北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

帯南商、豚丼スティックで食の甲子園へ【帯広】

 帯広南商業高校クッキング部の部員3人が「第7回ご当地!絶品うまいもん甲子園」(農林水産省、全国食の甲子園協会主催)の北海道・東北エリア選抜大会で見事優勝を果たし、11月2日の決勝大会(東京)に向け、考案メニューの「豚丼スティック」に磨きを掛けている。10日にはエリア選抜大会で審査員を務めた料理人が同校を訪れ、同メニューについて細かくアドバイスした。

佐藤総料理長(右)から直接指導を受け、料理にさらに磨きを掛けた(左から)淡路さん、廣山さん、小池さん

 同甲子園は「ご当地の食材を活(い)かした、地元の看板開発」をテーマに、食を通じて地域を盛り上げるのが狙い。帯広南商業クッキング部はいずれも3年生の小池菜月さん(部長)、淡路鈴花さん、廣山玲奈さんの3人で参戦。「多くの人に豚丼を知ってもらいたい」と、春巻きの皮で豚肉やご飯、枝豆などを包んだ「豚丼スティック」を考案し、8月10日のエリア選抜大会(仙台市)に挑んだ。

 エリア選抜大会では、5月末から試作を重ねてきた成果を披露。考案メニューの発想の良さなどで高い評価を得た。

 今年は全国で100校・352チームが出場。エリア選抜大会を勝ち抜いた8チームには、プロの料理人が直接指導する「ダイナミックチャレンジ」と銘打った機会が与えられる。帯広南商業には10日、ホテルJALシティ仙台の総料理長・佐藤晃一さんが来校。中に入れる具材の量や焼き方について念入りに指導し、30分と限られた調理時間で効率よく調理する方法なども一緒に考えた。

 「エリア選抜大会では油が気になったが、だいぶ改善されている。豚丼をよく再現している」と佐藤さん。出場する3人は「ここまで来ることができるとは思わなかった」と声をそろえ、小池さんは「応援してくれた人に恩返しができるよう頑張りたい」と決勝大会へ意気込んでいる。

関連記事

根室新聞

北方領土の語り部育成 後継者が元島民の体験語る【根室】

 千島歯舞諸島居住者連盟根室支部(宮谷内亮一支部長)は15日、千島会館で後継者語り部育成事業を開催し、歯舞群島・勇留島2世の米屋聡さん(59)と国後島2世の野潟龍彦さん(67)が、元島民から聞いた島で...

根室新聞

室根より「おいしいこんぶ ありがとうございました」【根室】

 逆さ地名が縁で岩手県一関市室根町と交流する「根室・室根交流の会」(志和秀春会長)のもとへ、室根の保育施設から「昆布の絵手紙」が届いた。特産品交流で送っていた昆布のお礼ということで、ちぎり絵で...

根室新聞

「初年度に手応え」カキ養殖へ試験継続【根室】

 歯舞漁協の23部会でつくる歯舞水産物ブランド化推進協議会(小杉和美会長)は、トーサムポロ沼でカキ養殖に取り組んでいる。1年目の昨年は歯舞こんぶ祭りなどイベントで販売を行っており、今後も養殖試験を...

根室新聞

商店街に歓声響く「下町スライダー」大盛況【根室】

 雪で作った全長50メートルの巨大滑り台が17日、緑町商店街を歩行者天国にして設置され、迫力満点の“冬の遊び”に歓声を上げる約1,000人の親子連れでにぎわった。イベントは根室商工会議所青年部創陽クラブ(...

日高報知新聞

管内で新たに4人を認定【浦河】

 道が認定する木育を普及させる専門家「木育マイスター」の平成30年度認定証交付式が14日、浦河町常盤町の日高振興局森林室で行われ、新たに4人が認定証の交付を受けた。  木育マイスターは、森や木工...