北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

カラオケで世界へ挑む 大場さん全国大会V【帯広】

 カラオケ番組の出演や各種行事でライブを行う大場悠平さん(21)=帯広市、会社員=が「KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS(KWC)2018」の日本大会決勝(9月22日・東京=第一興商主催)で頂点に立ち、12月にフィンランドで開かれる世界大会の出場を決めた。大場さんは「一生に一度の大舞台。応援してくれる人の思いを背負い、今までしてきたことをいつも通りに出し切りたい」と活躍を誓っている。

日本大会優勝のトロフィーを手に世界大会での活躍を誓う大場さん

 大場さんは音更木野東小、音更緑南中、白樺学園高卒。高校時代まで野球に熱中し、卒業後に好きだった歌を本格的に始めた。NHKのど自慢チャンピオン大会2017(東京)でグランドチャンピオンに輝いた後、カラオケ番組「THEカラオケ★バトル」などに出演。母校・緑南中の文化祭や「おびひろ氷まつり」などでも歌声を披露している。

 KWCは国内外のアマチュアシンガーが集い、歌手のメジャーデビューにつながる登竜門としても知られている。予選に当たるオーディション(音源審査突破者によるスタジオ審査=東京、大阪、福岡の3都市で開催)を経て、各都市から選ばれた男女代表、昨年度の準優勝者ら17人が日本大会決勝に進んだ。

 決勝では、それぞれが審査員と参加者の前でフルコーラスを歌った。14番目に登場した大場さんが披露したのは「カセキ」(中村つよし)。得意のバラードで勝負をかけた。元のメロディーを意図的に崩すフェイクや、抑揚の付け方など試行錯誤を繰り返して仕上げた1曲だ。

 2年前にも同じ決勝の舞台に立ったが、その時は敗退しており、今回は「前回以上の結果を、優勝を目指した。結果を残し、力になってくれた人を喜ばせたかった」という。決勝を振り返り、「もう少しうまくできたという気持ちもあったが、全体を見れば満足できた。やり切った」。会場では両親も見守り、「厳しい父親がおめでとうと言ってくれた」と笑う。

 世界大会は12月18~21日の開催で、現在27カ国がエントリーしている。大場さんは本番に向け、再度気持ちを切り替えて練習中。賞金として受け取った50万円で、衣装の購入も検討しているという。「ここで満足せず、世界大会に向けて完成度を高めたい。言葉の壁を超えて感動を届けられたら」と意気込む。

関連記事

根室新聞

北方領土の語り部育成 後継者が元島民の体験語る【根室】

 千島歯舞諸島居住者連盟根室支部(宮谷内亮一支部長)は15日、千島会館で後継者語り部育成事業を開催し、歯舞群島・勇留島2世の米屋聡さん(59)と国後島2世の野潟龍彦さん(67)が、元島民から聞いた島で...

根室新聞

室根より「おいしいこんぶ ありがとうございました」【根室】

 逆さ地名が縁で岩手県一関市室根町と交流する「根室・室根交流の会」(志和秀春会長)のもとへ、室根の保育施設から「昆布の絵手紙」が届いた。特産品交流で送っていた昆布のお礼ということで、ちぎり絵で...

根室新聞

「初年度に手応え」カキ養殖へ試験継続【根室】

 歯舞漁協の23部会でつくる歯舞水産物ブランド化推進協議会(小杉和美会長)は、トーサムポロ沼でカキ養殖に取り組んでいる。1年目の昨年は歯舞こんぶ祭りなどイベントで販売を行っており、今後も養殖試験を...

根室新聞

商店街に歓声響く「下町スライダー」大盛況【根室】

 雪で作った全長50メートルの巨大滑り台が17日、緑町商店街を歩行者天国にして設置され、迫力満点の“冬の遊び”に歓声を上げる約1,000人の親子連れでにぎわった。イベントは根室商工会議所青年部創陽クラブ(...

日高報知新聞

管内で新たに4人を認定【浦河】

 道が認定する木育を普及させる専門家「木育マイスター」の平成30年度認定証交付式が14日、浦河町常盤町の日高振興局森林室で行われ、新たに4人が認定証の交付を受けた。  木育マイスターは、森や木工...