北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

おあずけプリンに新味 コーヒーとほうじ茶【陸別】

おあずけプリンに加わったコーヒー味とほうじ茶味

 陸別町振興公社(陸別町大通、道の駅内)は20日、陸別ブランドとして定着している冷凍プリン「りくべつミルクのおあずけプリン」の新味として、コーヒーとほうじ茶の2種類を発売する。

 コーヒー味はフェアトレード(公平貿易)のネパール産コーヒー、ほうじ茶味は静岡県産「かりがねほうじ茶」と同トレードのフィリピン産マスコバド糖を使用。ともに「りくべつ低温殺菌牛乳」をベースに、保存料や添加物は使っていない。

 担当の谷口和華子さんは「牛乳本来の甘さと、コーヒーとほうじ茶の風味が楽しめる」と話す。

 おあずけプリンは2016年にプレーン味とかぼちゃ味が登場。解凍時間によってシャリシャリから、キャラメルのような軟らかさまで、多彩な食感を味わえる。累計販売数が1万8000個を超える人気商品になっている。

 コーヒー味は80グラム入り350円、ほうじ茶味は同330円。すべての味をそろえた6個入りのギフトセット(2000円)も用意した。賞味期限は4カ月(冷凍保存)。道の駅オーロラタウン93、Aコープ陸別店、銀河の森天文台で取り扱う。問い合わせは同公社(0156・27・2012)へ。

関連記事

室蘭民報

マツカワ消費拡大企画、西胆振では旬処「天馬」が提供【伊達】

 「幻のカレイ」と称される高級魚・マツカワの消費拡大キャンペーンが胆振、日高、渡島管内の16店舗と、札幌圏や旭川、函館の回転寿司店で実施している。ヒラメに似た淡泊な味わいでコリコリとした歯応え...

十勝毎日新聞

今年も出来上々 ボージョレ解禁【帯広】

 フランス・ボージョレ地域の新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」が15日午前0時に日本で解禁となり、十勝の酒店やスーパーにもさまざまな銘柄が並んだ。  ヌーボーは通常のワインと異なり、ブドウをつ...

十勝毎日新聞

農高発食品に機能性表示 認定なら道内学校初【帯広】

 帯広農業高校(二木浩志校長)の食品科学科地域資源活用班は、開発した豆乳ヨーグルト「豆(まめ)ぐると」を、健康志向の食品ブランドを示す「北海道食品機能性表示制度」(愛称・ヘルシーDo)に認定申請...

十勝毎日新聞

トウモロコシをあんまんに 道の駅で販売【士幌】

 士幌町の道の駅「ピア21しほろ」内でショップを運営するat LOCAL(堀田悠希社長)は8日から、地場産のトウモロコシを使った「とうきびまん」の販売を始めた。  士幌産のブランド牛「しほろ牛...

十勝毎日新聞

パン「満寿屋」題材 単行本27日発売【帯広】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)を題材としたノンフィクション本「世界に一軒だけのパン屋」(野地秩嘉著、小学館)が十勝で27日にも発売される(全国は26日)。同社では発売を記念し、...