北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

帯南商、豚丼スティックで食の甲子園へ【帯広】

 帯広南商業高校クッキング部の部員3人が「第7回ご当地!絶品うまいもん甲子園」(農林水産省、全国食の甲子園協会主催)の北海道・東北エリア選抜大会で見事優勝を果たし、11月2日の決勝大会(東京)に向け、考案メニューの「豚丼スティック」に磨きを掛けている。10日にはエリア選抜大会で審査員を務めた料理人が同校を訪れ、同メニューについて細かくアドバイスした。

佐藤総料理長(右)から直接指導を受け、料理にさらに磨きを掛けた(左から)淡路さん、廣山さん、小池さん

 同甲子園は「ご当地の食材を活(い)かした、地元の看板開発」をテーマに、食を通じて地域を盛り上げるのが狙い。帯広南商業クッキング部はいずれも3年生の小池菜月さん(部長)、淡路鈴花さん、廣山玲奈さんの3人で参戦。「多くの人に豚丼を知ってもらいたい」と、春巻きの皮で豚肉やご飯、枝豆などを包んだ「豚丼スティック」を考案し、8月10日のエリア選抜大会(仙台市)に挑んだ。

 エリア選抜大会では、5月末から試作を重ねてきた成果を披露。考案メニューの発想の良さなどで高い評価を得た。

 今年は全国で100校・352チームが出場。エリア選抜大会を勝ち抜いた8チームには、プロの料理人が直接指導する「ダイナミックチャレンジ」と銘打った機会が与えられる。帯広南商業には10日、ホテルJALシティ仙台の総料理長・佐藤晃一さんが来校。中に入れる具材の量や焼き方について念入りに指導し、30分と限られた調理時間で効率よく調理する方法なども一緒に考えた。

 「エリア選抜大会では油が気になったが、だいぶ改善されている。豚丼をよく再現している」と佐藤さん。出場する3人は「ここまで来ることができるとは思わなかった」と声をそろえ、小池さんは「応援してくれた人に恩返しができるよう頑張りたい」と決勝大会へ意気込んでいる。

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...