北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ヒメマス親魚捕獲進む 支笏湖漁協、下旬から採卵へ

ふ化場で行われた採卵用ヒメマス親魚の水揚げ作業

 支笏湖漁協はヒメマス親魚を捕獲する作業を千歳市支笏湖ヒメマスふ化場で開始した。ふ化・養殖事業に用いる卵を確保するため今年は雄2000匹、雌2000匹を捕獲予定。回帰の遅れはあったものの、定置網にかかる親魚の数は多く、作業は順調だ。

 支笏湖のヒメマスは毎年秋になると、同漁協近くを流れて支笏湖にそそぐシリセツナイ川の水に誘われて岸に接近する。同漁協はこの習性を生かして築港内に小型定置網を設置し、親魚を捕獲する。今年も8日に網を設け、翌9日から水揚げを開始した。

 10日も午前9時半ごろから漁協の組合員や職員ら4人で作業を行った。前日から一晩置いた定置網内には、婚姻色の濃い紅色に魚体を染めた魚がぎっしり。たも網ですくい容器に移すと、勢いよく体をくねらせて水しぶきを飛ばした。

 放流年を識別するため、ひれ切りの痕跡を確認して記録した上で、雌雄別に蓄養池に放した。卵が成熟して採卵に適するようになるまで、10日間ほど泳がせる。

 捕獲したのは4年魚が中心で、体長は25~28センチ。採卵作業は今月下旬に開始し、来年の放流用に約20万粒を確保する。水揚げは12日まで行う。同漁協担当者は「今年は接岸が遅れて例年より水揚げが1週間ほど遅れたが、順調に回帰している」と話した。

関連記事

根室新聞

北方領土の語り部育成 後継者が元島民の体験語る【根室】

 千島歯舞諸島居住者連盟根室支部(宮谷内亮一支部長)は15日、千島会館で後継者語り部育成事業を開催し、歯舞群島・勇留島2世の米屋聡さん(59)と国後島2世の野潟龍彦さん(67)が、元島民から聞いた島で...

根室新聞

室根より「おいしいこんぶ ありがとうございました」【根室】

 逆さ地名が縁で岩手県一関市室根町と交流する「根室・室根交流の会」(志和秀春会長)のもとへ、室根の保育施設から「昆布の絵手紙」が届いた。特産品交流で送っていた昆布のお礼ということで、ちぎり絵で...

根室新聞

「初年度に手応え」カキ養殖へ試験継続【根室】

 歯舞漁協の23部会でつくる歯舞水産物ブランド化推進協議会(小杉和美会長)は、トーサムポロ沼でカキ養殖に取り組んでいる。1年目の昨年は歯舞こんぶ祭りなどイベントで販売を行っており、今後も養殖試験を...

根室新聞

商店街に歓声響く「下町スライダー」大盛況【根室】

 雪で作った全長50メートルの巨大滑り台が17日、緑町商店街を歩行者天国にして設置され、迫力満点の“冬の遊び”に歓声を上げる約1,000人の親子連れでにぎわった。イベントは根室商工会議所青年部創陽クラブ(...

日高報知新聞

管内で新たに4人を認定【浦河】

 道が認定する木育を普及させる専門家「木育マイスター」の平成30年度認定証交付式が14日、浦河町常盤町の日高振興局森林室で行われ、新たに4人が認定証の交付を受けた。  木育マイスターは、森や木工...