北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

子育て支援へ法人設立 出張理美容サービスの長岡さん【帯広】

「自由にアートを楽しんで」とイベントへの参加を呼び掛ける(右から)長岡さんと小川さん

 帯広市内で出張理美容サービスVESSを手掛ける長岡行子さんが一般社団法人「とかち子育て支援センター」を立ち上げ、11月から本格的に活動する。初の主催イベントとして同18日に、発達障害を抱えた児童らを対象にした「キットパス親子で遊ぼうの日」を長崎屋帯広店4階のかちまいアカデミーで行う。

 長岡さんは1998年から出張理美容を手掛け、管内に同サービスを定着。同時に福祉分野でさまざまな活動を展開し、活躍してきた。とかち子育て支援センターは、こうした福祉分野の取り組みをさらに充実させるために準備。「これまでの活動で蓄積した経験と人脈を生かし、人と人を結び付け、より多くの困り事を解決していきたい」と9月に設立した。

 代表理事に長岡さんが就き、今後、子育てに悩む母親や、社会で活躍する女性を応援することをテーマに事業を展開する。

 第1弾の「キットパス親子で遊ぼうの日」は、一般社団法人青鳥舎(帯広、小川洋輝代表)と共同企画したアートイベント。日本理化学工業(川崎)のエコマーカー「キットパス」を使い、障害のある子どもやその家族と共に自由に「お絵かき」を楽しむ。

 キットパスは口紅などに使用するパラフィンを主原料とし、人に優しく、窓ガラスに絵を描いてもぬれた布で拭き取れる自由度の高さを持つ。

 「発達障害があっても、車いすに乗っていても、好きに絵を描いて楽しめるイベントに」と長岡さん。小川さんも「自分たちがその場について共に楽しむので、自由にしてくれて大丈夫。ぜひ、外出のきっかけにしてほしい」と参加を呼び掛けている。

 イベントは午前10時半から。参加費用は親子2000円、見学1500円。いずれもキットパス(6色)のお土産付き。問い合わせはVESS(0155・38・3558)へ。

関連記事

苫小牧民報

国際線駐機場3カ所増、混雑緩和へ 新千歳空港の拡張工事進む

 国土交通省新千歳空港事務所は20日から国際線ターミナルビル前で拡張工事を進めてきた新たな3機分の駐機場をオープンスポットとして暫定的に供用する。ターミナルビルと航空機をつなぐ搭乗連絡橋は未完成...

苫小牧民報

売れ行き好調、厚真復興支援も ハスカップジュエリー最高峰「黒の贅沢」-も..

 菓子とパンのもりもと(森本真司社長)が新千歳空港店ともりもとオンラインショップ、国内の北海道物産展で期間限定販売しているハスカップジュエリーの最高峰「黒の贅沢(ぜいたく)~ブランデー仕立て~」...

日高報知新聞

カーリンコンで交流【新ひだか】

【新ひだか】東静内地区老人クラブ寿会(須崎幸男会長)主催の「新ひだか町老人クラブ連合会静内支部東部地区・第1回親睦カーリンコン大会」が12日、東静内生活館で行われ、新しい屋内の軽スポーツで交流を深め...

日高報知新聞

年賀はがき受付開始

 平成31年の年賀状の受け付けが15日、全国の郵便局で一斉に始まった。浦河町浜町の浦河郵便局(川合明広局長)には18日、町内堺町西の認定こども園夢の国幼稚園・保育園(大沢助三郎園長)の年長組園児47人が訪...

十勝毎日新聞

クランベリー札内に出店 東1条店は閉店【帯広】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)は、東1条店(帯広市東1南9)を年内で閉店する。同時に来春に向け、幕別町札内豊町に新店舗をオープンさせる。帯広市外の出店は初。十勝東部の販...