北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

カネサン佐藤水産でイクラ醤油漬けの製造本格化【室蘭】

宝石のように輝くイクラの醤油漬け=カネサン佐藤水産

 水産加工のカネサン佐藤水産(室蘭市東町、佐藤有一代表取締役)は、旬の道産イクラを使った醤油(しょうゆ)漬け「いくら醤油味 有機」の製造を本格化させている。宝石のように輝くイクラが鮮やか。

 同社の醤油漬けは、臭みのない、うま味たっぷりの味が特長。斜里など知床周辺海域で水揚げされた「こくのある」イクラを使用。標津の工場で、飽和塩水により徹底洗浄しているのが秘訣(ひけつ)だ。

 有機大豆を使った醤油などに漬け込み、トラックで室蘭へ。輸送中に漬かったイクラは本社工場で容器に詰め込まれる。遠くは福岡などまで流通している。

 40トンの製造を計画する今季の作業は、9月25日に始まり今週いっぱい続く。今季は豊漁予想に反して水揚げは前年並みの状況。記録的高値となった昨年に比べ「今年は2割ほど安い」が、高値推移に変わりはないという。

関連記事

室蘭民報

絶景がスパイスに…温泉街に初のスープカレー店【洞爺湖】

万世閣「HLAHAL」  洞爺湖町の洞爺湖温泉街に初めてのスープカレー専門店「スープカリーHLAHAL(ハラハル)」が12日オープンした。厳選の道産野菜を使用した味わい深いスープカレーを、洞爺湖...

室蘭民報

毛ガニ漁が解禁、初水揚げされ港が活気づく【登別】

 胆振太平洋海域(室蘭市―むかわ町)の毛ガニ漁が10日に解禁された。登別漁港(登別港町)では、11日に約1160キロを初水揚げ、夏到来を告げる真っ赤な旬の味覚が港を活気づけている。初日の取引額は高...

苫小牧民報

レトルトホッキカレー、おいしく一新 発売10周年「店の味に近づく」-汐見..

 苫小牧市汐見町1のマルトマ食堂は、2009年の発売から10周年を迎えたレトルトホッキカレーをリニューアルした。特徴であるホッキ貝の甘みとこくが強調され、「さらにおいしく仕上がった」と三浦未(い...

室蘭民報

町内の果樹園でサクランボ狩りのシーズン迎える【壮瞥】

 壮瞥町内の果樹園18軒で構成する「そうべつくだもの村」では、今年もサクランボ狩りのシーズンを迎えた。赤く熟した実を求め、国内外から連日多くの観光客が訪れている。品種によって異なるが、8月上旬ま...

十勝毎日新聞

4日間限定でダムカレー 札内川園地【中札内】

 中札内村観光協会は地場産品にこだわり札内ダムに見立てた「中札内ダムカレー」を今年も札内川園地(南札内)の日高山脈山岳センターで販売する。期間限定で、販売日は13、14、20、21の計4日間。事...