北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「ホワイトガールズ」へ応援歌 函館出身かんばやしまなぶさん、競輪場で初披露【函館】

熱唱してホワイトガールズを応援するかんばやしさん

 函館市出身で、とまこまい観光大使を務めるシンガーソングライターのかんばやしまなぶさん(42=苫小牧市在住)が8日、函館市などがプロの競輪選手を育てる「ホワイトガールズプロジェクト」の選手たちのために作詞、作曲した応援歌「ホワイトガールズ(WGP)」を函館競輪場1階ロビーで初披露した。

 かんばやしさんは函大付属有斗高校卒業後、苫小牧に移住。プロ選手として苫小牧を離れる田中将大投手にエールと感謝を込めた歌や、競馬のGI(Jpn1)で10勝を挙げたホッコータルマエ号の応援歌を作り、CD発売するなど活動の場を広げてきた。

 同プロジェクト1期生の三尾那央子選手(31)=函館市出身=と、寺井えりか選手(26)=紋別市出身=が今年プロデビューを迎え、市営函館競輪からの応援歌作成依頼を快諾した。デビュー時に競輪場に足を運び、レースを観戦。「2人の姿を見て自然と詞が湧いてきた」とかんばやしさん。実際に目にして感じた思いや、「ジャン」「踏み込んで」など競輪に関連した言葉を曲に込めた。

 2人のデビューから約2カ月後の9月中旬にCDとして完成し、今季函館最後のガールズ開催となった「道南いさり火鉄道杯争奪戦」(7~9日)で披露。第2日の8日に寺井選手が臨んだ第7レース後に競輪ファンの前で熱唱したかんばやしさんは「活躍を願っています。頑張れホワイトガールズ」とマイクを片手に締めくくった。

 間近で聞いた三尾選手は「自分の応援歌ができるとは思っていなかった。すてきな曲で、競輪用語も入っているので熱くなる。うれしい」と感謝した。かんばやしさんは「こん身の応援歌。たくさんの人に聞いてもらい、函館競輪に足を運んでほしい」と話していた。

 CDは「WGP」を含む2曲を収録。価格1000円で、同競輪場などで販売している。

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...