北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ヒメマス親魚捕獲進む 支笏湖漁協、下旬から採卵へ

ふ化場で行われた採卵用ヒメマス親魚の水揚げ作業

 支笏湖漁協はヒメマス親魚を捕獲する作業を千歳市支笏湖ヒメマスふ化場で開始した。ふ化・養殖事業に用いる卵を確保するため今年は雄2000匹、雌2000匹を捕獲予定。回帰の遅れはあったものの、定置網にかかる親魚の数は多く、作業は順調だ。

 支笏湖のヒメマスは毎年秋になると、同漁協近くを流れて支笏湖にそそぐシリセツナイ川の水に誘われて岸に接近する。同漁協はこの習性を生かして築港内に小型定置網を設置し、親魚を捕獲する。今年も8日に網を設け、翌9日から水揚げを開始した。

 10日も午前9時半ごろから漁協の組合員や職員ら4人で作業を行った。前日から一晩置いた定置網内には、婚姻色の濃い紅色に魚体を染めた魚がぎっしり。たも網ですくい容器に移すと、勢いよく体をくねらせて水しぶきを飛ばした。

 放流年を識別するため、ひれ切りの痕跡を確認して記録した上で、雌雄別に蓄養池に放した。卵が成熟して採卵に適するようになるまで、10日間ほど泳がせる。

 捕獲したのは4年魚が中心で、体長は25~28センチ。採卵作業は今月下旬に開始し、来年の放流用に約20万粒を確保する。水揚げは12日まで行う。同漁協担当者は「今年は接岸が遅れて例年より水揚げが1週間ほど遅れたが、順調に回帰している」と話した。

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...