北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

門別まで復旧可能性

【新ひだか】運休が続くJR日高線について協議する日高管内の臨時町長会議が9日、町公民館で開かれた。鉄路の被害を受けていない鵡川―日高門別間の復旧について、日高町村会長の坂下一幸様似町長は「鵡川―様似間は、バス転換が望ましいというJR北海道の考えは基本的に変わっていないが、日高側の意見をもとに検討しているのも事実。いくらかの費用負担は生じるかもしれないが、地域と協議してそれらが可能であれば日高門別まで復旧させる可能性は示されている」と説明した。

 臨時町長会議には、管内7町長とJR北の綿貫泰之常務、日高振興局の松浦英則局長らが出席。会議は冒頭を除いて非公開で行われた。

 今回の会議では、①JR北から胆振東部地震によって運休が続いている日高線苫小牧―鵡川間の復旧②日高線鵡川―様似間をバス転換した場合のJR北からの支援策の再確認③各町とJR北の個別意見交換についての日程調整など―について話し合った。

 会議終了後、坂下町長と日高総合開発期成会長の川上満平取町長が取材に応じ、日高線の苫小牧―鵡川間の復旧について「比較的、長時間かけずに復旧できる見通しが立ったとのことで、可能であれば12月に復旧したいという説明があった」と話した。

 鵡川―日高門別間の復旧にかかる費用負担については、国や道の支援のあり方が明確でないことから、管内7町で負担するのか、日高町のみで負担するのかは今後も議論していくことを確認した。

 JR北がバス転換した場合の条件として示している各町の運用負担分を18年間補てんするなどの支援策については、日高門別まで復旧した場合でも「列車の通るところとバス転換を了解するところでは違うと思うが、バス転換するところは変わらないと思う」(坂下町長)との見解を示した。

 今後は今月中に再度臨時町長会議を行い、来月も2回程度を行った後、日高町村会として方向性を示すとしている。

関連記事

室蘭民報

輪西八条アトリエのものづくりイベント好評【室蘭】

 ボルト人形ボルタを生み出したNPO法人テツプロ(塩澤尚志理事長)は21日、室蘭市輪西町の輪西八条アトリエでものづくりをテーマにしたイベントを開いた。訪れた親子連れが椅子や銅板バッジなどの手作り...

室蘭民報

ホッキ2千袋が完売、漁港イベントにぎわう【苫小牧】

 漁獲量日本一の特産品・ホッキ貝をPRするイベント「第8回苫小牧漁港ホッキまつり」が21日、苫小牧港西港漁港区で開かれた。青空が広がる絶好のイベント日和に、市内外から多くの家族連れや買い物客が詰...

室蘭民報

室民本社主催の新聞コン表彰式、充実紙面に高い評価【室蘭】

 室蘭民報社、モルエ中島(室蘭市中島本町)共催の第33回室蘭地方小、中学校新聞コンクール、第15回ぼくの・わたしのしんぶんコンクールの表彰式が21日、モルエ中島で開かれた。各賞に選ばれた児童、生...

室蘭民報

全国高校サッカー北海道大会で大谷室蘭が全国逃す【札幌】

 第97回全国高校サッカー選手権大会北海道大会は21日、札幌厚別公園競技場で決勝が行われた。大谷室蘭は3連覇を狙う旭川実業に1―2で逆転負けを喫し、2年連続の準優勝に終わった。快進撃を続けたイレブ...

室蘭民報

室民杯ママさんバレーで伊達東が笑顔のV2サイン【伊達】

 第10回室蘭民報社杯ママさんバレーボール大会(室蘭民報社主催、伊達市バレーボール協会主管)が21日、伊達市総合体育館(市内松ヶ枝町)であった。昨年より3チーム多い11チームが熱戦を繰り広げた...