北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

イオン帯広店の改装について語る青柳社長(左)。中央は執行役員エリア推進部長の佐々木晃一氏、右はエリア推進部環境社会貢献担当部長の相馬仁美氏

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年に向けて」として、「店舗を核としつつ、ネット販売を確実に行いながら国内外へ北海道ブランドを発信する体制も強化したい」と述べた。

 イオン帯広店は1979年のニチイ帯広店が前身。サティやポスフールに名を変え、増床などを行った上で、2011年に現在の店名となった。

 青柳社長は同日、新任あいさつで十勝毎日新聞社を訪れた。「社内的な審議はこれから。時期や内容は固まっていない」と前置きした上で、「これまで店舗改装にはほとんど手をつけてこなかった。食品や衣料はケースの刷新も含め、売り場の在り方を変えたい。地域の商品をもっと拡大させたいとの思いがある」と話した。

 青柳社長は1961年長野県安曇野生まれ。2017年5月からイオン北海道の取締役兼執行役員営業本部長。星野三郎前社長が病気療養で退任したことに伴い、10月から現職。「『全員経営』という前社長の思いは根付いてきた」としている。

 また、20年3月にグループのマックスバリュ北海道(札幌)と合併することに触れ、新体制については「(新会社の)経営ビジョン策定などが先。まだ公表できる段階ではない」とした。

 昨年10月、十勝・帯広でも発行を始めた「ご当地WAONカード」の利用実績が3億6632万円に達し、「好調に推移している」とも述べた。

関連記事

苫小牧民報

国際線駐機場3カ所増、混雑緩和へ 新千歳空港の拡張工事進む

 国土交通省新千歳空港事務所は20日から国際線ターミナルビル前で拡張工事を進めてきた新たな3機分の駐機場をオープンスポットとして暫定的に供用する。ターミナルビルと航空機をつなぐ搭乗連絡橋は未完成...

苫小牧民報

売れ行き好調、厚真復興支援も ハスカップジュエリー最高峰「黒の贅沢」-も..

 菓子とパンのもりもと(森本真司社長)が新千歳空港店ともりもとオンラインショップ、国内の北海道物産展で期間限定販売しているハスカップジュエリーの最高峰「黒の贅沢(ぜいたく)~ブランデー仕立て~」...

日高報知新聞

カーリンコンで交流【新ひだか】

【新ひだか】東静内地区老人クラブ寿会(須崎幸男会長)主催の「新ひだか町老人クラブ連合会静内支部東部地区・第1回親睦カーリンコン大会」が12日、東静内生活館で行われ、新しい屋内の軽スポーツで交流を深め...

日高報知新聞

年賀はがき受付開始

 平成31年の年賀状の受け付けが15日、全国の郵便局で一斉に始まった。浦河町浜町の浦河郵便局(川合明広局長)には18日、町内堺町西の認定こども園夢の国幼稚園・保育園(大沢助三郎園長)の年長組園児47人が訪...

十勝毎日新聞

クランベリー札内に出店 東1条店は閉店【帯広】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)は、東1条店(帯広市東1南9)を年内で閉店する。同時に来春に向け、幕別町札内豊町に新店舗をオープンさせる。帯広市外の出店は初。十勝東部の販...