北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

蔵書倍増5万冊へ 新図書館11月18日開館【足寄】

 大規模改修中の町民センター(南1)で、町の文教施設の拠点となる図書館(愛称・ルイカ)が11月18日にオープンする。新書や文庫の「読みもの」、資料やパソコンを備えた「調べもの・学習」など、館内を大きく4コーナーに分けた。蔵書は5万冊を目指す。

各種資料や趣味の書籍、パソコンなどが整っている図書館の調べもの・学習コーナー

 町は2017年から3年かけ、同センターの改修に着手している。事業費は約6億円。旧図書室を図書館化することが中心で、2階フロアに、5倍の広さとなる690平方メートル(床面積)のスペースを確保した。愛称の「ルイカ」はアイヌ語で「橋」を意味し「本と人を結ぶ懸け橋に」と名付けられた。

 蔵書は2万冊から最終的に5万冊を予定。オープン時は3万5000冊でスタートする。利用者登録や本の貸し出しを管理するカウンターを挟み、新書や文庫の読みものコーナーと各種資料や趣味の本を置いた調べもの・学習コーナーを配置。机(計30席)やテーブル、パソコンも3台用意した。

 ソファに座って新聞やDVDが楽しめる雑誌・視聴覚コーナー、大型絵本、英語絵本も用意したおはなしコーナーも。

 鈴木研司図書館担当主査は「多くの人に来てもらえるよう、新刊に気を使い、イベントも充実させたい。勉強できる環境も整っている」と来館を促す。12月には、町とパートナー協定を結ぶ、プロ野球北海道日本ハムファイターズの現役選手による読み聞かせも計画している。

 図書館以外の施設では、カラオケも可能な会議室、飲食もできる談話室、幼児専用のトイレや授乳室、調理室、憩いのスペースなども。施設全体に冷房も完備した。

関連記事

函館新聞

上ノ国で菜の花畑が見ごろ【上ノ国】

 【上ノ国】町内各所で可憐な菜の花が満開を迎えている。道道江差木古内線沿いでも、田んぼの間に鮮やかな黄色いじゅうたんが確認でき、ドライバーらの目を楽しませている。  同町では10年ほど...

函館新聞

自慢のバイク見せ合おう 6月2日にコンロッドミーティング【函館】

 バイク愛好家が集う「第9回コンロッドミーティングin摩周丸」(コンロッド函館主催)が6月2日午前10時から、青函連絡船記念館摩周丸前の広場で開かれる。それぞれが持ち込んだ幅広い年代のバイク...

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...