北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

蔵書倍増5万冊へ 新図書館11月18日開館【足寄】

 大規模改修中の町民センター(南1)で、町の文教施設の拠点となる図書館(愛称・ルイカ)が11月18日にオープンする。新書や文庫の「読みもの」、資料やパソコンを備えた「調べもの・学習」など、館内を大きく4コーナーに分けた。蔵書は5万冊を目指す。

各種資料や趣味の書籍、パソコンなどが整っている図書館の調べもの・学習コーナー

 町は2017年から3年かけ、同センターの改修に着手している。事業費は約6億円。旧図書室を図書館化することが中心で、2階フロアに、5倍の広さとなる690平方メートル(床面積)のスペースを確保した。愛称の「ルイカ」はアイヌ語で「橋」を意味し「本と人を結ぶ懸け橋に」と名付けられた。

 蔵書は2万冊から最終的に5万冊を予定。オープン時は3万5000冊でスタートする。利用者登録や本の貸し出しを管理するカウンターを挟み、新書や文庫の読みものコーナーと各種資料や趣味の本を置いた調べもの・学習コーナーを配置。机(計30席)やテーブル、パソコンも3台用意した。

 ソファに座って新聞やDVDが楽しめる雑誌・視聴覚コーナー、大型絵本、英語絵本も用意したおはなしコーナーも。

 鈴木研司図書館担当主査は「多くの人に来てもらえるよう、新刊に気を使い、イベントも充実させたい。勉強できる環境も整っている」と来館を促す。12月には、町とパートナー協定を結ぶ、プロ野球北海道日本ハムファイターズの現役選手による読み聞かせも計画している。

 図書館以外の施設では、カラオケも可能な会議室、飲食もできる談話室、幼児専用のトイレや授乳室、調理室、憩いのスペースなども。施設全体に冷房も完備した。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...