北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

壮瞥のリンゴを使用したワイン来年2月販売へ【壮瞥】

弘前市の醸造会社へ発送されるリンゴ「つがる」=10日

 壮瞥町内の農商工業者、観光関係者らでつくる「そうべつシードル造り実行委」(川南和彦委員長)は、町内産のリンゴを使ったワインを来年2月に販売する。シードル(リンゴ酒)に続く企画で特産のリンゴのPRと利用拡大を狙う。

 シードルとスパークリングアップルジュースは今年で4年目。炭酸入りで飲み切りが求められるシードル、スパークリングジュースとは違う提供や販売、利用をワインで狙う。

 7品種のブレンド果汁による製造を企画していたが、台風接近の影響で「そうべつりんごまつり」が中止。販路を失った「つがる」の活用を壮瞥果樹組合から相談され、単品品種による製造を決めた。事業費は約60万円で一部町の補助を受ける。

 10日に約640キロの原料を、シードルとスパークリングジュースの製造を委託している、青森県弘前市の醸造会社に発送。500ミリリットル瓶で600本、アルコール度数は9度を予定。食前酒になじむやや甘口に仕上げるという。価格は1本1500円程度。

 同実行委は「試飲会などを通し広めていきたい。グラスワインなど幅広く飲食店などでも提供できる」と期待を寄せている。パッケージなども製作中。来年2月に今年のリンゴを原料としたシードル、スパークリングジュースとともに町外4カ所、町内7カ所で販売する。

関連記事

室蘭民報

マツカワ消費拡大企画、西胆振では旬処「天馬」が提供【伊達】

 「幻のカレイ」と称される高級魚・マツカワの消費拡大キャンペーンが胆振、日高、渡島管内の16店舗と、札幌圏や旭川、函館の回転寿司店で実施している。ヒラメに似た淡泊な味わいでコリコリとした歯応え...

十勝毎日新聞

今年も出来上々 ボージョレ解禁【帯広】

 フランス・ボージョレ地域の新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」が15日午前0時に日本で解禁となり、十勝の酒店やスーパーにもさまざまな銘柄が並んだ。  ヌーボーは通常のワインと異なり、ブドウをつ...

十勝毎日新聞

農高発食品に機能性表示 認定なら道内学校初【帯広】

 帯広農業高校(二木浩志校長)の食品科学科地域資源活用班は、開発した豆乳ヨーグルト「豆(まめ)ぐると」を、健康志向の食品ブランドを示す「北海道食品機能性表示制度」(愛称・ヘルシーDo)に認定申請...

十勝毎日新聞

トウモロコシをあんまんに 道の駅で販売【士幌】

 士幌町の道の駅「ピア21しほろ」内でショップを運営するat LOCAL(堀田悠希社長)は8日から、地場産のトウモロコシを使った「とうきびまん」の販売を始めた。  士幌産のブランド牛「しほろ牛...

十勝毎日新聞

パン「満寿屋」題材 単行本27日発売【帯広】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)を題材としたノンフィクション本「世界に一軒だけのパン屋」(野地秩嘉著、小学館)が十勝で27日にも発売される(全国は26日)。同社では発売を記念し、...