北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

アフガニスタンの中学生2人 鵡川高に励ましのメール寄せる

教室に掲示されたアフガニスタンから届いたメッセージを紹介する横山教諭

 「励ましの気持ちを伝えたい」―。昨年秋、日本女性会議2017とまこまいに参加したアフガニスタンの女子中学生2人から、胆振東部地震で被災したむかわ町の鵡川高校(山﨑恒平校長)に、応援メッセージが電子メールで届いた。日本語に翻訳された文面は校内で回覧後、各教室に掲示され、生徒らの心を和ませている。

 メッセージの送信者は、スンボル・ヌーリスターニーさん(13)とサハール・マルクザイさん(13)。アフガニスタンで子どもの教育支援を手掛ける団体AFCECO「アフガニスタンの子どものための教育とケア」が運営する孤児院で暮らしながら中学校に通う2人だ。

 昨年10月中旬、苫小牧市内で行われた、日本女性会議の平和分科会に参加するため来日。分科会の運営に携わっていた鵡川高校の横山傑(すぐる)教諭は2人が日本の若者との交流を希望していることを知り、同校に招待し、交流会を開いた経緯がある。全校生徒約150人が出席した交流会では互いに文化を紹介し合い、スンボルさんとサハールさんは楽器演奏を披露するなどして親睦を深めた。

 メールには「皆さんは独りではなく、手を取り合いたいと思う私たちがいる」「地震の恐怖心を自分のものとして感じている。励ましの気持ちを伝えたい」などと、被災した高校生の不安な気持ちに寄り添った言葉が並ぶ。

 来日時に2人を引率した同団体のパシュタナ・ラスール事務局長も「一日でも早く平和な生活に戻れることを望んでいる」とメッセージを寄せた。

 メッセージは9月16日、日本女性会議で平和分科会のコーディネーターを務めた室蘭工業大学の清末愛沙准教授が電子メールで受け取り、日本語に翻訳後、同月25日に同校に転送された。

 突然、届いた異国の友人からの励ましの言葉は多くの生徒たちを元気づけた。同校3年の男子生徒は「覚えていてくれて、うれしかった」と話し、横山教諭も「交流によって強い結び付きが生まれた」と目を細めていた。

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...