北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

新ひだかで「子ども食堂」【新ひだか】

カレーライスなどに舌鼓を打つ参加者たち

【新ひだか】日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会センター事業団北海道事業本部(平本哲男本部長)主催の「子ども食堂」が8日、町公民館で開かれ、子どもから高齢者まで約30人がカレーライスなどを味わった。

 ワーカーズコープでは、子どもを中心に据えたまちづくりを目指し、生活保護や生活困窮家庭の子どもたちを対象にした学習支援の取り組みや、子どもの貧困や孤食、子育て中の保護者の悩みを地域の力で解決しようと、全国各地で子ども食堂や地域食堂の活動を展開。道内でもこれまで約20カ所で子ども食堂を開設している。

 今回は、子ども食堂を知ってもらうため、町民を中心に広く参加を呼び掛け、参加費は大人300円、中学生以下は無料としたほか、ボランティアも募集した。

 この日は、札幌から平本本部長らスタッフ11人が訪れ、子どもたちに学習支援を行うとともに、町内のボランティア1人も協力して町内産のホエー豚を使用したカレーライス、タコの唐揚げが入った野菜サラダを調理。デザートとして静内御幸町6の手づくり工房さくらがクッキーを提供した。

 正午過ぎに子ども食堂がオープンし、参加者たちはスタッフから出来たてのカレーライスや野菜サラダなどを配膳してもらい、料理に舌鼓を打った。

 水野恋次君(高静小4年)は「給食のカレーよりもルーのとろみ感があっておいしい。来て良かった」と感想を話していた。

 終了後には、スタッフと参加者で今後の運営などについて話し合った。次回の子ども食堂の開催は未定だが、平本本部長は「住民の人たちが自分たちの町を良くしようという活動を後押ししたい。地元のボランティアの方々が増えてくれば、定期的に開催したい」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...