北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

白老のSLポロト号が冬囲い 駅北整備で次は20年春お披露目

2020年春まで冬眠に入ったSLポロト号

 JR白老駅北口広場で保存展示している「SLポロト号」の冬囲い作業が9日、SLポロト号保存会(沢田久雄会長)や白老ライオンズクラブなどのボランティアの手によって行われた。駅北地区の整備工事に伴い、次のお披露目は2020年春。SLポロト号は、1年以上の長い冬眠に入った。

 SLポロト号(D51型、1939年製造)は、76年にポロト湖畔で展示保存され、2008年に現在地に移設。毎年4~10月の約半年間、保存会メンバーらによってメンテナンスを施しながら公開されており、今年もシーズン中に多くのSLファンが足を運び、間近でSLポロト号を眺めた。

 今年もシーズンを終え、保存会メンバーらが特注サイズの大型シートを倉庫から運び出し、沢田会長の掛け声に合わせて車体の上からシートが掛けられた。作業を終えた沢田会長は「今年はシート掛けに手こずったかな」と話す。

 通常であれば4月にシートが外されるが、今回は、20年4月の民族共生象徴空間開設に向けて白老町が来春からこのエリア一帯の工事を行うため、来年の公開は取りやめに。沢田会長は「1シーズン公開しないのは初めて。次の公開となる20年春まではシートが掛かった状態になる」と話した。

関連記事

日高報知新聞

2つの部活に活動資金【新ひだか】

【新ひだか】静内ライオンズクラブ(末崎泰将会長)のクリスマス家族会が8日夜、静内エクリプスホテルで開かれ、席上、青少年健全育成事業として静内高校の吹奏楽部と書道部へ活動資金として各7万5000円を...

日高報知新聞

現場診断で対策協議【平取】

【平取】3日にワゴン車同士の正面衝突で同乗の女性2人が死亡した町内荷菜の国道237号の交通事故現場で10日、門別警察署(田村厚己署長)が「現場診断」を行った。  門別署の片岡正治地域・交通課長が「...

苫小牧民報

民族共生象徴空間の愛称は「ウポポイ」に 札幌、白老、室蘭で500日前セレ..

 2020年4月24日に白老町でオープンする「民族共生象徴空間」の開設500日前カウントダウンセレモニー(道主催)が11日、札幌市中央区のホテルで開かれ、政府が全国から一般投票を受け付けた象徴空...

苫小牧民報

ネイチャー研究会inむかわ、前田一歩園賞に 支えてくれた町民「いい知らせ..

 道内の自然環境の保全などに功績のあった団体や個人に贈られる今年度の前田一歩園賞に、むかわ町で活動する自然観察グループ「ネイチャー研究会inむかわ」が選ばれた。メンバーたちは、多くの町民に支えら...

十勝毎日新聞

甘さギュッ アイスワインのブドウ収穫始まる【池田】

 十勝ワインの中でも極甘口とされる「アイスワイン」。その原料となるブドウの収穫が12日午前5時半、池田町千代田の町営ブドウ畑で始まった。畑の気温計で氷点下13.5度の寒さの中、ヘッドライトを着け...