北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

盛大に収穫の秋祝う【新ひだか】

【新ひだか】収穫の秋を祝う「2018しずない農業まつり」が8日、JAしずない前広場で開かれた。新米や秋野菜など地場産農産物の販売、もちまき、ステージイベント、豪華農産物が当たる抽選会などが行われ、町内外から訪れた来場者が秋の農業イベントを楽しんだ。

 しずない農協などによる実行委が主催する食の安全・安心で生産と消費を結ぶ感謝祭。当初の7日開催予定が、台風接近のため8日に延期した。この日は晴天に恵まれ、午前9時の開幕前から来場者が大勢駆け付けて会場はにぎわった。

 開会で実行委員長の西村和夫しずない農協組合長は「2月には大雪被害で農家の約300のビニールハウスがつぶれた。そんな中で町民の皆さんの温かい支援、各関係機関、全国からのボランティアの支援によって、何とかこの秋の収穫に向かえるよう農家が立ち上がった。今年はその後も低温、台風、地震に見舞われながらの農作業だったが、農家の技術と努力でこの豊穣の秋を迎えられるような出来高になった」。

 来賓の大野克之町長は「農業まつりは、農家の皆さんが町民の皆さんにお世話になりながら営農を続けている恩返しの場であると思っている。一方で、町民の皆さんは農家の皆さんを支えるために地元のものを買い続けることで、この町が良くなってくる」とあいさつ。

 開幕を記念した紅白もちまきをはじめ、農協ブランド米「万馬券」の新米、静内田原の渡辺農場が生産し、三石豊岡の新ひだか町和牛センターが肥育した黒毛和牛「みついし牛」の販売コーナーや、秋野菜を代表する大小さまざまのカボチャ販売コーナー、静内農業高生が生産・販売した野菜や花なども人気を集めた。

 ステージで静内染退太鼓の演奏、阿波踊り、町在住のシンガーソングライター・阿部卓馬さんらが出演して会場を沸かせた。

 このほか、ジャンボカボチャやミニトマトの重量当てクイズ、家畜改良センター新冠牧場の模擬さく乳体験コーナーなどさまざまなイベントが実施され、最後は名物の100㌔分の農産物などが当たるお楽しみ抽選会で盛り上がった。

関連記事

十勝毎日新聞

冬の使者が飛来 畑でゆったり羽休め【十勝】

 秋が深まる中、「冬の使者」とされるハクチョウが十勝地方に飛来している。緑が残る畑で、雪を思わせるような純白の羽を休めている。  ハクチョウは越冬のため、ロシア極東などから十勝に飛来。多くは...

十勝毎日新聞

畑中さん石倉さん優秀賞 昆虫寄生菌を研究 帯畜大【帯広】

 第13回昆虫病理研究会シンポジウム(9月、山梨県富士吉田市)で、帯広畜産大学の学生2人が学生優秀発表賞を受賞した。いずれも昆虫寄生菌に関する研究で、病原体を媒介する蚊や農作物に被害を及ぼすコ...

十勝毎日新聞

開拓者の功績 1冊に 88人紹介の書籍発行【十勝】

 郷土史を伝える「とかち史談会」(上野敏郎代表)は、十勝開拓に貢献した88人に焦点を当てた書籍「十勝を拓(ひら)いた人々」を発行した。北海道の名付け親でアイヌ政策に執着した松浦武四郎の歩みなどが紹...

函館新聞

橋美智也さんの遺品1000点、北斗市に里帰り 11月4日に公開【北斗】

 【北斗】市(旧上磯町峩朗)出身で、昭和のスター歌手、三橋美智也さん(1930~96年)の1000点以上に及ぶ遺品が、三橋美智也音楽事務所(大阪市)から市に寄贈されることとなり、今月8日、...

函館新聞

今年もうまい酒に 「函館奉行」酒米を稲刈り【函館】

函館の地酒「函館奉行」の原料となる酒米「吟風(ぎんぷう)」の稲刈りと新酒醸造祈願祭が20日、市内米原町であった。黄金色に染まった水田に生産者ら約10人が集まり、銘酒誕生を祈願しながら作業に...