北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「ホワイトガールズ」へ応援歌 函館出身かんばやしまなぶさん、競輪場で初披露【函館】

熱唱してホワイトガールズを応援するかんばやしさん

 函館市出身で、とまこまい観光大使を務めるシンガーソングライターのかんばやしまなぶさん(42=苫小牧市在住)が8日、函館市などがプロの競輪選手を育てる「ホワイトガールズプロジェクト」の選手たちのために作詞、作曲した応援歌「ホワイトガールズ(WGP)」を函館競輪場1階ロビーで初披露した。

 かんばやしさんは函大付属有斗高校卒業後、苫小牧に移住。プロ選手として苫小牧を離れる田中将大投手にエールと感謝を込めた歌や、競馬のGI(Jpn1)で10勝を挙げたホッコータルマエ号の応援歌を作り、CD発売するなど活動の場を広げてきた。

 同プロジェクト1期生の三尾那央子選手(31)=函館市出身=と、寺井えりか選手(26)=紋別市出身=が今年プロデビューを迎え、市営函館競輪からの応援歌作成依頼を快諾した。デビュー時に競輪場に足を運び、レースを観戦。「2人の姿を見て自然と詞が湧いてきた」とかんばやしさん。実際に目にして感じた思いや、「ジャン」「踏み込んで」など競輪に関連した言葉を曲に込めた。

 2人のデビューから約2カ月後の9月中旬にCDとして完成し、今季函館最後のガールズ開催となった「道南いさり火鉄道杯争奪戦」(7~9日)で披露。第2日の8日に寺井選手が臨んだ第7レース後に競輪ファンの前で熱唱したかんばやしさんは「活躍を願っています。頑張れホワイトガールズ」とマイクを片手に締めくくった。

 間近で聞いた三尾選手は「自分の応援歌ができるとは思っていなかった。すてきな曲で、競輪用語も入っているので熱くなる。うれしい」と感謝した。かんばやしさんは「こん身の応援歌。たくさんの人に聞いてもらい、函館競輪に足を運んでほしい」と話していた。

 CDは「WGP」を含む2曲を収録。価格1000円で、同競輪場などで販売している。

関連記事

日高報知新聞

木質バイオマス増産に向け

 急増する木質バイオマス資源の需要拡大をにらみ、日高振興局と日高地域木質バイオマス資源利用推進協議会(事務局・ひだか南森林組合、小野哲弘会長)、王子木材緑化(本社・東京、大原寛信社長)の3者は1...

日高報知新聞

平取ダム早期完成の決起大会【平取】

【平取】平取ダム建設事業の早期完成を求める総決起大会が18日夜、ふれあいセンターびらとりで開かれ、町民ら約70人が参加し決議文を採択した。  主催者の川上満平取町長と鈴木修二町議会議長が、平成15年8...

根室新聞

酪農後継者ら 全道優秀賞の受賞を報告【根室】

 平成30年度北海道青年農業者会議のプロジェクト発表で優秀賞を受賞した酪農後継者の学習グループ・根室市4Hクラブ(山岸伸也会長、9人)が19日、根室市役所を訪れ、石垣雅敏市長に受賞を報告した。酪農後...

根室新聞

ユルリを考える会 島の近況を報告 25日から写真展を開催【根室】

 根室・落石地区と幻の島ユルリを考える会(田嶋靖照会長、会員65人)は19日、石垣雅敏市長を訪ねて、ユルリ島への移入馬の近況報告を含めた島の環境保全に関する活動状況を報告した。移入馬3頭については専...

根室新聞

「後継者の入会呼び掛けを促進」水晶会が総会開く【根室】

 北方領土歯舞群島の水晶島元島民と後継者で組織する根室水晶会(柏原榮会長)は17日、根室グランドホテルで平年31年度総会を開き、新年度の事業計画を決めるとともに、会長に柏原榮さんを再選した。  ...