北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館港に内航コンテナ船初入港 定期航路化へ試験輸送【函館】

ゆうあから陸揚げしたコンテナを運ぶクレーン車

 総合物流会社「鈴与」(静岡市)の内航コンテナ船「ゆうあ」(749トン)が函館港に初入港し、8日に港町埠頭(ふとう)コンテナヤードで荷役(船荷の揚げ降ろし)作業が行われた。函館港は韓国・釜山航路の外航コンテナ船が週に1回就航しているが、初の内航コンテナ船による荷役となった。市は内航コンテナ貨物輸送の需要を調査した上で、本州との定期航路開設につなげる考えだ。

 今回はトライアル輸送の位置付けで寄港、40フィートコンテナを11コンテナ(約20トン)積んで3日に清水港を出航した。運んだのは廃プラスチックで、荷主は明らかにしていない。ゆうあは最大57コンテナを積載できるという。

 同社は、ゆうあと「清岳丸」の2隻の内航船を所有。8月~来年2月にトライアル輸送を行い、東日本は函館港を皮切りに大船渡港、八戸港へ寄港予定。西日本は徳山、大分、門司港へ定期就航している。内航船の運航にあたっては、国の補助を受けている。

 国内の貨物輸送は、トラックドライバー不足の問題やJRの災害復旧に時間を要することもあり、海上コンテナ輸送に注目が集まっている。函館市も2016年に東京で物流面の誘致に向け「函館港セミナー」を開くなど、ポートセールスに力を注いできた。

 同社は、千葉県市原市と静岡県清水市に危険物や産業廃棄物のコンテナ保管が可能なコンテナヤードを持っており、今後、道内に産廃系のセメント原料の輸送も目指している。

 この日は同社社員や市職員が見守る中、接岸時の安全性やクレーンの能力などを確かめた。同社袖師埠頭事業部の山下哲哉部長は「問題がなければ、年内にも月1回の定期就航を実現したい。函館は官民ともに協力体制が整っているのが強み」と意欲を示した。市港湾空港部は「クルーズ船寄港が増えており、岸壁の使用調整という課題はあるが、貨物量が増えれば函館港の活性化につながる」と期待する。

関連記事

函館新聞

住民の思い受け止めて 大間訴訟の会・竹田代表 11日に控訴審第1回弁論【..

 函館市の市民団体、大間原発訴訟の会(竹田とし子代表)が、電源開発(東京)が建設中の大間原発の建設・運転差し止めを求める訴訟の控訴審は11日、札幌高裁で初回の口頭弁論を迎える。法廷で意見陳述する...

函館新聞

函館で今冬初の真冬日 積雪15センチ越えで除雪車も【函館】

 冬型の気圧配置が強まった影響で、8日の道南は各地で気温が下がり断続的な雪となった。函館では最高気温が氷点下となり、今季初の真冬日となった。函館の真冬日の初日は昨年より8日遅かった。日中の最低気...

日高報知新聞

日ハム松本剛選手が指導【新ひだか】

【新ひだか】北海道日本ハムファイターズ新ひだか後援会(折手裕一会長)主催の野球教室が4日、静内体育館で開かれ、町内3野球少年団の小学生がファイターズの松本剛選手(25)と元一軍投手コーチの芝草宇宙さ...

日高報知新聞

「にいかっぷキッチン」オープン【新冠】

【新冠】道の駅「サラブレッドロード新冠」に隣接する農協ストア跡地に7日、町内の青果・コンブ、生肉、鮮魚、パン・スイーツの4店舗による商業施設「にいかっぷキッチン」がオープンした。あいにくの大雪の中...

苫小牧民報

「朝ラー」静かな人気 セットメニューも提供-味の大王総本店

 苫小牧市植苗の「味の大王総本店」が始めた、午前7時からラーメンを提供する「朝ラー」が静かな人気となっている。深夜、早朝時間帯に働く人を中心に注文が増えており、高橋浩一社長は「朝にラーメンを食べ...