北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

苫前産のカボチャ使用 セコマが13日にソフト発売

苫前産カボチャを使用し13日から発売するオリジナルソフト

 コンビニ道内最大手の株式会社セコマ(本社・札幌市)は、13日から苫前町産のカボチャを使用したオリジナルソフト「Secoma北海道かぼちゃソフト」(アイスミルク)をセイコーマートなどのグループ小売店で発売する。

 同社では、平成27年から道内産のカボチャを使用した同商品を販売。苫前産のカボチャは、昨年から他のマチで生産された物と含めて使用していたが、今年から苫前産のみを使うことになった。今年は9月に発生した北海道胆振東部地震を受けて、本州で道内ブランドをPRすることを狙いとした同地震からの復興に向けた取り組みの一環で同商品を販売する。

 同商品を製造する羽幌町の株式会社ダイマル乳品の寺﨑寿哉社長が10日、留萌合同庁舎2階振興局長室を訪れて留萌振興局の松浦豊局長に報告。松浦局長は商品を試食し「甘くておいしい」と笑顔を広げていた。

 寺﨑社長によると、苫前産のカボチャは本州に出荷されることが多いが、同商品のカボチャは「ハネ物」と呼ばれる出荷できない規格外の物を使用。苫前産のみを使用することのメリットとして「材料の産地を気にする人もいると聞くので、産地を1カ所に指定することで混じりけのない物を作ることができる。産地名が入ることで価値が上がり、将来的に新たな就農につながる効果もあると思っている」と話す。

 松浦局長は「商品価値の小さいハネ物野菜を地元企業が仕入れて加工することで、商品価値を高められる。苫前産という言葉を使うことでアピールにもなり、観光面のメリットや農業への理解度も高まると思う」と期待する。今後については「他の農産物も使って新しい商品を開発できるかどうかダイマル乳品と相談したい」と述べた。  同商品は、苫前産のカボチャのほか、宗谷管内豊富町産の牛乳、生クリームを使用。容器には「北海道苫前産かぼちゃ使用」と書かれている。同社によると、カボチャの優しい甘さが感じられ、口の中にはコクが広がる味わいだという。容器には道内や本州にあるセイコーマートを始めとする同社運営の小売店で販売し、価格は道内が1個200円(税込み)、茨城県と埼玉県が220円(同)。

関連記事

根室新聞

サンマ初水揚げ 花咲港に中型船帰港【根室】

 農林水産大臣許可の第2陣として今月15日に出漁した20トン以上100トン未満の中型サンマ棒受け網漁船5隻が22日、花咲港にサンマを初水揚げした。このうち、午前7時から行われたセリでは4隻が発...

根室新聞

24日 道の駅で限定販売「ハスカップのサワーケーキ」【根室】

 道の駅スワン44ねむろで24日午前11時から販売する今月のスイーツに、JR根室駅前の移住交流推進拠点カフェ・ボストークが作る「ハスカップのサワーケーキ」=写真=が15個限定で登場する。  スワンと...

根室新聞

中西進氏講演会「オホーツク文化から日本を見る」開催へ【根室】

 万葉集研究の第一人者で日本とアジアの比較文化研究の権威、中西進氏(富山県立高志の国文学館館長)の講演会が、9月18日午後6時半から市総合文化会館小ホールで開かれることが決まった。演題は「オホーツ...

日高報知新聞

光ケーブル網を整備【新冠】

【新冠】国の補助を受け、町は本年度と来年度以降の2年間、約12億円をかけ町内全域に延長200㌔以上の光ケーブル網を整備し、光ケーブル整備済みの市街地と情報通信で格差のあった周辺部へ高速インターネット...

日高報知新聞

続縄文時代の配石遺構【様似】

【様似】町教委が発掘調査している冬島遺跡で、平行に石を並べ、間に砂を敷き詰めた直列配石の遺構が出土した。約2200年前ころの続縄文文化期の地層で、同文化期の遺跡では道内で前例がないという。  冬...