北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

帯南商、豚丼スティックで食の甲子園へ【帯広】

 帯広南商業高校クッキング部の部員3人が「第7回ご当地!絶品うまいもん甲子園」(農林水産省、全国食の甲子園協会主催)の北海道・東北エリア選抜大会で見事優勝を果たし、11月2日の決勝大会(東京)に向け、考案メニューの「豚丼スティック」に磨きを掛けている。10日にはエリア選抜大会で審査員を務めた料理人が同校を訪れ、同メニューについて細かくアドバイスした。

佐藤総料理長(右)から直接指導を受け、料理にさらに磨きを掛けた(左から)淡路さん、廣山さん、小池さん

 同甲子園は「ご当地の食材を活(い)かした、地元の看板開発」をテーマに、食を通じて地域を盛り上げるのが狙い。帯広南商業クッキング部はいずれも3年生の小池菜月さん(部長)、淡路鈴花さん、廣山玲奈さんの3人で参戦。「多くの人に豚丼を知ってもらいたい」と、春巻きの皮で豚肉やご飯、枝豆などを包んだ「豚丼スティック」を考案し、8月10日のエリア選抜大会(仙台市)に挑んだ。

 エリア選抜大会では、5月末から試作を重ねてきた成果を披露。考案メニューの発想の良さなどで高い評価を得た。

 今年は全国で100校・352チームが出場。エリア選抜大会を勝ち抜いた8チームには、プロの料理人が直接指導する「ダイナミックチャレンジ」と銘打った機会が与えられる。帯広南商業には10日、ホテルJALシティ仙台の総料理長・佐藤晃一さんが来校。中に入れる具材の量や焼き方について念入りに指導し、30分と限られた調理時間で効率よく調理する方法なども一緒に考えた。

 「エリア選抜大会では油が気になったが、だいぶ改善されている。豚丼をよく再現している」と佐藤さん。出場する3人は「ここまで来ることができるとは思わなかった」と声をそろえ、小池さんは「応援してくれた人に恩返しができるよう頑張りたい」と決勝大会へ意気込んでいる。

関連記事

日高報知新聞

2つの部活に活動資金【新ひだか】

【新ひだか】静内ライオンズクラブ(末崎泰将会長)のクリスマス家族会が8日夜、静内エクリプスホテルで開かれ、席上、青少年健全育成事業として静内高校の吹奏楽部と書道部へ活動資金として各7万5000円を...

日高報知新聞

現場診断で対策協議【平取】

【平取】3日にワゴン車同士の正面衝突で同乗の女性2人が死亡した町内荷菜の国道237号の交通事故現場で10日、門別警察署(田村厚己署長)が「現場診断」を行った。  門別署の片岡正治地域・交通課長が「...

苫小牧民報

民族共生象徴空間の愛称は「ウポポイ」に 札幌、白老、室蘭で500日前セレ..

 2020年4月24日に白老町でオープンする「民族共生象徴空間」の開設500日前カウントダウンセレモニー(道主催)が11日、札幌市中央区のホテルで開かれ、政府が全国から一般投票を受け付けた象徴空...

苫小牧民報

ネイチャー研究会inむかわ、前田一歩園賞に 支えてくれた町民「いい知らせ..

 道内の自然環境の保全などに功績のあった団体や個人に贈られる今年度の前田一歩園賞に、むかわ町で活動する自然観察グループ「ネイチャー研究会inむかわ」が選ばれた。メンバーたちは、多くの町民に支えら...

十勝毎日新聞

甘さギュッ アイスワインのブドウ収穫始まる【池田】

 十勝ワインの中でも極甘口とされる「アイスワイン」。その原料となるブドウの収穫が12日午前5時半、池田町千代田の町営ブドウ畑で始まった。畑の気温計で氷点下13.5度の寒さの中、ヘッドライトを着け...