚真町へ10万円を寄付した。

 静内GOOD VIBES(グッド・ヴァイブス=英語で「良い感じ」の意味)は、10年来の付き合いがある飲食業や建設業、農業、漁業に携わる異業種の20~40歳代の男女13人で構成。

 静内吉野町1でスープカレーとバーの店「スパイス・タイガー」を経営する富岡さんらメンバーは、地震発生当日の9月6日に飲食物を救援物資として厚真町へ届けたのを皮切りに、管内飲食店や宿泊施設責任者などで構成する「HIDAKAおもてなし部会」とともに、地震の被害が大きかった厚真、むかわ両町の小学校で炊き出しボランティアを実施したり、安平町へ食料を届けたりと1週間にわたって活動。

 9月21~23日には静内神社駐車場で胆振東部地震チャリティーイベントを開催し、飲食物を提供して売り上げから義援金を捻出した。

 この日はメンバー8人が役場静内庁舎を訪れ、富岡さんが大野克之町長へ義援金を手渡した。ボランティア活動に参加するため、予定していた海外旅行をキャンセルしたメンバーもいたそうで、富岡さんは「東日本大震災のときのように困っている人がたくさんいたので、近くの町の人たちが助けなければと思った」とし、義援金については「みんなで楽しく、笑顔で集めたお金なので、被災地の方が笑顔になれるような使い方をしてもらえたら」と話していた。

 大野町長は「皆さんがこういう活動をしていることを知って大変驚いた。この町にこんな人たちがいるということを逆にありがたく思う。損得抜きに活動ができる気持ちは大事なことなので、もっといろいろな場面でその輪を広げてもらえたら」と感謝していた。

大野町長(右から4人目)に義援金を手渡す富岡さん(左隣)ら静内GOOD VIBESのメンバー

関連記事

根室新聞

北方領土の語り部育成 後継者が元島民の体験語る【根室】

 千島歯舞諸島居住者連盟根室支部(宮谷内亮一支部長)は15日、千島会館で後継者語り部育成事業を開催し、歯舞群島・勇留島2世の米屋聡さん(59)と国後島2世の野潟龍彦さん(67)が、元島民から聞いた島で...

根室新聞

室根より「おいしいこんぶ ありがとうございました」【根室】

 逆さ地名が縁で岩手県一関市室根町と交流する「根室・室根交流の会」(志和秀春会長)のもとへ、室根の保育施設から「昆布の絵手紙」が届いた。特産品交流で送っていた昆布のお礼ということで、ちぎり絵で...

根室新聞

「初年度に手応え」カキ養殖へ試験継続【根室】

 歯舞漁協の23部会でつくる歯舞水産物ブランド化推進協議会(小杉和美会長)は、トーサムポロ沼でカキ養殖に取り組んでいる。1年目の昨年は歯舞こんぶ祭りなどイベントで販売を行っており、今後も養殖試験を...

根室新聞

商店街に歓声響く「下町スライダー」大盛況【根室】

 雪で作った全長50メートルの巨大滑り台が17日、緑町商店街を歩行者天国にして設置され、迫力満点の“冬の遊び”に歓声を上げる約1,000人の親子連れでにぎわった。イベントは根室商工会議所青年部創陽クラブ(...

日高報知新聞

管内で新たに4人を認定【浦河】

 道が認定する木育を普及させる専門家「木育マイスター」の平成30年度認定証交付式が14日、浦河町常盤町の日高振興局森林室で行われ、新たに4人が認定証の交付を受けた。  木育マイスターは、森や木工...