北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

新たな10年へ大会宣言【様似】

【様似】第9回日本ジオパーク全国大会アポイ岳(北海道様似町)大会は7日、午後からパネルディスカッションのあと、実行委員長の坂下一幸様似町長が新たな10年の指針となる大会宣言を行い閉会した。

大会宣言する実行委員長の坂下様似町長

 大会は貴重な地質遺産の全国44(うちユネスコ世界ジオパーク9)のジオパークを持つ市町村・地域から約600人が参加し、6日に開幕。世界ジオパークネットワーク協会のニコラス・ゾウロス会長(ギリシャ・エーゲ大学教授)の基調講演や「ジオパークが担う減災・防災活動」など8つの分科会などでこれから目指すべき理念や方向性について学び議論した。

 7日は引き続き分科会と、北海道150年を記念し千葉大教授の中川裕さんが「アイヌ語から見えるアイヌの世界観~ゴールデンカムイの世界より~」、北海道博物館学芸主幹の池田貴夫さんが「北海道の長い歴史~その中の北海道150年~」と題して講演した。

 午後からはパネルディスカッション。日本ジオサービス代表取締役の目代邦康さん、北海道博物館学芸主査の栗原憲一さんをコーディネーターに、ユネスコ世界ジオパークカウンシル委員の渡辺真人さん、秋田県湯沢市産業振興部長の沼倉誠さん、三笠ジオパーク推進協議会事務局次長の下村圭さん、山口県荻ジオパーク構想推進協議会専門員の白井孝明さん、アポイ岳ジオパーク認定ガイドの小林弥生さん、名寄市のなにいろ工房代表の黒井理恵さんの6人がパネリスト。

これまでの10年を振り返ったパネルディスカッション

 「これまでの10年から明日のジオパークを考える」をテーマに、各ジオパークを事前に評価した「見える化シート」を使って議論したが、この中で小林さんはアポイ岳の運営について「10年たって組織がマンネリ化し、審査に向けての活動に追われ、住民とのコミュニケーションがしっかり取れていないと思う」と悩む一方、「まちの人たちは大会に本当にこれだけの人が来てくれるか不安だったと思うが、開催前には町ぐるみでごみ拾いや草取りで協力してくれた。ジオパークを通して町の人が主人公になればいろいろな可能性が広がるのではないか」と発言した。

 閉会セレモニーでは大会宣言の後、次回開催地の九州・おおいた豊後大野ジオパーク推進協議会長の川野文敏豊後大野市長が「アポイ岳に負けないよう準備に入っている。思い出に残る大会にしたいのでぜひ参加を」と呼び掛けて様似中3年の附田颯汰君と金子里桜さんが閉会あいさつして締めくくった。

関連記事

根室新聞

北方領土の語り部育成 後継者が元島民の体験語る【根室】

 千島歯舞諸島居住者連盟根室支部(宮谷内亮一支部長)は15日、千島会館で後継者語り部育成事業を開催し、歯舞群島・勇留島2世の米屋聡さん(59)と国後島2世の野潟龍彦さん(67)が、元島民から聞いた島で...

根室新聞

室根より「おいしいこんぶ ありがとうございました」【根室】

 逆さ地名が縁で岩手県一関市室根町と交流する「根室・室根交流の会」(志和秀春会長)のもとへ、室根の保育施設から「昆布の絵手紙」が届いた。特産品交流で送っていた昆布のお礼ということで、ちぎり絵で...

根室新聞

「初年度に手応え」カキ養殖へ試験継続【根室】

 歯舞漁協の23部会でつくる歯舞水産物ブランド化推進協議会(小杉和美会長)は、トーサムポロ沼でカキ養殖に取り組んでいる。1年目の昨年は歯舞こんぶ祭りなどイベントで販売を行っており、今後も養殖試験を...

根室新聞

商店街に歓声響く「下町スライダー」大盛況【根室】

 雪で作った全長50メートルの巨大滑り台が17日、緑町商店街を歩行者天国にして設置され、迫力満点の“冬の遊び”に歓声を上げる約1,000人の親子連れでにぎわった。イベントは根室商工会議所青年部創陽クラブ(...

日高報知新聞

管内で新たに4人を認定【浦河】

 道が認定する木育を普及させる専門家「木育マイスター」の平成30年度認定証交付式が14日、浦河町常盤町の日高振興局森林室で行われ、新たに4人が認定証の交付を受けた。  木育マイスターは、森や木工...