北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館港に内航コンテナ船初入港 定期航路化へ試験輸送【函館】

ゆうあから陸揚げしたコンテナを運ぶクレーン車

 総合物流会社「鈴与」(静岡市)の内航コンテナ船「ゆうあ」(749トン)が函館港に初入港し、8日に港町埠頭(ふとう)コンテナヤードで荷役(船荷の揚げ降ろし)作業が行われた。函館港は韓国・釜山航路の外航コンテナ船が週に1回就航しているが、初の内航コンテナ船による荷役となった。市は内航コンテナ貨物輸送の需要を調査した上で、本州との定期航路開設につなげる考えだ。

 今回はトライアル輸送の位置付けで寄港、40フィートコンテナを11コンテナ(約20トン)積んで3日に清水港を出航した。運んだのは廃プラスチックで、荷主は明らかにしていない。ゆうあは最大57コンテナを積載できるという。

 同社は、ゆうあと「清岳丸」の2隻の内航船を所有。8月~来年2月にトライアル輸送を行い、東日本は函館港を皮切りに大船渡港、八戸港へ寄港予定。西日本は徳山、大分、門司港へ定期就航している。内航船の運航にあたっては、国の補助を受けている。

 国内の貨物輸送は、トラックドライバー不足の問題やJRの災害復旧に時間を要することもあり、海上コンテナ輸送に注目が集まっている。函館市も2016年に東京で物流面の誘致に向け「函館港セミナー」を開くなど、ポートセールスに力を注いできた。

 同社は、千葉県市原市と静岡県清水市に危険物や産業廃棄物のコンテナ保管が可能なコンテナヤードを持っており、今後、道内に産廃系のセメント原料の輸送も目指している。

 この日は同社社員や市職員が見守る中、接岸時の安全性やクレーンの能力などを確かめた。同社袖師埠頭事業部の山下哲哉部長は「問題がなければ、年内にも月1回の定期就航を実現したい。函館は官民ともに協力体制が整っているのが強み」と意欲を示した。市港湾空港部は「クルーズ船寄港が増えており、岸壁の使用調整という課題はあるが、貨物量が増えれば函館港の活性化につながる」と期待する。

関連記事

日高報知新聞

木質バイオマス増産に向け

 急増する木質バイオマス資源の需要拡大をにらみ、日高振興局と日高地域木質バイオマス資源利用推進協議会(事務局・ひだか南森林組合、小野哲弘会長)、王子木材緑化(本社・東京、大原寛信社長)の3者は1...

日高報知新聞

平取ダム早期完成の決起大会【平取】

【平取】平取ダム建設事業の早期完成を求める総決起大会が18日夜、ふれあいセンターびらとりで開かれ、町民ら約70人が参加し決議文を採択した。  主催者の川上満平取町長と鈴木修二町議会議長が、平成15年8...

根室新聞

酪農後継者ら 全道優秀賞の受賞を報告【根室】

 平成30年度北海道青年農業者会議のプロジェクト発表で優秀賞を受賞した酪農後継者の学習グループ・根室市4Hクラブ(山岸伸也会長、9人)が19日、根室市役所を訪れ、石垣雅敏市長に受賞を報告した。酪農後...

根室新聞

ユルリを考える会 島の近況を報告 25日から写真展を開催【根室】

 根室・落石地区と幻の島ユルリを考える会(田嶋靖照会長、会員65人)は19日、石垣雅敏市長を訪ねて、ユルリ島への移入馬の近況報告を含めた島の環境保全に関する活動状況を報告した。移入馬3頭については専...

根室新聞

「後継者の入会呼び掛けを促進」水晶会が総会開く【根室】

 北方領土歯舞群島の水晶島元島民と後継者で組織する根室水晶会(柏原榮会長)は17日、根室グランドホテルで平年31年度総会を開き、新年度の事業計画を決めるとともに、会長に柏原榮さんを再選した。  ...