北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

インディアン水車公園でサケ遡上「見られるよ」【豊浦】

婚姻色になり跳ね上がりながら遡上する秋サケ=インディアン水車

 豊浦町内を流れる貫気川で、秋サケが遡上(そじょう)している。同川にあるインディアン水車公園(浜町)では、婚姻色になり傷つきながらも懸命に跳ね上がって泳ぐ姿を12月上旬ごろまで見ることができる。

 同水車はサケの捕獲施設として町が整備し、1993年(平成5年)9月に完成した。川へのサケの遡上を阻止して魚道に導く。水車にある蓄養槽のガラス越しにサケを観察できるようになっている。

 いぶり噴火湾漁協豊浦支所によると、9月下旬ごろから遡上が始まったという。10月からは同支所による蓄養槽内のサケの捕獲、採卵作業がスタート。メスから卵を取り出し、精子を掛け受精させている。「型はやや小さめだが、量は日に日に増えてきている」(同支所)という。ピークは例年10月末から11月になる。

 同公園には今年、地場産物販売加工施設「すいしゃ」がオープン。アイスなどの軽食のほか、刺し身定食やイクラ丼、ホタテを使用したカレー、おにぎりを提供している。休憩スペースもあり、週末を中心に多くの家族連れらでにぎわっている。

関連記事

十勝毎日新聞

冬の使者が飛来 畑でゆったり羽休め【十勝】

 秋が深まる中、「冬の使者」とされるハクチョウが十勝地方に飛来している。緑が残る畑で、雪を思わせるような純白の羽を休めている。  ハクチョウは越冬のため、ロシア極東などから十勝に飛来。多くは...

十勝毎日新聞

畑中さん石倉さん優秀賞 昆虫寄生菌を研究 帯畜大【帯広】

 第13回昆虫病理研究会シンポジウム(9月、山梨県富士吉田市)で、帯広畜産大学の学生2人が学生優秀発表賞を受賞した。いずれも昆虫寄生菌に関する研究で、病原体を媒介する蚊や農作物に被害を及ぼすコ...

十勝毎日新聞

開拓者の功績 1冊に 88人紹介の書籍発行【十勝】

 郷土史を伝える「とかち史談会」(上野敏郎代表)は、十勝開拓に貢献した88人に焦点を当てた書籍「十勝を拓(ひら)いた人々」を発行した。北海道の名付け親でアイヌ政策に執着した松浦武四郎の歩みなどが紹...

函館新聞

橋美智也さんの遺品1000点、北斗市に里帰り 11月4日に公開【北斗】

 【北斗】市(旧上磯町峩朗)出身で、昭和のスター歌手、三橋美智也さん(1930~96年)の1000点以上に及ぶ遺品が、三橋美智也音楽事務所(大阪市)から市に寄贈されることとなり、今月8日、...

函館新聞

今年もうまい酒に 「函館奉行」酒米を稲刈り【函館】

函館の地酒「函館奉行」の原料となる酒米「吟風(ぎんぷう)」の稲刈りと新酒醸造祈願祭が20日、市内米原町であった。黄金色に染まった水田に生産者ら約10人が集まり、銘酒誕生を祈願しながら作業に...