北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭の未来語り合う、白鳥大橋20周年記念シンポ【室蘭】

白鳥大橋を活用したまちづくりについて意見を交わしたシンポジウム

 室蘭市主催の白鳥大橋開通20周年記念シンポジウムが10日、市内輪西町の室蘭市民会館で行われ、青山剛室蘭市長や米津仁司室蘭開建部長らが、白鳥大橋を活用した未来のまちづくりについて意見を交わした。

 市民ら約180人が参加。第1部では室蘭工業大学の小室雅人准教授とカメラマンの山口一彦氏(東京在住)が基調講演。第2部のパネルディスカッションは講演の2人と青山市長、米津部長が登壇し「コンパクトシティー室蘭の実現に向けた可能性を探る」と題し、まちづくりの視点での白鳥大橋の役割や観光での活用策、将来の展望を語り合った。

 青山市長は「コンパクトシティーの実現において、白鳥大橋はネットワークを構築する重要な道路。住人だけでなく旅行者にも喜んでもらえるようなまちにしたい」と語った。

 山口氏は「難しいかもしれないが、東京のレインボーブリッジのように遊歩道を造ってはどうか」と提案。米津部長は「大橋は自動車専用道路として設計しているほか、積雪寒冷の自然環境にさらされているつり橋のため、安全性の確保が重要。良いアイデアだと思うが、しっかり議論する必要がある」と述べた。

 小室准教授は「白鳥大橋は室蘭を代表するランドマーク。今週の日曜日にはハーフマラソンとウオークがある。ぜひ多くの写真を撮り、会員制交流サイト(SNS)などで室蘭にこんな美しい場所があると発信してもらいたい」と呼び掛けた。

関連記事

日高報知新聞

2つの部活に活動資金【新ひだか】

【新ひだか】静内ライオンズクラブ(末崎泰将会長)のクリスマス家族会が8日夜、静内エクリプスホテルで開かれ、席上、青少年健全育成事業として静内高校の吹奏楽部と書道部へ活動資金として各7万5000円を...

日高報知新聞

現場診断で対策協議【平取】

【平取】3日にワゴン車同士の正面衝突で同乗の女性2人が死亡した町内荷菜の国道237号の交通事故現場で10日、門別警察署(田村厚己署長)が「現場診断」を行った。  門別署の片岡正治地域・交通課長が「...

苫小牧民報

民族共生象徴空間の愛称は「ウポポイ」に 札幌、白老、室蘭で500日前セレ..

 2020年4月24日に白老町でオープンする「民族共生象徴空間」の開設500日前カウントダウンセレモニー(道主催)が11日、札幌市中央区のホテルで開かれ、政府が全国から一般投票を受け付けた象徴空...

苫小牧民報

ネイチャー研究会inむかわ、前田一歩園賞に 支えてくれた町民「いい知らせ..

 道内の自然環境の保全などに功績のあった団体や個人に贈られる今年度の前田一歩園賞に、むかわ町で活動する自然観察グループ「ネイチャー研究会inむかわ」が選ばれた。メンバーたちは、多くの町民に支えら...

十勝毎日新聞

甘さギュッ アイスワインのブドウ収穫始まる【池田】

 十勝ワインの中でも極甘口とされる「アイスワイン」。その原料となるブドウの収穫が12日午前5時半、池田町千代田の町営ブドウ畑で始まった。畑の気温計で氷点下13.5度の寒さの中、ヘッドライトを着け...