北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「十勝パン」食べてね 普及目指し23日試食会【十勝】

 十勝管内のパン職人らでつくる「十勝パンを創る会」(会長・中島将好旭屋商店代表、8店)は、6年がかりで開発した十勝産小麦100%のオリジナルパン「オドゥブレ十勝」の普及拡大に力を入れる。支援団体「十勝パンを食べる会」(坂口琴美サポーター代表)と協力して23日、飲食店の活用メニュー例の試食会を開き、飲食店向けに安価での卸売り対応も行う。

「オドゥブレ十勝」を使ったサンドなどを前に普及に意気込む(左から)坂口代表と天方事務局長

 オドゥブレはフランス語で「小麦の水」。長時間発酵パン「チャバタ」をベースに、小麦はキタノカオリを使用。

 通常の食パンが小麦の60~70%の水分量なのに対し、オドゥブレ十勝は115%で、「創る会」の天方慎治事務局長(満寿屋商店地産地消部長)は「生地の扱いは正直難しいが、製品としてはみずみずしく、もちもち感をより引き出せた」とする。

 4月の完成以来、基本レシピに基づき、両店を含む管内4店で製造・販売。満寿屋商店では各種サンドでも販売し、従来のチャバタに比べ、多いときで5倍が出るという。ただ、飲食店のメニューとして活用されたケースはまだない。

 23日の試食会は午後6時半から帯広市内のホテルヌプカ(西2南10)で開く。ヌプカで11月から提供する同パンを使った「エッグベネディクト」のほか、市内の中華店やカフェなどが考案した活用メニューが食べられる。

 先着20人で参加費は1人3500円(1ドリンク付き)。申し込みは食べる会のフェイスブックで。

 飲食店向けには来月から2カ月間、安価販売する。天方事務局長とホテルヌプカを経営する坂口代表は「ご飯のように毎日食べられる本当においしいパン。多くの人に知ってほしい」とPRしている。

 問い合わせは、試食会が食べる会事務局の都鳥真之さん(090・8429・8183)、飲食店は天方事務局長(080・5598・5931)へ。

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...