北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

カラオケで世界へ挑む 大場さん全国大会V【帯広】

 カラオケ番組の出演や各種行事でライブを行う大場悠平さん(21)=帯広市、会社員=が「KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS(KWC)2018」の日本大会決勝(9月22日・東京=第一興商主催)で頂点に立ち、12月にフィンランドで開かれる世界大会の出場を決めた。大場さんは「一生に一度の大舞台。応援してくれる人の思いを背負い、今までしてきたことをいつも通りに出し切りたい」と活躍を誓っている。

日本大会優勝のトロフィーを手に世界大会での活躍を誓う大場さん

 大場さんは音更木野東小、音更緑南中、白樺学園高卒。高校時代まで野球に熱中し、卒業後に好きだった歌を本格的に始めた。NHKのど自慢チャンピオン大会2017(東京)でグランドチャンピオンに輝いた後、カラオケ番組「THEカラオケ★バトル」などに出演。母校・緑南中の文化祭や「おびひろ氷まつり」などでも歌声を披露している。

 KWCは国内外のアマチュアシンガーが集い、歌手のメジャーデビューにつながる登竜門としても知られている。予選に当たるオーディション(音源審査突破者によるスタジオ審査=東京、大阪、福岡の3都市で開催)を経て、各都市から選ばれた男女代表、昨年度の準優勝者ら17人が日本大会決勝に進んだ。

 決勝では、それぞれが審査員と参加者の前でフルコーラスを歌った。14番目に登場した大場さんが披露したのは「カセキ」(中村つよし)。得意のバラードで勝負をかけた。元のメロディーを意図的に崩すフェイクや、抑揚の付け方など試行錯誤を繰り返して仕上げた1曲だ。

 2年前にも同じ決勝の舞台に立ったが、その時は敗退しており、今回は「前回以上の結果を、優勝を目指した。結果を残し、力になってくれた人を喜ばせたかった」という。決勝を振り返り、「もう少しうまくできたという気持ちもあったが、全体を見れば満足できた。やり切った」。会場では両親も見守り、「厳しい父親がおめでとうと言ってくれた」と笑う。

 世界大会は12月18~21日の開催で、現在27カ国がエントリーしている。大場さんは本番に向け、再度気持ちを切り替えて練習中。賞金として受け取った50万円で、衣装の購入も検討しているという。「ここで満足せず、世界大会に向けて完成度を高めたい。言葉の壁を超えて感動を届けられたら」と意気込む。

関連記事

十勝毎日新聞

冬の使者が飛来 畑でゆったり羽休め【十勝】

 秋が深まる中、「冬の使者」とされるハクチョウが十勝地方に飛来している。緑が残る畑で、雪を思わせるような純白の羽を休めている。  ハクチョウは越冬のため、ロシア極東などから十勝に飛来。多くは...

十勝毎日新聞

畑中さん石倉さん優秀賞 昆虫寄生菌を研究 帯畜大【帯広】

 第13回昆虫病理研究会シンポジウム(9月、山梨県富士吉田市)で、帯広畜産大学の学生2人が学生優秀発表賞を受賞した。いずれも昆虫寄生菌に関する研究で、病原体を媒介する蚊や農作物に被害を及ぼすコ...

十勝毎日新聞

開拓者の功績 1冊に 88人紹介の書籍発行【十勝】

 郷土史を伝える「とかち史談会」(上野敏郎代表)は、十勝開拓に貢献した88人に焦点を当てた書籍「十勝を拓(ひら)いた人々」を発行した。北海道の名付け親でアイヌ政策に執着した松浦武四郎の歩みなどが紹...

函館新聞

橋美智也さんの遺品1000点、北斗市に里帰り 11月4日に公開【北斗】

 【北斗】市(旧上磯町峩朗)出身で、昭和のスター歌手、三橋美智也さん(1930~96年)の1000点以上に及ぶ遺品が、三橋美智也音楽事務所(大阪市)から市に寄贈されることとなり、今月8日、...

函館新聞

今年もうまい酒に 「函館奉行」酒米を稲刈り【函館】

函館の地酒「函館奉行」の原料となる酒米「吟風(ぎんぷう)」の稲刈りと新酒醸造祈願祭が20日、市内米原町であった。黄金色に染まった水田に生産者ら約10人が集まり、銘酒誕生を祈願しながら作業に...