北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ヒメマス親魚捕獲進む 支笏湖漁協、下旬から採卵へ

ふ化場で行われた採卵用ヒメマス親魚の水揚げ作業

 支笏湖漁協はヒメマス親魚を捕獲する作業を千歳市支笏湖ヒメマスふ化場で開始した。ふ化・養殖事業に用いる卵を確保するため今年は雄2000匹、雌2000匹を捕獲予定。回帰の遅れはあったものの、定置網にかかる親魚の数は多く、作業は順調だ。

 支笏湖のヒメマスは毎年秋になると、同漁協近くを流れて支笏湖にそそぐシリセツナイ川の水に誘われて岸に接近する。同漁協はこの習性を生かして築港内に小型定置網を設置し、親魚を捕獲する。今年も8日に網を設け、翌9日から水揚げを開始した。

 10日も午前9時半ごろから漁協の組合員や職員ら4人で作業を行った。前日から一晩置いた定置網内には、婚姻色の濃い紅色に魚体を染めた魚がぎっしり。たも網ですくい容器に移すと、勢いよく体をくねらせて水しぶきを飛ばした。

 放流年を識別するため、ひれ切りの痕跡を確認して記録した上で、雌雄別に蓄養池に放した。卵が成熟して採卵に適するようになるまで、10日間ほど泳がせる。

 捕獲したのは4年魚が中心で、体長は25~28センチ。採卵作業は今月下旬に開始し、来年の放流用に約20万粒を確保する。水揚げは12日まで行う。同漁協担当者は「今年は接岸が遅れて例年より水揚げが1週間ほど遅れたが、順調に回帰している」と話した。

関連記事

十勝毎日新聞

冬の使者が飛来 畑でゆったり羽休め【十勝】

 秋が深まる中、「冬の使者」とされるハクチョウが十勝地方に飛来している。緑が残る畑で、雪を思わせるような純白の羽を休めている。  ハクチョウは越冬のため、ロシア極東などから十勝に飛来。多くは...

十勝毎日新聞

畑中さん石倉さん優秀賞 昆虫寄生菌を研究 帯畜大【帯広】

 第13回昆虫病理研究会シンポジウム(9月、山梨県富士吉田市)で、帯広畜産大学の学生2人が学生優秀発表賞を受賞した。いずれも昆虫寄生菌に関する研究で、病原体を媒介する蚊や農作物に被害を及ぼすコ...

十勝毎日新聞

開拓者の功績 1冊に 88人紹介の書籍発行【十勝】

 郷土史を伝える「とかち史談会」(上野敏郎代表)は、十勝開拓に貢献した88人に焦点を当てた書籍「十勝を拓(ひら)いた人々」を発行した。北海道の名付け親でアイヌ政策に執着した松浦武四郎の歩みなどが紹...

函館新聞

橋美智也さんの遺品1000点、北斗市に里帰り 11月4日に公開【北斗】

 【北斗】市(旧上磯町峩朗)出身で、昭和のスター歌手、三橋美智也さん(1930~96年)の1000点以上に及ぶ遺品が、三橋美智也音楽事務所(大阪市)から市に寄贈されることとなり、今月8日、...

函館新聞

今年もうまい酒に 「函館奉行」酒米を稲刈り【函館】

函館の地酒「函館奉行」の原料となる酒米「吟風(ぎんぷう)」の稲刈りと新酒醸造祈願祭が20日、市内米原町であった。黄金色に染まった水田に生産者ら約10人が集まり、銘酒誕生を祈願しながら作業に...