北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「ホワイトガールズ」へ応援歌 函館出身かんばやしまなぶさん、競輪場で初披露【函館】

熱唱してホワイトガールズを応援するかんばやしさん

 函館市出身で、とまこまい観光大使を務めるシンガーソングライターのかんばやしまなぶさん(42=苫小牧市在住)が8日、函館市などがプロの競輪選手を育てる「ホワイトガールズプロジェクト」の選手たちのために作詞、作曲した応援歌「ホワイトガールズ(WGP)」を函館競輪場1階ロビーで初披露した。

 かんばやしさんは函大付属有斗高校卒業後、苫小牧に移住。プロ選手として苫小牧を離れる田中将大投手にエールと感謝を込めた歌や、競馬のGI(Jpn1)で10勝を挙げたホッコータルマエ号の応援歌を作り、CD発売するなど活動の場を広げてきた。

 同プロジェクト1期生の三尾那央子選手(31)=函館市出身=と、寺井えりか選手(26)=紋別市出身=が今年プロデビューを迎え、市営函館競輪からの応援歌作成依頼を快諾した。デビュー時に競輪場に足を運び、レースを観戦。「2人の姿を見て自然と詞が湧いてきた」とかんばやしさん。実際に目にして感じた思いや、「ジャン」「踏み込んで」など競輪に関連した言葉を曲に込めた。

 2人のデビューから約2カ月後の9月中旬にCDとして完成し、今季函館最後のガールズ開催となった「道南いさり火鉄道杯争奪戦」(7~9日)で披露。第2日の8日に寺井選手が臨んだ第7レース後に競輪ファンの前で熱唱したかんばやしさんは「活躍を願っています。頑張れホワイトガールズ」とマイクを片手に締めくくった。

 間近で聞いた三尾選手は「自分の応援歌ができるとは思っていなかった。すてきな曲で、競輪用語も入っているので熱くなる。うれしい」と感謝した。かんばやしさんは「こん身の応援歌。たくさんの人に聞いてもらい、函館競輪に足を運んでほしい」と話していた。

 CDは「WGP」を含む2曲を収録。価格1000円で、同競輪場などで販売している。

関連記事

室蘭民報

輪西八条アトリエのものづくりイベント好評【室蘭】

 ボルト人形ボルタを生み出したNPO法人テツプロ(塩澤尚志理事長)は21日、室蘭市輪西町の輪西八条アトリエでものづくりをテーマにしたイベントを開いた。訪れた親子連れが椅子や銅板バッジなどの手作り...

室蘭民報

ホッキ2千袋が完売、漁港イベントにぎわう【苫小牧】

 漁獲量日本一の特産品・ホッキ貝をPRするイベント「第8回苫小牧漁港ホッキまつり」が21日、苫小牧港西港漁港区で開かれた。青空が広がる絶好のイベント日和に、市内外から多くの家族連れや買い物客が詰...

室蘭民報

室民本社主催の新聞コン表彰式、充実紙面に高い評価【室蘭】

 室蘭民報社、モルエ中島(室蘭市中島本町)共催の第33回室蘭地方小、中学校新聞コンクール、第15回ぼくの・わたしのしんぶんコンクールの表彰式が21日、モルエ中島で開かれた。各賞に選ばれた児童、生...

室蘭民報

全国高校サッカー北海道大会で大谷室蘭が全国逃す【札幌】

 第97回全国高校サッカー選手権大会北海道大会は21日、札幌厚別公園競技場で決勝が行われた。大谷室蘭は3連覇を狙う旭川実業に1―2で逆転負けを喫し、2年連続の準優勝に終わった。快進撃を続けたイレブ...

室蘭民報

室民杯ママさんバレーで伊達東が笑顔のV2サイン【伊達】

 第10回室蘭民報社杯ママさんバレーボール大会(室蘭民報社主催、伊達市バレーボール協会主管)が21日、伊達市総合体育館(市内松ヶ枝町)であった。昨年より3チーム多い11チームが熱戦を繰り広げた...