北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

イオン帯広店の改装について語る青柳社長(左)。中央は執行役員エリア推進部長の佐々木晃一氏、右はエリア推進部環境社会貢献担当部長の相馬仁美氏

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年に向けて」として、「店舗を核としつつ、ネット販売を確実に行いながら国内外へ北海道ブランドを発信する体制も強化したい」と述べた。

 イオン帯広店は1979年のニチイ帯広店が前身。サティやポスフールに名を変え、増床などを行った上で、2011年に現在の店名となった。

 青柳社長は同日、新任あいさつで十勝毎日新聞社を訪れた。「社内的な審議はこれから。時期や内容は固まっていない」と前置きした上で、「これまで店舗改装にはほとんど手をつけてこなかった。食品や衣料はケースの刷新も含め、売り場の在り方を変えたい。地域の商品をもっと拡大させたいとの思いがある」と話した。

 青柳社長は1961年長野県安曇野生まれ。2017年5月からイオン北海道の取締役兼執行役員営業本部長。星野三郎前社長が病気療養で退任したことに伴い、10月から現職。「『全員経営』という前社長の思いは根付いてきた」としている。

 また、20年3月にグループのマックスバリュ北海道(札幌)と合併することに触れ、新体制については「(新会社の)経営ビジョン策定などが先。まだ公表できる段階ではない」とした。

 昨年10月、十勝・帯広でも発行を始めた「ご当地WAONカード」の利用実績が3億6632万円に達し、「好調に推移している」とも述べた。

関連記事

名寄新聞

ユニバーシアード大会挑む・地元出身の千葉隆人さん【美深】

 美深町出身、仙台大学体育学部スポーツ情報マスメディア学科2年の千葉隆人さん(20)は、3月2日から12日までロシア・クラスノヤルスクで開催される「第29回ユニバーシアード冬季競技大会」フリースタイ...

十勝毎日新聞

なつぞら主題歌はスピッツ 十勝を訪れ楽曲構想【十勝】

 十勝が舞台のNHK連続テレビ小説「なつぞら」(4月放送開始)の主題歌が、スピッツの「優しいあの子」に決まった。NHKが19日に発表した。  スピッツのボーカル草野マサムネさんは「『なつぞら』は...

十勝毎日新聞

大樹核に宇宙産業集積 道経連「ビジョン」発表【札幌】

 北海道経済連合会(道経連)は19日、大樹町のロケット発射場を核に道内で「宇宙版シリコンバレー」の形成を目指す、宇宙産業ビジョンを発表した。2030年の段階では、大樹で衛星打ち上げが日常的に行われ...

十勝毎日新聞

「おとぷけ納豆」10年 来月プレゼント企画 音更更葉園【音更】

 社会福祉法人更葉園(町東通13、比留間正二理事長)は、法人ブランドとして製造・販売している「おとぷけ納豆」の10周年を記念し、3月1日からプレゼントキャンペーンを行う。  「おとぷけ納豆」...

室蘭民報

商議所が改訂版「企業にやさしい街づくり」提案書【室蘭】

 室蘭商工会議所の栗林和徳会頭らは19日、室蘭市役所で、青山剛市長に対し、改訂版「『企業にやさしい街づくり』に向けた提案書」を提出、3選出馬に当たっての公約反映を求めた。市長は「提案を十分に踏...