北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

アフガニスタンの中学生2人 鵡川高に励ましのメール寄せる

教室に掲示されたアフガニスタンから届いたメッセージを紹介する横山教諭

 「励ましの気持ちを伝えたい」―。昨年秋、日本女性会議2017とまこまいに参加したアフガニスタンの女子中学生2人から、胆振東部地震で被災したむかわ町の鵡川高校(山﨑恒平校長)に、応援メッセージが電子メールで届いた。日本語に翻訳された文面は校内で回覧後、各教室に掲示され、生徒らの心を和ませている。

 メッセージの送信者は、スンボル・ヌーリスターニーさん(13)とサハール・マルクザイさん(13)。アフガニスタンで子どもの教育支援を手掛ける団体AFCECO「アフガニスタンの子どものための教育とケア」が運営する孤児院で暮らしながら中学校に通う2人だ。

 昨年10月中旬、苫小牧市内で行われた、日本女性会議の平和分科会に参加するため来日。分科会の運営に携わっていた鵡川高校の横山傑(すぐる)教諭は2人が日本の若者との交流を希望していることを知り、同校に招待し、交流会を開いた経緯がある。全校生徒約150人が出席した交流会では互いに文化を紹介し合い、スンボルさんとサハールさんは楽器演奏を披露するなどして親睦を深めた。

 メールには「皆さんは独りではなく、手を取り合いたいと思う私たちがいる」「地震の恐怖心を自分のものとして感じている。励ましの気持ちを伝えたい」などと、被災した高校生の不安な気持ちに寄り添った言葉が並ぶ。

 来日時に2人を引率した同団体のパシュタナ・ラスール事務局長も「一日でも早く平和な生活に戻れることを望んでいる」とメッセージを寄せた。

 メッセージは9月16日、日本女性会議で平和分科会のコーディネーターを務めた室蘭工業大学の清末愛沙准教授が電子メールで受け取り、日本語に翻訳後、同月25日に同校に転送された。

 突然、届いた異国の友人からの励ましの言葉は多くの生徒たちを元気づけた。同校3年の男子生徒は「覚えていてくれて、うれしかった」と話し、横山教諭も「交流によって強い結び付きが生まれた」と目を細めていた。

関連記事

十勝毎日新聞

冬の使者が飛来 畑でゆったり羽休め【十勝】

 秋が深まる中、「冬の使者」とされるハクチョウが十勝地方に飛来している。緑が残る畑で、雪を思わせるような純白の羽を休めている。  ハクチョウは越冬のため、ロシア極東などから十勝に飛来。多くは...

十勝毎日新聞

畑中さん石倉さん優秀賞 昆虫寄生菌を研究 帯畜大【帯広】

 第13回昆虫病理研究会シンポジウム(9月、山梨県富士吉田市)で、帯広畜産大学の学生2人が学生優秀発表賞を受賞した。いずれも昆虫寄生菌に関する研究で、病原体を媒介する蚊や農作物に被害を及ぼすコ...

十勝毎日新聞

開拓者の功績 1冊に 88人紹介の書籍発行【十勝】

 郷土史を伝える「とかち史談会」(上野敏郎代表)は、十勝開拓に貢献した88人に焦点を当てた書籍「十勝を拓(ひら)いた人々」を発行した。北海道の名付け親でアイヌ政策に執着した松浦武四郎の歩みなどが紹...

函館新聞

橋美智也さんの遺品1000点、北斗市に里帰り 11月4日に公開【北斗】

 【北斗】市(旧上磯町峩朗)出身で、昭和のスター歌手、三橋美智也さん(1930~96年)の1000点以上に及ぶ遺品が、三橋美智也音楽事務所(大阪市)から市に寄贈されることとなり、今月8日、...

函館新聞

今年もうまい酒に 「函館奉行」酒米を稲刈り【函館】

函館の地酒「函館奉行」の原料となる酒米「吟風(ぎんぷう)」の稲刈りと新酒醸造祈願祭が20日、市内米原町であった。黄金色に染まった水田に生産者ら約10人が集まり、銘酒誕生を祈願しながら作業に...