北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「ホワイトガールズ」へ応援歌 函館出身かんばやしまなぶさん、競輪場で初披露【函館】

熱唱してホワイトガールズを応援するかんばやしさん

 函館市出身で、とまこまい観光大使を務めるシンガーソングライターのかんばやしまなぶさん(42=苫小牧市在住)が8日、函館市などがプロの競輪選手を育てる「ホワイトガールズプロジェクト」の選手たちのために作詞、作曲した応援歌「ホワイトガールズ(WGP)」を函館競輪場1階ロビーで初披露した。

 かんばやしさんは函大付属有斗高校卒業後、苫小牧に移住。プロ選手として苫小牧を離れる田中将大投手にエールと感謝を込めた歌や、競馬のGI(Jpn1)で10勝を挙げたホッコータルマエ号の応援歌を作り、CD発売するなど活動の場を広げてきた。

 同プロジェクト1期生の三尾那央子選手(31)=函館市出身=と、寺井えりか選手(26)=紋別市出身=が今年プロデビューを迎え、市営函館競輪からの応援歌作成依頼を快諾した。デビュー時に競輪場に足を運び、レースを観戦。「2人の姿を見て自然と詞が湧いてきた」とかんばやしさん。実際に目にして感じた思いや、「ジャン」「踏み込んで」など競輪に関連した言葉を曲に込めた。

 2人のデビューから約2カ月後の9月中旬にCDとして完成し、今季函館最後のガールズ開催となった「道南いさり火鉄道杯争奪戦」(7~9日)で披露。第2日の8日に寺井選手が臨んだ第7レース後に競輪ファンの前で熱唱したかんばやしさんは「活躍を願っています。頑張れホワイトガールズ」とマイクを片手に締めくくった。

 間近で聞いた三尾選手は「自分の応援歌ができるとは思っていなかった。すてきな曲で、競輪用語も入っているので熱くなる。うれしい」と感謝した。かんばやしさんは「こん身の応援歌。たくさんの人に聞いてもらい、函館競輪に足を運んでほしい」と話していた。

 CDは「WGP」を含む2曲を収録。価格1000円で、同競輪場などで販売している。

関連記事

室蘭民報

成道会講演会で釈迦の教え伝える【室蘭】

 室蘭仏教会(会長・飯尾哲也證誠寺住職)主催の第10回成道会講演会が8日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれた。圓照寺(木古内町)の仁禮秀嗣住職が釈迦(しゃか)の教えを通して人生に大切なことは何か...

室蘭民報

柔道スポーツ少年団・五十嵐が全道3冠目【伊達】

 伊達柔道スポーツ少年団(高橋清代表)の五十嵐大陸(伊達中2年)が、第9回十勝カップ秋季柔道大会(新得町)の個人戦中2の部で優勝した。今年は全道大会で3冠。最高の結果で2018年を締めくくり、...

室蘭民報

手作り講座で和気あいあい健康おせち【伊達】

 料理教室や健康に関するミニ講座「食育・健康ウィーク」の「簡単!手作りおせち」が8日、伊達市梅本町の食育センターで開かれ、参加した市民ら約20人がお手軽レシピを学んだ。  食と健康を結び付け...

室蘭民報

ようやく冬将軍到来、冬物商戦が本格化【室蘭】

 室蘭地方は12月に入り、ようやく冬の寒さが到来。室蘭市内のホームセンターや衣料品店では、除雪用品やストーブ、コートやニットなどの品ぞろえが充実し、冬支度をする市民が買い求めている。各店舗に売...

室蘭民報

Xマスリース講座が人気、北RCが初企画【室蘭】

 室蘭北ロータリークラブ広報委員会(加藤栄吉委員長)が主催するリース作り講座が6日夜、市内中島町のほんまビルで行われ、会員や家族たちが、クリスマスリース作りに挑戦した。  会員の家族にもRC...